• M2PLUS
  • がん診療における精神症状・心理状態・発達障害ハンドブック

がん診療における精神症状・心理状態・発達障害ハンドブック

  • ISBN : 9784758118804
  • ページ数 : 215頁
  • 書籍発行日 : 2020年8月
  • 電子版発売日 : 2020年8月7日
  • 判 : B6変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,180 (税込)
ポイント : 76 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

せん妄やうつなどの精神症状,否認や希死念慮などの心理状態へのアプローチから,発達障害をもつ患者のケアまで体系的に解説.がん患者の心の問題について手軽に学べる,がん診療に携わる医療従事者のための一冊!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

編集の序


このたび羊土社からのご依頼で「がん診療における精神症状・心理状態・発達障害ハンドブック」の編集を担当いたしました.これは2017 年に近畿大学の吉田健史先生が著し,中川和彦先生と私が監修しました『がん治療のための緩和ケアハンドブック』の姉妹書としての位置づけになっております.


現在,臨床現場ではがん患者の精神症状・心理状態・発達障害への対応のニーズがますます高まっています.がん治療医,緩和ケア医,看護師をはじめとする医療スタッフの皆様にサイコオンコロジー(精神腫瘍学)を体系的かつ包括的に実践していただけるような入門書を目指しました.


この領域の第一人者である先生方と次世代を担う若手の先生方を分担執筆者とし,吉田先生にもがん治療医として精神科・心療内科医以外の非専門家が読んでも分かりやすい内容になっているかどうかを検証するためのレビューワーとして参加していただきました.


執筆者の皆様には非常にタイトなスケジュールでご無理をお願いしましたが,ちょうど2020 年8 月に開催される緩和・支持・心のケアの合同学術大会に合わせて発刊することを目指してまいりました.精力的に取り組んでいただいた執筆者の皆様ならびに羊土社編集部の鈴木美奈子様,山村康高様に心から敬意と感謝を申し上げます.本書が,患者さんとそのご家族,医療従事者が1 つのチームとなって,がん治療をうまく推進していくための道標となれば幸いです.


2020 年8 月

近畿大学医学部内科学教室心療内科部門
小山敦子

■ 目次

編集の序【小山敦子】

序章

がん患者・家族と接するときの基本【小山敦子】

第1章 精神症状の評価とアプローチ

1)せん妄【奥山 徹】

① せん妄の評価

② せん妄の治療とマネジメント

③ せん妄の予防

④ 終末期におけるせん妄

2)がん患者の適応障害・うつ病【明智龍男】

3)認知症【谷向 仁】

4)不眠【小川朝生】

5)家族・遺族ケア【四宮敏章】

第2章 心理状態の評価とアプローチ

1)否認・怒り【秋月伸哉】

2)希死念慮,自殺企図【吉内一浩】

3)不安と呼吸困難・不定愁訴【松田能宣】

4)がん疼痛と心理 ~ケミカル・コーピングと偽依存の評価【松岡弘道】

第3章 発達障害を疑ったときの評価とアプローチ

1)発達障害について【井上真一郎】

2)ASDの評価とアプローチ【井上真一郎】

3)ADHDの評価とアプローチ【井上真一郎】

第4章 コミュニケーションとチーム医療・スタッフケア

1)がん医療現場でのコミュニケーション【所 昭宏】

2)がん医療現場でのチーム医療【所 昭宏】

3)がん医療現場でのスタッフケア【所 昭宏】

第5章 Case Study

Case① 患者が精神心理的介入拒否で病棟・主治医が困っている【所 昭宏】

Case② 宗教の影響が強く,現実的な目標が共有しにくい【菅野康二】

Case③ 主治医が「時間がない,患者の話を聞いてくれ」とチームや精神担当医に丸投げ【所 昭宏】

Case④ 患者と家族,あるいは家族間で意見が一致しない【四宮敏章】

Case⑤ 抗がん剤が施行困難な時期に「もっと治療をしたい」と望む患者への理想的な声かけ【菅野康二】

Case⑥ 否認・怒りでスタッフを振り回す【秋月伸哉】

Case⑦ 発達障害患者とうまくコミュニケーションがとれない【井上真一郎】

索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:10.8MB以上(インストール時:25.5MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:10.8MB以上(インストール時:25.5MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません