• M2PLUS
  • 新しい診断基準・分類に基づいたNBI/BLI/LCI内視鏡アトラス

新しい診断基準・分類に基づいたNBI/BLI/LCI内視鏡アトラス

  • ISBN : 9784888759212
  • ページ数 : 296頁
  • 書籍発行日 : 2016年10月
  • 電子版発売日 : 2018年11月16日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥9,680 (税込)
ポイント : 176 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

最新の画像強調内視鏡により新たに構築された診断基準や診断アルゴリズムに対応。

新たに構築された診断基準や診断アルゴリズムに対応する最新の美しい画像強調内視鏡画像を用いて,NBI/BLI/LCIによる観察のコツとピットフォールを具体的かつわかりやすい解説を提示しており,診断のプロセスを効率よく学習できることである。とは言え,内視鏡診断の基本はあくまで白色光観察であり,各症例の画像提示において白色光とNBI/BLI(拡大)内視鏡像をバランスよく提示し,日常診療に即した診断理論を解説していただいた。

■ 序文

2006年にオリンパス株式会社から発売されたEVIS LUCERA SPECTRUMに搭載されたNarrow Band Imaging(NBI)は,画像強調観察(Image--Enhanced Endoscopy;IEE)を国内外に広める契機となり,この10年間に内視鏡診断領域にIEEを大きく発展させた.同時に国際的に統一した内視鏡診断基準を作成する機運をもたらし,IEEに基づく診断学の世界的標準化を加速させてきた.さらに2012年に登場した新規NBIシステム(EVISLUCERA ELITE)は,観察時の画質と明るさの著しい向上のみならず,近接時に鮮明な映像が得られるNear Focus機能の搭載など新たな機能が付加された.ほぼ同時期に富士フイルムメディカル株式会社は,消化器内視鏡で初めて照明光としてレーザー光を用いた新世代の内視鏡システム(LASEREO system)を市場導入した.このシステムでは白色光観察に加えて狭帯域光観察機能であるBlue LASER Imaging(BLI),BLI--brightを有する.このような新しい機器導入に伴う内視鏡診断の進歩を広く普及するために,2013年10月に『新しい画像強調内視鏡システム NBI/BLIアトラス』を刊行した.すでに3年が経過し,多くの先生方から好評裡に迎えられ,日本語版の増刷のみならず,グローバルなリクエストに応じて英語版が刊行され,中国語版の出版も計画されている.NBI/BLI画像は,広く普及し,今や内視鏡診断過程のなかで不可欠かつ重要なモダリティとなりつつある.

『新しい画像強調内視鏡システム NBI/BLIアトラス』刊行以降の3年間に多くの臨床的エビデンスが蓄積され,各臓器別に統一した新たな診断基準・分類(NBI拡大観察所見に関する日本食道学会分類,大腸腫瘍のNBI拡大観察所見分類であるJNET分類など)も提唱され普及しつつある.さらに,最近,早期胃癌のNBI拡大所見を用いた診断アルゴリズムも公開された.一方で,BLIがNBIとほぼ同等の診断能を有することが示されるとともに,さらに新しい内視鏡画像診断(Linked Color Imaging;LCI,Endocytoscopy,ConfocalLaser Endomicroscopy)の臨床応用も始まりつつある.『新しい画像強調内視鏡システム NBI/BLIアトラス』発刊当時のEVIS LUCERA ELITE systemによるNBI拡大は,Near Focusによる45倍の光学拡大であったが,2014年10月に発売された新規拡大内視鏡(GIF--H290Z,CF--HQ290ZL/I)は,完全光学ズーム(最大80~85倍)であり,より鮮明なものとなっている.また,LASEREO systemも改善がなされ,2014年10月にはレーザー内視鏡用の新たな特殊光色彩強調機能としてLCIが搭載された.LCIについては,上部消化管領域では,胃炎診断と腫瘍性病変の拾い上げにおける有用性の報告がなされ,下部消化管領域では,潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患における有用性と腫瘍の拾い上げと質的診断に対する期待がもたれている.

このような背景のもと,最新の画像強調内視鏡により新たに構築された診断基準や診断アルゴリズムに対応することを目的に,『新しい診断基準・分類に基づいたNBI/BLI/LCI内視鏡アトラス―Advanced Diagnostic Endoscopy』を刊行することになり,編集委員一同が英知を絞って編集企画を立て,それぞれの領域において臨床の第一線で活躍されている先生方に執筆していただいた.『新しい画像強調内視鏡システム NBI/BLIアトラス』と併せてお読み頂ければ幸いである.

本書の特徴は,新たに構築された診断基準や診断アルゴリズムに対応する最新の美しい画像強調内視鏡画像を用いて,NBI/BLI/LCIによる観察のコツとピットフォールを具体的かつわかりやすい解説と各臓器別の具体的症例画像を提示して,診断のプロセスを効率よく学習できることである.とは言え,内視鏡診断の基本はあくまで白色光観察であり,NBI/BLI拡大画像のみに偏らず,各症例の画像提示において白色光の診断とNBI/BLI(拡大)内視鏡像をバランスよく提示し,日常診療に即した段階的な診断理論を解説していただいた.本書を読み解くことでNBI/BLI/LCIの画像強調観察を日常診療の内視鏡診断にどのように取り入れていくかを学び,また,それらを用いた観察のコツを正しく会得していただけるものと確信している.日本消化器内視鏡学会専門医を目指す若手医師から専門医,指導的立場にある先生にとって,これまでよりも一歩進んだ質の高い内視鏡診断学(Advanced Diagnostic Endoscopy)を身につけるうえで最適の書籍であると自負している.

最後に,大変お忙しい中快く執筆をお引き受け下さった諸先生方に厚く御礼申し上げるとともに,編集の労をとって下さいました日本メディカルセンターの黒添勢津子氏に心から感謝申し上げます.


2016年10月

日本消化器内視鏡学会理事長
東京慈恵会医科大学先進内視鏡治療研究講座 教授
田尻 久雄

■ 目次

中・下咽頭

NBIによる中・下咽頭観察のコツ

BLI・LCIによる中・下咽頭観察のコツ

【症例アトラス】
下咽頭の反応性変化(BLI)/中・下咽頭の基底細胞過形成:BCH(NBI)/中咽頭表在癌:0-IIb・0-IIa(NBI)/下咽頭表在癌:0-IIc+IIa(NBI)/0-IIb+'0-Is'(BLI/LCI/0-IIb(BLI/LCI)

食道・Barrett食道

Advanced Diagnostic Endoscopyによる内視鏡分類:食道表在癌の分類-扁平上皮癌とBarrett食道腺癌

NBIによる食道観察のコツ

BLI・LCIによる食道観察のコツ

【症例アトラス】
道表在癌:0-IIa(NBI)/Type Rを呈した表層拡大型食道癌(BLI)/食道表在癌:0-IIc(NBI):0-IIc+IIa(NBI)/0-IIa+IIc(NBI):0-IIc+Is(NBI)/表在型食道癌:0-IIc+IIa(NBI)/食道類基底細胞型扁平上皮癌(BLI)/炎症性疾患と鑑別の難しい食道表在癌(NBI 4例)/(BLI/LCI)/食道乳頭腫(NBI)/Barrett食道腺癌(NBI 3例)/(BLI/LCI 2例)/食道表在癌(0-I)Adenocarcinoma(NBI)/好酸球性食道炎(NBI)/Endocytoscopy

コラム
咽頭・食道領域における拡大内視鏡像と病理像の対比

胃・十二指腸

Advanced Diagnostic Endoscopyによる内視鏡分類:早期胃癌の内視鏡診断アルゴリズム

NBIによる胃・十二指腸観察のコツ

BLI・LCIによる胃・十二指腸観察のコツ

【症例アトラス】
[胃]
慢性胃炎(NBI)/(LCI)/胃腺腫(NBI)/(LCI・BLI)/接合部胃癌(NBI)/(BLI)/陥凹型胃癌:M癌(NBI)/(LCI・BLI):SM癌(NBI)/(LCI・BLI)/H. pylori除菌後胃癌(NBI)/(LCI・BLI 2例)/未感染分化型胃癌(NBI)/未感染未分化型胃癌(NBI)/(LCI・BLI)/胃MALTリンパ腫(NBI)/(LCI・BLI)/Endocytoscopy/Confocal laser endomicroscopy
[十二指腸]
十二指腸腺腫(NBI)/十二指腸癌(NBI)/(LCI・BLI 2例)/Confocal laser endomicroscopy

コラム
ヒザカックンを頭で読む-観察から洞察へ

大腸

NBIによる大腸観察のコツと基本事項(NICE分類,JNET分類)

BLI・LCIによる大腸観察のコツ

【症例アトラス】
過形成性ポリープ(NBI/AFI)/SSA/P (NBI/AFI)/(BLI/LCI 2例)/SSA/P の癌化例(NBI)/SSA/P由来浸潤癌(NBI)/隆起型鋸歯状腺腫:TSA(BLI/LCI)/隆起型(Is):腺腫~Tis(NBI)/T1b(NBI)/(Isp):T1b(BLI/LCI)/(NBI)/表面隆起型(IIa)〔LST-G homogenous〕:腺腫(NBI)/(BLI/LCI)/複合型(IIa+Is)Tis(BLI/LCI)/(IIa+IIc)〔LST-NG〕T1a(NBI)/表面隆起型(IIa)〔LST-NG〕Tis~T1a(NBI)/(Is+IIa)〔LST-G, nodular mixed type〕T1b(NBI)/(IIa+Is)〔LST-G, nodular mixed type〕T1b(NBI)/微小陥凹型癌(NBI)/表面陥凹型(IIc):腺腫(NBI)/Confocal laser endomicroscopy表面陥凹型(IIc):(NBI/Confocal)/複合型 SM癌 (IIa+IIc):T1b(NBI)/(BLI/LCI)/(Is+IIc):T1b(BLI/LCI)(NBI)/Endocytoscopy小さな進行癌(de novo)(NBI/Endocytoscopy)/LST由来進行癌(NBI)/LST由来と考えられた進行癌(BLI/LCI)/炎症性腸疾患関連腫瘍:癌/dysplasia(NBI)

コラム
・大腸領域における拡大内視鏡像と病理像の対比
・LUCERA ELITE SystemのNear Focus・電子ズーム拡大観察の倍率
・NBI拡大観察における構造強調の重要性

原理の解説

NBI (Narrow Band Imaging)/BLI (Blue LASER Imaging)/LCI(Linked Color Imaging)/AFI(Autofluorescence Imaging)/Endocytoscopy オリンパス株式会社 Confocal endomicroscopy

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:77.5MB以上(インストール時:168.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:90.7MB以上(インストール時:226.8MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません