• m3.com 電子書籍
  • 救急・集中治療医学レビュー2016-'17 ―最新主要文献と解説―

救急・集中治療医学レビュー2016-'17 ―最新主要文献と解説―

  • ページ数 : 372頁
  • 書籍発行日 : 2016年3月
  • 電子版発売日 : 2016年7月1日
¥13,200(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 240pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

時間的余裕の少ない救急医・集中治療医に、有意義な情報が満載!

2013年7月から2015年6月の2年間に、国内外で発表された救急・集中治療領域の主要論文を、それぞれの領域の第一人者が厳選ピックアップして解説。
それぞれの項目は非常にわかりやすくまとめられており、これからの専門医を目指す医師、研修医の皆様に是非読んで頂きたい、便利で質の高い虎の巻!です。

序文

序文

このたび『救急・集中治療医学レビュー2016-'17』が総合医学社より発刊された.本書は2010 年に創刊されたが,好評裡にシリーズ5 号を迎えたことになる.このシリーズは,その領域の専門医が,専門領域の国内外の主要な最新の文献を選び,最新の動向を見据えて,論文を解説評価し,その意義を述べてもらうものである.日常診療に忙殺され,関連領域の最新知識・技術を知るための時間の確保が難しい医師にとっては,まとまった情報が評価され提供されるのは極めて有用で便利である.特に,関連領域も幅広く,その進歩も目覚ましい救急・集中治療領域の医師にとって,本書により最近の動向とEBM を把握し治療・研究に従事できることは,極めて有意義であるといえる.

内容は,2013 年7 月~ 2015 年6 月の2 年間に,国内外で発表された救急・集中治療領域の主要論文を,それぞれの領域の第一人者に厳選ピックアップして解説していただいたものを,「2016-'17 年度版」として発刊したものである.論文は,Ⅰ救急システム,Ⅱ急性期の処置と治療,Ⅲ救急疾患への対応,Ⅳ集中治療,Ⅴ救急・集中治療に関連した重要事項,の5 領域55 項目より成り立っている.本書に目を通せば,その領域の最近の動向,トピックスあるいは世界レベルの研究が全般的に把握できるし,少し掘り下げて読めば新しい研究計画の方向性にも利用できよう.

それぞれの項目は非常にわかりやすく,かつよくまとめられており,担当専門医の熱意が伝わってくる.本書はなかなか好評で,その評判は,ユニークでおもしろい,いつ次号が発刊されるのか,等の声も聞く.救急・集中治療に携わる専門医はもちろん,これから専門医を目指す医師,あるいは研修医には是非読んで頂きたい書であり,便利で質の高い虎の巻であるといえる.本書にご協力いただいた専門領域の各先生方には,この場を借りてあらためて深謝いたします.

2016 年1 月

監修者を代表して

島崎修次

目次

Ⅰ章 救急システム

1.病院前救護システム

2.災害医療(自然災害,人為災害,集団災害,NBCなど)

3.救急初期診断

4.シミュレーション医学と教育

5.救急医療搬送

6.救急医療とIT

Ⅱ章 急性期の処置と治療

1.小児〔新生児・乳児・幼児〕脳心肺蘇生法

2.成人脳心肺蘇生法

3.Damage Control Surgery

4.気道確保法・気道確保困難症

5.非侵襲的人工呼吸(NIV)

6.気管挿管下人工呼吸法

7.ショックと循環管理

8.輸液と輸血

9.重症不整脈対策

10.呼吸・循環補助(PCPS,iLAなど)

11.脳低温療法,脳保護療法

12.急性血液浄化法

13.高気圧酸素治療:hyperbaric oxygen therapy(HBO2)

14.抗菌・抗ウイルス療法

15.緊急麻酔法

Ⅲ章 救急疾患への対応

1.脳血管障害,神経疾患への対応

2.心血管疾患への対応(急性冠症候群・腹部大動脈瘤)

3.呼吸器疾患への対応

4.代謝・内分泌疾患への対応

5.急性腹症への対応(急性膵炎を含む)

6.腎・泌尿器疾患への対応

7.感染症への対応(細菌・ウイルス感染症,新興・再興感染症など)

8.頭頸部外傷

9.胸部外傷

10.腹部外傷

11.多発外傷

12.骨盤骨折・四肢切断・骨格筋系疾患

13.熱傷・電撃傷・化学熱傷

14.急性中毒

15.熱中症・低体温症

16.小児救急疾患・外傷 小児頭部外傷患者におけるCT撮影の適応- NICE 2014とバイオマーカーの応用-

17.産科救急疾患

18.特殊感染症

Ⅳ章 集中治療

1.ICUにおける脳神経管理

2.ICUにおける呼吸管理

3.ICUにおける循環管理

4.ICUにおける栄養管理

5.ICUにおける周術期管理

6.ICUにおける鎮静・鎮痛管理

7.小児集中治療

8.救急・集中治療の合併症への対応Ⅰ(院内感染,VAP,HAPなど)

9.救急・集中治療の合併症への対応Ⅱ(深部静脈血栓症/肺静脈血栓塞栓症)

Ⅴ章 救急・集中治療に関連した重要事項

1.神経保護,神経再生

2.救急・集中治療における標準治療,ガイドライン

3.敗血症(sepsis)と全身性炎症反応症候群(SIRS)

4.急性呼吸促迫症候群(ARDS)

5.凝固線溶障害とDIC

6.救急・集中治療のバイオマーカー

7.救急医学・集中治療における基礎医学トピックス

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:27.8MB以上(インストール時:60.5MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:111.2MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:84.1MB以上(インストール時:210.2MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:336.4MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、m3.com電子書籍アプリが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784883786277
  • ページ数:372頁
  • 書籍発行日:2016年3月
  • 電子版発売日:2016年7月1日
  • 判:AB判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:2

まだ投稿されていません

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。