• M2PLUS
  • 十二指腸内視鏡ATLAS
  • ISBN : 9784888759281
  • ページ数 : 220頁
  • 書籍発行日 : 2017年10月
  • 電子版発売日 : 2018年11月16日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥8,140 (税込)
ポイント : 148 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

良性の十二指腸疾患も含めた全70症例。これまでにない、十二指腸に特化した1冊!

十二指腸については、本邦では規約やガイドラインがない現状であるが、本書を見れば十二指腸疾患・診断に関する網羅的な知識が得られるよう内視鏡診断に特化した内容となっている。そのためなるべく多くの症例を網羅し,腫瘍以外のよく見る良性疾患も取り上げた。

■ 序文

十二指腸はその名称が示す通り,長さが12本の指の幅の腸であり,古代ギリシャの医学者Hippocrates(紀元前460~375年)の弟子の一人で,解剖学の父とされるHerophilos(紀元前335~280年)により名付けられた.ギリシャ語で"12本の指の長さ"を表す言葉が"dodekadaktylon"であり,そのラテン語訳が"duodenum"である(引用:Herophilus:The Art of Medicine in Early Alexandria. Cambridge University Press, 1989).

本邦では,1774年に前野良沢,杉田玄白による『ターヘル・アナトミア』を翻訳した『解体新書』で十二指腸と翻訳されたが,実際には12本の指よりは少し長い25~30cm程の腸管である.

いささか大袈裟な書き出しであるが,私自身,12本の指の幅が語源ということは知っていたが,この序文を書くにあたり,初めて正しい語源を知ったのが正直なところである.

十二指腸は,他の消化管と比較して疾患の頻度が低いが,最近の上部消化管に対する内視鏡検診の普及に伴い,無症状で発見される十二指腸腫瘍性病変が増えており,それに伴い学会や雑誌で取り上げられることも多くなっている.しかしながら,十二指腸腫瘍は,他の消化管のように,その取り扱いは決められていないため,内視鏡所見,病理所見とも用語も含めて統一されていないのが現状である.

今回,十二指腸を対象としたアトラスを出版することになったきっかけは,2016年の夏に行われた某研究会において,私が十二指腸腫瘍に関するセッションを担当した時の懇親会で,共同編集者である藤城光弘先生に「十二指腸腫瘍にはいまだに取扱い規約がないので,そのような本があるといいですね」というような話をしたところ,ちょうど本書の出版元である日本メディカルセンターから,藤城先生に十二指腸関連の書籍を作成してはどうかという話があったとのことで,その場にいらした角嶋直美先生も含めて盛り上がり,また今川内科医院の今川 敦先生から,遠藤昌樹先生も執筆者としてお願いすべきという的確な助言をいただき,この4施設で症例を持ち寄って十二指腸の内視鏡診断アトラスを作成することになった.

これまで十二指腸に特化した書籍は出版されておらず,雑誌の特集としては十二指腸が取り上げられることはあるが,おもに腫瘍に関することが多いため,本書では,良性の十二指腸疾患も含めた十二指腸全般を網羅した全70症例の内容となった.

良性疾患を含めるにあたり,感染症の症例については,那覇市立病院の仲地紀哉先生に多大な御協力をいただいた.貴重な症例にも関わらず快く承諾していただき,この場を借りて感謝を申し上げたい.

また内視鏡の診断アトラスには,しっかりとした病理診断が不可欠であり,本書では各施設の病理担当医のコメントに加えて,牛久哲男先生に病理全般の監修をお願いし,病理所見も十分に読み応えのある内容となった.

また,各症例だけでは診断に至る基礎的な知識や考え方を理解することが困難であるため,総論として正常像,内視鏡診断,鑑別診断,病理診断,内視鏡検査法の内容も追加した.

企画から出版まで1年という短期間であったが,多数の若手医師にも協力をいただき,この一冊でほぼすべての十二指腸病変の内視鏡診断について,若手からベテランの内視鏡医まで十分に学べる内容で完成しており,ぜひ全国の各施設の内視鏡室に蔵書として置いていただければ幸いである.

今後,十二指腸病変に対する取扱い規約やガイドラインの作成が必要と思われるが,もし本書がそのきっかけになるようであれば,執筆者の一人として望外の喜びである.


2017年10月

編者を代表して
昭和大学藤が丘病院 内視鏡センター
山本 頼正

■ 目次

第1章 総論

1 十二指腸の正常構造,正常内視鏡像

A 十二指腸

B 乳頭部

column 十二指腸上皮内腫瘍における絨毛の白色変化

2 十二指腸の内視鏡検査法

column 十二指腸に病変発見...生検する? しない?

3 十二指腸上皮性腫瘍(非乳頭部)の内視鏡診断

column 十二指腸腺腫はすぐに治療すべき?

4 十二指腸疾患の内視鏡による鑑別診断

column 十二指腸上皮内腫瘍に対する内視鏡治療

5 十二指腸疾患の病理による鑑別診断

column 十二指腸の〈取扱い規約〉がないことの問題点

第2章 疾患別症例アトラス

非腫瘍性病変

1 十二指腸異所性胃粘膜

2 十二指腸胃化生

3 十二指腸リンパ管拡張

4 十二指腸リンパ濾胞過形成

5 Brunner腺過形成

6 粘液分泌型ポリープ(Mucus secreting polyp)

7 十二指腸異所性膵

8 GVHD

9 十二指腸炎症性隆起

10 十二指腸潰瘍

11 十二指腸囊胞

12 十二指腸憩室

13 十二指腸血管拡張症

14 十二指腸アミロイドーシス

15 十二指腸静脈瘤(門脈圧亢進症による)

16 十二指腸静脈瘤(門脈圧亢進症による)

17 IgA血管炎の十二指腸病変

18 Celiac病の十二指腸病変

19 ランブル鞭毛虫症(ジアルジア症)の十二指腸病変

20 糞線虫症の十二指腸病変

21 Whipple病の十二指腸病変

腫瘍性病変(腺腫)

22 十二指腸腺腫(胃型)

23 十二指腸腺腫(腸型・胃型)

24 十二指腸腺腫(Tubulovillous adenoma,腸型)

25 十二指腸腺腫(腸型)

26 十二指腸腺腫(腸型)

27 十二指腸腺腫(胃腸混合型)

28 十二指腸腺腫(高異型度腺腫,腸型)

29 十二指腸腺腫(高異型度腺腫,腸型)

30 十二指腸腺腫(高異型度腺腫,腸型)

31 十二指腸腺腫(腸型)

腫瘍性病変(粘膜内癌)

32 十二指腸癌(Peutz-Jeghers polyp由来粘膜内癌)

33 十二指腸癌(腺腫内癌)

34 十二指腸癌(腸型粘膜内癌)

35 十二指腸癌(胃型粘膜内癌)

36 十二指腸癌(胃型粘膜内癌)

37 十二指腸癌(腸型粘膜内癌)

38 十二指腸癌(胃型粘膜内癌)

39 十二指腸癌(腸型粘膜内癌)

40 Carcinoma in inverted cystic tubulovillous adenoma involving Brunner's gland of duodenum(胃型優位,胃腸混合型)

腫瘍性病変(SM癌)

41 十二指腸癌(胃型SM癌)

42 十二指腸癌(胃型SM癌)

43 十二指腸癌(胃型SM癌)

44 十二指腸癌(胃型SM癌)

45 十二指腸癌(腸型SM癌)

46 十二指腸癌(胃型SM癌)

47 十二指腸癌(腸型SM癌)

48 十二指腸癌(胃型SM癌)

腫瘍性病変:乳頭部腫瘍

49 乳頭部腺腫

乳頭部腫瘍

50 乳頭部癌

乳頭部腫瘍

51 Gangliocytic paraganglioma

腫瘍性病変(進行癌)

52 十二指腸癌(進行癌)

53 十二指腸癌(進行癌)

54 十二指腸癌(進行癌)

リンパ腫

55 濾胞性リンパ腫

56 マントル細胞リンパ腫

57 MALTリンパ腫

58 Burkittリンパ腫

59 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)

60 形質細胞腫

GIST(gastrointestinal stromal tumor)

61 GIST

62 GIST

神経内分泌腫瘍(neuroendocrine tumor;NET)

63 Neuroendocrine tumor;NET G1

64 Neuroendocrine tumor;NET G1

65 Neuroendocrine tumor;NET G2

転移性腫瘍

66 転移性腫瘍(膵癌直接浸潤)

67 転移性腫瘍(後腹膜脂肪肉腫直接浸潤)

68 他臓器がんの転移(悪性黒色腫)

その他の腫瘍

69 脂肪腫

70 Peutz-Jeghers型ポリープ(過誤腫)

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:37.9MB以上(インストール時:82.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:58.3MB以上(インストール時:145.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません