• M2PLUS
  • Medical Practice 2020年 2月号(37巻2号)下痢と便秘の臨床~機能性疾患診療の深化

Medical Practice 2020年 2月号(37巻2号)下痢と便秘の臨床~機能性疾患診療の深化

  • ISBN : 9784011303702
  • ページ数 : 182頁
  • 書籍発行日 : 2020年2月
  • 電子版発売日 : 2020年7月3日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,860 (税込)
ポイント : 52 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集テーマは「下痢と便秘の臨床~機能性疾患診療の深化」.記事として,[座談会]下痢・便秘治療新世紀─「除外診断」からの脱却,[この症例から何を学ぶか]卵巣癌術後の複数の病態が関与した難治性下痢,[One Point Advice],[今月の話題]植え込み型医療機器とCT,MRI検査,[知っておきたいこと ア・ラ・カルト]高齢者のてんかんは,若年成人と異なる特徴がある,[この検査値から何を疑うか?]菌血症の診断アプローチ 他を掲載.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 目次

特集

〈扉〉

〈座談会〉

下痢・便秘治療新世紀─「除外診断」からの脱却

〈総説〉

過敏性腸症候群の最新診療─診療ガイドライン2014発刊とその後の進歩─

慢性便秘症の最新診療─慢性便秘症診療ガイドライン2017発刊とその影響を含めて─

〈セミナー〉

下痢を起こす疾患の鑑別診断─地雷を踏まないために─

便秘を起こす疾患の鑑別診断─地雷を踏まないために─

下痢を起こす感染症

消化吸収障害による排便障害─慢性膵炎以外の消化吸収障害─

慢性膵炎の排便への影響と治療

胆汁性下痢症の診断と治療─食べるとすぐ下痢をする人─

炎症性腸疾患の排便への影響と排便コントロール

大腸憩室症と排便障害─内視鏡所見を含めて─

慢性偽性腸閉塞症(CIPO)の診断と治療

小児領域の便秘診療

精神神経科領域の便秘診療

排便障害患者の内視鏡検査─挿入法や器質的疾患の除外に必要な注意─

〈トピックス〉

FODMAP制限療法─特定の食事をすると下痢をする人─

〈治療〉

過敏性腸症候群の治療─治療薬の使い分け,FMTの可能性─

便秘薬の使い分け

直腸肛門機能障害の治療─専門医への紹介のタイミング─

高齢者便秘の対処法

〈この症例から何を学ぶか〉

卵巣癌術後の複数の病態が関与した難治性下痢

〈Self─assessment test〉

連載

〈One Point Advice〉

慢性期失語症にも有効な言語訓練:メロディックイントネーションセラピー

骨髄穿刺(マルク)の進め方

吸入薬は難しい

緊急透析導入を減らすために

筋トレ後の横紋筋融解症

ビッグデータとレセプト病名

出血時間

免疫チェックポイント阻害薬

〈今月の話題〉

植え込み型医療機器とCT,MRI検査

〈知っておきたいこと ア・ラ・カルト〉

高齢者のてんかんは,若年成人と異なる特徴がある

〈この検査値から何を疑うか?(第23回)〉

菌血症の診断アプローチ

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:22.4MB以上(インストール時:49.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:22.4MB以上(インストール時:49.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません