• M2PLUS
  • 経腸栄養剤の選択とその根拠

経腸栄養剤の選択とその根拠

井上 善文 (編集)

フジメディカル出版

  • ISBN : 9784862701541
  • ページ数 : 288頁
  • 書籍発行日 : 2015年3月
  • 電子版発売日 : 2019年8月2日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,400 (税込)
ポイント : 80 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

臨床栄養の第一人者の先生方が,現場目線で栄養療法・管理の実際,そのフィロソフィーを綴った渾身の一冊

患者さんの病態・経過に合った栄養剤の選択をいかに適切に行うか。15の病態別に根拠に基づく経腸栄養剤の選択を詳解。さらに経腸栄養の代表的なトラブル8つについて原因・対処法を解説。巻末には18社148製品の標準組成表を医薬品・濃厚流動食・半固形状流動食の3つのカテゴリー別に収録。

■関連書籍
ゼン先生の栄養管理講座(Ⅰ)
栄養医療のスペシャリストがつづる 心に残る経腸栄養の患者さんたち
栄養医療のスペシャリストがつづる 心に残る栄養療法の患者さんたち 2

■ 序文

<序にかえて>より

数年前から,「胃瘻を造設すると安らかに死ねない」「胃瘻は悪」といった風潮が出現してきた。栄養管理の経路として絶対的に胃瘻が適応であるにもかかわらず経鼻胃管を選択する,あるいは,CVポートで静脈栄養を行うといったことも散見されるようになってきたのである。(中略)この傾向は,栄養管理の本質を著しく見誤った由々しき事態である。(中略)現在のPEG,胃瘻をめぐる間違った流れに対しては,真に栄養管理の重要性,意義についての正しい理解を普及させるしかない。

このように思い極めて,このたび本書の編纂にあたらせていただいた。本書は好評をいただいた拙著「経腸栄養剤の種類と選択」(2005年初版,2009年改訂)を土台としながら,最新のエビデンスに基づく病態ごとの経腸栄養剤の選択の実際についてまとめられたものである。執筆陣はわが国屈指の臨床栄養の第一人者の先生方であり,最新の理論的根拠を示しながら,現場目線による,栄養療法・管理の実際とそのフィロソフィーをも綴っていただいた渾身の1冊である。(後略)

読者のみなさまにはぜひとも,本書から「経腸栄養剤の選択の科学」だけでなく,「栄養療法の根源的な使命・意義」を読み取って,日々の臨床に生かしていただきたい。


(井上 善文)

■ 目次

いまこそ,栄養管理の重要性,意義の正しい理解を―序にかえて

1. 胃瘻と経腸栄養―その意義

2. 経腸栄養剤の種類と特徴

1)経腸栄養剤の分類

2)immuno-nutritionの理論と実際

3)半固形状流動食

3. 根拠に基づいた経腸栄養剤の選択

1)経腸栄養剤の選択基準

2)周術期

3)重症病態

4)肝疾患

5)膵疾患

6)腎疾患

7)呼吸不全

8)がん

9)腸管機能障害(炎症性腸疾患を含めて)

10)高齢者

11)褥瘡

12)摂食・嚥下障害

13)認知症

14)サルコペニア

15)小児

4. 経腸栄養時のトラブル対処

1)胃瘻の瘻孔トラブル

2)下痢

3)便秘

4)腹部膨満

5)誤嚥

6)過栄養・体重増加

7)水分・電解質異常

8)微量元素欠乏症


巻末資料:主要な経腸栄養剤の標準組成表

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:12.9MB以上(インストール時:32.5MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:48.0MB以上(インストール時:101.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません