• M2PLUS
  • 救急・集中治療(31巻2号)ICU治療指針 I

救急・集中治療(31巻2号)ICU治療指針 I

  • ISBN : 9784883785629
  • ページ数 : 540頁
  • 書籍発行日 : 2019年7月
  • 電子版発売日 : 2019年8月7日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥8,360 (税込)
ポイント : 152 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

専門家による珠玉の技(コツ)を記載した、ICUの日常診療に欠かせない実践書!

3回に分けて刊行する特集「ICU治療指針」。第1号は「脳神経、呼吸、循環」編になります。わが国ICU領域における最新で最高水準の治療指針となることを目指した一冊。

>『 救急・集中治療シリーズ』はこちら

>『 救急・集中治療(2019年度年間購読)』はこちら

■ 序文

本書「ICU 治療指針Ⅰ」は,中枢神経系,呼吸器系,循環器系にいて,重症患者管理の経験が少ない研修医から経験豊富な医師にまで役立ち,ICU の日常診療には欠かせない実践的な本です.ICU のベッドサイドで読み,学び,実践する本です.個々の項目には,専門家による珠玉の技(コツ)が具体的に記載されています.

現在,多くの診療ガイドラインがあります.しかし,自分が受け持った患者さんには,ガイドラインをそのまま適応できない,利用したくても記述が具体性に欠けるということが少なくありません.更に,多くのICU で診る疾患やICU での処置や管理法にはガイドラインがないのが実情です.ICU のベッドサイドで何か手がかりとなる検査法や具体的な処置はないか,次の一手はないかと悩むことが少なくありません.

そこで,本書では,診療ガイドラインがあればそれを尊重しつつ,基本的には筆者の方法やコツを具体的に記載して頂くことにしました.例えば,薬は筆者の推奨度が高い順に記載,投与薬の濃度や投与速度も詳しく書いて頂きましました.医療器具や機器は商品名を記載しました.合併症については頻度だけでなく頻度は少なくても危険性が高い合併症は必ず記載しました.薬の使い方のポイントがあればそのコツを記載しました.ケア上のポイントではナース・技士が注意する点があれば記載しました.患者家族への説明のポイントでは手技や合併症に関する説明の要点を記載しました.リスク管理や高次施設への移送についても記載しました.

本書「ICU 治療指針Ⅰ」は,中枢神経疾患23 項目と脳神経管理14 項目,呼吸器疾患27 項目と呼吸管理34 項目,循環器疾患30 項目と循環管理15項目からなります.

本書は,これまで書籍化されたことがない素晴らしい「ICU 治療指針」となりました.それぞれの専門家による珠玉の技(コツ)を日々学び,日常のICU診療を介して自分の技(コツ)にして頂けることを希望します.


総監修 岡元 和文
信州大学名誉教授・丸子中央病院特別顧問

■ 目次

中枢神経疾患と管理

Ⅰ.中枢神経疾患

Ⅱ.脳神経管理

呼吸器疾患と管理

Ⅰ.呼吸器疾患

Ⅱ.呼吸管理

循環器疾患と管理

Ⅰ.循環器疾患

Ⅱ.循環管理

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:55.1MB以上(インストール時:125.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:128.2MB以上(インストール時:270.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません