• M2PLUS
  • 通常内視鏡観察による 早期胃癌の拾い上げと診断

通常内視鏡観察による 早期胃癌の拾い上げと診断

  • ISBN : 9784888759229
  • ページ数 : 220頁
  • 書籍発行日 : 2016年10月
  • 電子版発売日 : 2018年8月10日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥7,480 (税込)
ポイント : 136 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

H.p除菌後発見胃癌 20症例,H.p未感染胃癌 9症例収載

通常内視鏡による100病変を超す胃癌・胃腺腫を収載。
豊富な画像と図解で、基礎知識から拾い上げ問題集など多数掲載!これまで殆どなかった、胃癌の通常観察での拾い上げに特化した書籍です。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

胃癌は,日本では悪性腫瘍の中で第3位の死亡者数であり,年間約13万人が罹患し,約5万人が命を落としている.しかし,胃癌は早期発見により,根治できる癌でもあり,Stage Ⅰの5年生存率は95%以上である.しかも,内視鏡で治癒切除できれば,外科的な胃切除と違いQOLは術前となんら変わらない.早期発見,早期治療すれば,予後良好かつQOLも保たれる癌といえる.一方,進行した状態で見つかった場合は予後不良であり,Stage Ⅳの5年生存率は10%以下になる.進行胃癌の患者さんに関わり,"もっと早く見つけることができれば"と思ったことは何度あっただろう.

日本における胃癌の対策型検診としては古くから胃X線検診が行われていたが,2015年に出された国立がん研究センターの「有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン2014年度版」では,胃内視鏡検診も「胃がん死亡率減少効果を示す相応の証拠があり,対策型検診及び任意型検診に推奨する」との判断が示された.それを受けて厚生労働省は2016年に「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」を改正し,胃がん検診の検査項目は「胃部X線検査又は胃内視鏡検査とする」と通達した.われわれ胃癌診療に携わる者の立場からすると,胃内視鏡検診の導入は少し遅かったのではとの感は否めない.いずれにしろ,今後胃癌の対策型検診はX線検診から胃内視鏡検診にシフトしていくことは明白であり,胃内視鏡検診の需要はますます大きくなってくる.

一方で,胃内視鏡検査に関しては,医師の技量の差があることが問題となっている.がん研有明病院でも消化器内科の後期研修を終えた医師が,内視鏡の研修のため毎年入局してくる.一通り内視鏡の技術は身に付けているが,古株のスタッフと比べて明らかに癌の発見率に差がある.これは慢性胃炎を背景とした胃癌の診断はそれだけ奥が深く,難しいものであることを示している.背景粘膜は萎縮,腸上皮化生により粘膜は凹凸を呈し,色調も発赤,褪色など多彩な所見をとり,その中に隠れている胃癌も教科書的な典型像ばかりではなく,一つたりとも同じものはない.

消化器内視鏡に関しては多くの書籍が出版されており,近年はNBIなどのIEE(image enhanced endoscopy)と拡大内視鏡などの最先端領域を対象とした書籍がはやりである.確かに,NBI拡大観察は胃炎と胃癌の鑑別のような質的診断には大きな力を発揮する.しかし,慢性胃炎の領域すべてをNBI拡大観察するには,検査時間がいくらあっても足りない.胃癌診療は,通常観察および色素散布での癌の発見から始まる.この一番の基本である,胃癌の通常観察での拾い上げに特化した書籍はこれまでほとんどなかった.

2015年6月~2016年5月まで,日本メディカルセンター刊行の月刊誌『臨牀消化器内科』で"胃癌を探せ!"という連載を書かせてもらった.これは,通常観察での胃癌の拾い上げをテーマにした問題形式の胃癌アトラスである.幸いにも,知り合いの先生方からは良い評価をいただき,書籍化させてもらう運びとなった.書籍化に当たり,問題の症例数を大幅に増加させ,さらに総論として"正常な胃粘膜と胃炎""胃癌の分類と臨床的特徴""胃癌の見つけ方"を追加し,胃癌の発見に必要な基本的な知識について解説した.また,今後増加するであろう,H.pylori未感染胃癌,胃底腺型胃癌についてもページを割いた.すべての項を通して画像をできるだけ多く取り入れ,100病変を超す胃癌・胃腺腫の画像を掲載し,初学者でもわかりやすいような詳しい解説を心がけた.

問題形式の項では,発見時の内視鏡画像を使用することにこだわった.これは生検後では,生検瘢痕,再生上皮などによって形や色調が変わり,病変が修飾されてしまうからである.精査と違い,多くの写真が撮られておらず,またNBI拡大の画像もない症例も多いが,病変の拾い上げを主眼に置いた書籍であるということで,ご容赦いただきたい.

本書が,胃癌の内視鏡診療に関わる医師に広く読まれ,ひいては,多くの胃癌が治癒可能な状態(できれば内視鏡的切除ができる状態)で見つかり,多くの患者さんが救われることを心から願ってやまない.


2016年10月

がん研有明病院上部消化管内科 平澤 俊明
同病理部 河内 洋

■ 目次

第Ⅰ章 胃癌の発見に役立つ基礎知識

1.正常な胃粘膜と胃炎

正常な胃粘膜(H.pylori未感染)/H.pylori感染胃炎(H.pylori現感染,既感染)

2.胃癌の分類と臨床的特徴

胃癌の分類/胃癌の発育進展様式と臨床的特徴

第Ⅱ章 胃癌の見つけ方!

1.胃癌を見つけるために注目すべき所見

背景との関係/面(癌の領域)の所見/境界の所見

2.見逃しやすい胃癌

見落としやすい部位/見つけにくい病変/癌の診断能力を上げる魔法の薬-インジゴカルミン

第Ⅲ章 胃癌を探せ!-拾い上げ診断に挑戦しよう

症例問題51例

第Ⅳ章 胃癌は見つかりましたか?-解答と診断

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:847.9MB以上(インストール時:1.8GB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:75.2MB以上(インストール時:188.1MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません