• M2PLUS
  • Dr.イワケンのねころんで読める英語論文

Dr.イワケンのねころんで読める英語論文

  • ISBN : 9784840465793
  • ページ数 : 148頁
  • 書籍発行日 : 2018年10月
  • 電子版発売日 : 2018年10月19日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,630 (税込)
ポイント : 66 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

英語論文へのニガテ意識が100分で解消!

大好評「 ねころんでシリーズ」に、あのDr.イワケンが参上! 英語論文を教科書通りに精読するのではなく、「論旨をパッとつかむ」コツをわかりやすく解説。多くの原著論文を読みこなしてきた著者だから語れる生きたノウハウが満載で、看護・医学研究や臨床で「違いを出せる」1冊。

■ 序文

はじめに

この「はじめに」を書いている2018年7月、ぼくは日本スペイン協会が提供しているスペイン語技能検定3級1次試験の不合格通知を受け取りました。これで3回目です。全部で6級あるスペイン語検定ですが、実は4級試験でも1回落ちています。

何が申し上げたいかと言うと、ぼくは語学の才能に恵まれているわけではない、単なる凡人に過ぎないということです。おまけにそれほど努力家というわけでもない。今回の試験結果の原因もはっきりしています。単純な勉強不足です。スペイン語和訳のほうは上手くいったのですが、和文のスペイン語作文の勉強は不十分でした。勉強が不十分であれば試験に合格しない。アタリマエのことです。

要するに、本書は「語学の天才が、語学はこういうものだよ」と上から目線で指南する本ではなく、単なる凡人が凡人なりの突破口を模索した、というだけの話なのです。

試験に落ちるのは愉快な体験ではありません。かといってぼくは絶望しているわけでもありません。落ちた試験はまた受ければよいのです。初めて受験したときよりは、2度めのほうが成績がよかったです。3度めはさらに少しよくなりました。今回の不合格通知を受けて、今度はもう少し工夫をし、努力を重ねて、前回よりはましになりたい。そうやって、ささやかながらの努力を続けていれば、いつかは3級試験だって合格できると思います。そして、2級試験、1級試験だって...1級はちと無理かな。プロレベルなので。

ぼくの夢はマルチリンガルです。なので、現在、英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、中国語、そしてロシア語を同時進行で勉強しています。まあ、本業もあるし、家事育児もあるのでそれほど本腰を入れているわけではありません。3歩進んで3歩戻るような、さしたる進歩のない勉強の歩みです。

それでも。諦めずに続けてさえいれば、いつかは複数言語をモノにできる(はず)。言語の世界が広がったら、自分の情報収集の幅も、考えの幅も、人生だって広がるはずです。たぶん、広がるはずだ。ぼくは才能もないし、努力家でもありませんが、諦めだけは悪いんです...ってこれはホンマに取り柄かいな。

諦めの悪さ。ぼくは「臨床ができない」とレッテルを貼られがちな大学病院に勤務しながら、「神戸大学病院を日本一の病院にする」を目標にしています。まじで目標にしています。病院スタッフは笑って「そんなことできるわけない」と言いますが、笑っている奴らは笑わせておけばよい。冷笑は何も生み出さない。ゴールにたどり着くチャンスはゼロ。とにかく前を向いて歩いているヒトだけが、ゴールに辿り着く可能性を持っているのです。

ナースにとって英語力は必須です。理由は本文で説明しています。そして本書を読む読者の皆さんすべてが、英語力を高めることができます。その理由も本文で説明しました。あとはやるだけです。

やるか、やらないかの選択肢があるとき。それは「やる」しかないのです。


2018年7月

神戸大学大学院医学研究科
微生物感染症学講座 感染治療学分野 教授
岩田 健太郎

■ 目次

【1章 ガイドラインを読んでみよう】

ガイドラインを探してみよう ~検索方法~

ガイドライン、まずは拾い読み ~ワード検索~

〔Dr. イワケンの英語サプリ〕No English, no presentation

〔エイゴクエスト〕~引用の際の間違いに気付く! の巻~

【2章 PubMedでレビュー(総説)を読んでみよう】

最新エビデンスを探す定番ツール PubMedを使ってみよう!

・システマティック・レビューって何?

・システマティック・レビューを読む

〔Dr. イワケンの英語サプリ〕文法なんかこわくない!

【3章 論文のアブストラクト(概要)を読んでみよう】

長~い英語論文にもひるまない! 読み方のコツ

・長~~~い道のりも、短い一歩のつみかさね

・論文の構成を知って、わかりやすい道順で読み進もう

論文のアブストラクトを読んでみよう

・アブストラクトを読んだら、本文ものぞいてみよう

〔Dr. イワケンの英語サプリ〕語学は総合的なもの!~聞く・書く・読む・話す...いろんなツールを連動させて学習しよう~

【4章 アブストラクトを見ながら、論文本文を読んでみよう】

実践! アクティブリーディング

Limitationsものぞいてみよう

〔Dr. イワケンの英語サプリ〕論理的な思考って?

〔エイゴクエスト〕~英語で三角推量! の巻~

【5章 図や表を中心に、論文を読んでみよう】

ポイントをおさえて、図表中心に読み解いていこう

・OutcomeとTable1は必ずチェック

・Resultsは、図表を読めばさっくりわかる!

・Discussionの第1パラグラフでResultsのまとめをチェック

・最後にLimitationsをチェック

〔Dr. イワケンの英語サプリ〕論文の構成について

【6章 いろんな形の論文を読んでみよう】

Perspectiveを読んでみよう ~これまでより長い文に挑戦!~

〔Dr. イワケンの英語サプリ〕翻訳はつらいよ

Perspectiveについてるレター(コメント)もチェック!

〔Dr. イワケンの英語サプリ〕教科書は英語ですか?

〔エイゴクエスト〕~読む力は、書く力! の巻~

〔Dr. イワケンの英語サプリ〕本当の戦いはこれからだ!

【Tips】

<語彙を増やすコツ>

(1)語幹・接頭辞・接尾辞の意味を知って、まとめて覚えよう TIP(1)

+接頭辞 学習ミニリスト TIP(1)plus

(2)頻出単語・フレーズを、まずおさえよう

・確度を表すキーフレーズ TIP(4)

・医学英語論文頻出単語を覚えよう TIP(9)

+医学英語論文頻出フレーズ ミニリスト TIP(9)plus

<論文のつくりを理解して、ほしい情報まで近道しよう>

(1)気になるワードを検索して、ほしいところから TIP(2)

(2)Clinical Queriesでシステマティック・レビューを探そう TIP(5)

(3)英語論文はアブストラクトから読もう(そしてこっそりConclusionsから読んじゃおう) TIP(8)

(4)論文本文は、まずTable1を読もう TIP(11)

<英語のノリ・クセをつかもう>

(1)英語は区切って、「つっこみ」ながら前から読もう TIP(3)

(2)英語はまず問題の核心から入る TIP(6)

(3)英語では、説明が後ろに追加されていく ―説明の追加は「ていうか~」で乗り切れ! TIP(7)

(4)英語は似た表現の繰り返しが多い TIP(10)

(5)前後の関係を示す語・表現をおさえて、文章の展開を予想しよう TIP(12)

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:35.9MB以上(インストール時:78.1MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:46.4MB以上(インストール時:116.0MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません