• M2PLUS
  • 透析装置および関連機器の原理(構造・機能)とメインテナンス

透析装置および関連機器の原理(構造・機能)とメインテナンス

  • ISBN : 9784888753074
  • ページ数 : 220頁
  • 書籍発行日 : 2018年6月
  • 電子版発売日 : 2018年12月28日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,180 (税込)
ポイント : 76 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

この1冊を読めば透析装置がよくわかる!

本書は透析装置の基礎を勉強することを目的として、透析装置や透析システムに関連した各種機器や装置について、その構造・機能と共にメインテナンス方法までをわかりやすく解説することにより、透析装置とその周辺機器の理解と使い方を修得することができるものを目指した。学術的に、一つ一つの装置について原理・基礎を簡潔にわかりやすく解説.

■ 序文

序文

わが国における透析装置の技術的歴史は,1970年代後半に除水量調整装置(UFC‒11)が承認され,透析装置での除水量のコントロールが可能となり,透析液のシングルパス方式が採用されたことから装置の技術が飛躍的に向上することになり,セントラル方式という日本独自の透析システムが考案されていった.1980年代には透析療法の多様化に伴い,清浄な透析液を作製するために逆浸透装置が開発され使用されるようになり,ともに各種水処理装置も開発され質の高い透析用水で透析液が作製されるようになった.また,透析膜の孔径の拡大化に伴い,TMP(膜間圧力差)の監視やコントロール技術も向上していった.1990年代には透析液清浄化はさらに進み,粉末型透析液の使用が多くなり,A剤・B剤溶解装置が使用されるようになった.2000年代に入るとセンサ技術の高性能化,生体情報モニタ技術,自動運転機能など煩雑な操作や作業を安全・効率的に行うための装置と機能を充実させ,さらなる安全性と高性能化を確保した透析装置に進歩した.そして,現在の透析装置は,基本性能である透析液作成供給装置,各種安全装置を主として,各種自動化装置,各種モニタなどの多くの性能と機能を持ち,安全で質の高い透析療法を提供している.

一方,この透析装置を使用して透析療法を実際に行う臨床工学技士を始めとする医師,看護師などの透析スタッフは,透析装置の進歩について行くとともにその性能と機能を十分に理解し,安全,適正,効果的に使用する必要がある.しかし,透析療法についての書籍はある程度あるものの透析装置について全般的にわかりやすくまとめられた書籍は少ない.そこで今回,この1冊を読めば透析装置がよくわかることを目的として,本書を企画した.執筆項目は,透析装置に関する法規から始まり,Ⅰ.水処理装置,Ⅱ.多人数用透析液供給装置,Ⅲ.粉末型人工腎臓透析用剤溶解装置,Ⅳ.コンソール(透析用監視装置,多用途透析用監視装置,個人用透析装置),Ⅴ.関連機器の5部構成とし,基本的な内容は,「構造・機能(原理,構造,機能,特徴)」,「操作法」,「トラブルシューティング」,「メインテナンス(洗浄,消毒,保守点検,定期交換)」として,各社および各装置の特徴を経験豊かな臨床工学技士の方々に大変わかりやすく解説していただいた.

本書は,『臨牀透析』2013年6月増刊号〈血液浄化機器2013〉をベースに,透析装置および関連機器の部分をおもにピックアップして,最新情報を加えたものである.透析療法に従事するスタッフにとても役に立つ1冊であり,是非一読して活用していただければ幸いである.


2018年5月

埼玉医科大学保健医療学部臨床工学科

山下 芳久

■ 目次

序論 透析装置に関する法規

Ⅰ 水処理装置

1)軟水化装置

2)活性炭濾過装置

3)逆浸透装置

4)個人用水処理(逆浸透)装置

5)エンドトキシン捕捉フィルタ

逆浸透装置用、多人数用透析液供給装置用

コンソール用ETRF(透析用監視装置、多用途透析用監視装置、個人用透析装置、個人用多用途透析装置)

Ⅱ 多人数用透析液供給装置

日機装社製

東レ・メディカル社製

ニプロ社製

ジェイ・エム・エス社製

Ⅲ 粉末型人工腎臓透析用剤溶解装置

日機装社製

東レ・メディカル社製

ニプロ社製

ジェイ・エム・エス社製

東亜ディーケーケー社製

Ⅳ コンソール

1)日機装社製透析用監視装置

2)東レ・メディカル社製透析用監視装置

3)ニプロ社製透析用監視装置

4)ジェイ・エム・エス社製透析用監視装置

5)各種自動化装置

プライミング、脱血

返血、補液

6)各種モニタリング

血液量モニタ

透析量モニタ

測定血流量・脱血圧連続監視モニタ

血液モニタ(Ht、Hb、血液温度、ΔBV)

7)オンラインHDF装置

8)個人用透析装置

Ⅴ 関連機器

1)浸透圧計

2)電解質(Na、K)測定装置

3)血液ガス分析装置

4)ACT測定装置

5)エンドトキシン測定装置

発色合成基質法

比濁時間分析法

生物発光法

6)生菌検出法

培養法

非培養法

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:33.4MB以上(インストール時:72.5MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:34.2MB以上(インストール時:85.5MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません