• M2PLUS
  • 呼吸器感染症の診かた,考えかたver.2

呼吸器感染症の診かた,考えかたver.2

  • ISBN : 9784498130012
  • 書籍発行日 : 2020年5月
  • 電子版発売日 : 2020年5月25日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,620 (税込)
ポイント : 84 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のような新興の呼吸器感染症に対峙するためには、適切に情報のアップデートを行うことはもちろん、呼吸器感染症診療を行ううえでの基本的、普遍的かつ網羅的な知識が必要となる。もちろん従来の呼吸器感染症を診る場合もその基本は変わらない。本書では、旧版の内容に最新知見を反映させながら大幅に手を加え、「呼吸器感染症といえばこの一冊」と呼ぶに相応しい内容にまとめあげた。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。

推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

第2版 改訂にあたり

このたび拙著『呼吸器感染症の診かた,考え方』を全面的に改訂し上梓させていただいた.初版は2010年に上梓したが,それから10年が経過し改訂版の必要性を感じたからである.

医学・医療の進歩は新薬の開発と密接に関わっている.呼吸器内科がカバーする診療では,がん領域での免疫チェックポイント阻害薬が診療を変え,抗がん化学療法との併用がスタンダードとなり,次世代シーケンシング(NGS)を含むゲノム医療の導入など進歩が目覚ましい.また,アレルギー・喘息領域でも複数の抗体製剤の導入など診療の選択肢が広がっているが,逆に薬剤選択に悩む場面も増えている.これらは疾患の理解の急速な進歩に依っている.感染症の領域は新薬の開発が滞り逼塞の感があり,呼吸器感染症診療も進歩がないと思われがちであるが,一方で検査技術の進歩により,病原の迅速診断の幅が広がり,さらに2019年から新規抗菌薬上市の新たな波が起きている.このように呼吸器感染症の領域でも,着実な進歩がみられ,初版の上梓から肺炎の枠組みの変化や国内外での複数のガイドラインの改訂・公表,慢性下気道感染症に関連して本邦で遅れていた気管支拡張症への注目も高まりつつあるのを実感している.

初版の序にも書かせていただいたが,自分は決して呼吸器感染症限定の専門家ではなく,「呼吸器内科」の専門医でありたいと常々思っている.近年は呼吸器の領域でも,高度な専門分化が進み,呼吸器の中での特定の分野の診療に特化している医師や施設も少なくない.自分はあくまでも「呼吸器ジェネラリスト」として特定の分野に特化せず感染症,肺がん,喘息,COPD,間質性肺疾患,アレルギー性肺疾患,職業性肺疾患,気胸をはじめとするさまざまな胸膜疾患,睡眠時無呼吸症候群などの異常呼吸,呼吸管理などすべてを診療できなければ呼吸器内科の専門医とは言えない,との信念で診療と教育を行っている.初版からの10年のうちの大部分は,そのこだわりを持って亀田総合病院呼吸器内科で診療,教育を続けてきた.本書は呼吸器感染症の本でありながら,感染症以外の内容にも触れているのはそのこだわりのためである.

新型ウイルスによる呼吸器感染症のアウトブレイクが起きるように,呼吸器は開いた臓器であり,外界の影響を受けやすい.このため呼吸器感染症も時代とともに変化するため知識のアップデートは不可欠だが,一方で時代が変わっても変わらない診療もある.本書はできる限りその両者を取り入れ両立するようにしたつもりである.

呼吸器疾患全般の中での呼吸器感染症診療という立ち位置で,呼吸器感染症に興味を持ってくれる医師が増えてくれれば望外の喜びであり,ひいてはその目で呼吸器全般を診ることができる医師が増えてくれることを期待したい.

最後に編集部の岩松宏典さんには初版の企画段階から一貫してお世話になった.改訂版の出版も予定より大幅に遅れたが,辛抱強く待ってくれた彼の支援があって本書が日の目を見たことは間違いない.心から感謝したい.


2020年3月

 東京女子医科大学 八千代医療センター
 呼吸器内科 准教授 / 診療科長
 青島 正大

■ 目次

第1 章 総論・呼吸器感染症を理解する

呼吸器感染症はほかの部位の感染症とどこが異なるか?

呼吸器系の解剖と感染部位

呼吸器感染症の原因となる微生物

1 解剖学的部位と微生物の関係

2 呼吸器感染症の感染経路

呼吸器感染症を診断する

1 最 も大切なのは感染による病態かどうかの診断である! Mimicker に注意!

2 原因微生物を診断する

第2 章 呼吸器感染症の治療に用いる薬剤

はじめに

抗菌薬

1 ペニシリン系抗菌薬 ─ ペニシリンを上手に使おう

2 セフェム系抗菌薬 ─ たくさんある薬剤の使い分け

3  カルバペネム系抗菌薬─ 大切なのはカルバペネムが必要なケースを見落とさないこと!

4 モノバクタム系抗菌薬

5  マクロライド系抗菌薬─ 耐性菌が増えている現実を知った上で使う

6 テトラサイクリン系抗菌薬

7 リンコマイシン系抗菌薬

8 キノロン系抗菌薬 ─ エンピリック使用における位置づけ

9 アミノ配糖体系抗菌薬 ─ 呼吸器感染症における位置づけ

10 抗MRSA 薬

抗真菌薬

1 トリアゾール系

2 エキノキャンディン系

3 ポリエンマクロライド系

抗結核薬

1 rifampicin(RFP)

2 isoniazid(INH)

3 pyrazinamide(PZA)

4 ethambutol(EB)

5 streptomycin(SM)

6 二次抗結核薬

7 MDR-TB の治療に用いる薬剤

抗ウイルス薬

1 インフルエンザ治療薬

2 抗サイトメガロウイルス薬

新規に上市された抗菌薬

1 colistin(CL)

2 metronidazole(MNZ)

抗菌薬のPK/PD

第3 章 病態ごとの診断と治療

気道感染症

1 気道感染症の成立は肺炎とどのように異なるか

2 かぜ症候群とインフルエンザ

3 慢性肺(気道)疾患における慢性下気道感染症

3-1 慢性期の管理

3-2 増悪への対応

肺炎

1 院外発症肺炎

2 院内肺炎

3 感染によらない肺炎を見分ける

3-1 肺癌(特に浸潤性粘液腺癌IMA)

抗酸菌感染症

1 抗酸菌の分類と診断法

2 結核菌感染症の治療

3 非結核性抗酸菌症

肺真菌症

1 アスペルギルス感染症

2 クリプトコックス感染症

3 カンジダ感染症

4 接合菌症(zygomycosis)

5 輸入真菌症

免疫不全を有する患者の呼吸器感染症

1 大切なのは患者背景から考えること

2 ニューモシスチス肺炎

3 サイトメガロウイルス肺炎

4 侵襲性肺アスペルギルス症

5 肺ノカルジア症

6 免疫抑制療法中のリウマチ患者の肺炎への対処

胸膜炎

1 感染が関与する病態かどうかの診断が最初の一歩

2 結核性胸膜炎

1 抗結核薬への反応が不良の場合の対応

3 膿胸

第4 章 難治性呼吸器感染症の集学的治療

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS)、M2Plus Reader(AndroidOS)が必要です。

※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:54.3MB以上(インストール時:115.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:54.3MB以上(インストール時:115.4MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません