• M2PLUS
  • 必修 救急救命士国家試験対策問題集2021

必修 救急救命士国家試験対策問題集2021

  • ISBN : 9784830639722
  • ページ数 : 556頁
  • 書籍発行日 : 2020年9月
  • 電子版発売日 : 2020年11月4日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,500 (税込)
ポイント : 100 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

過去5年分の救急救命士国家試験問題(第39~43回)を整理し,昨年よりさらに詳細に加筆し,解説をアップデート.出題基準の掲載順に準じた問題分類(ジャンル別学習).A・B・C・D問題別の掲載(一般問題,必修問題,症例問題別学習).参照を【第10版】救急救命士標準テキストにアップデート.年々厳格化する国家試験を乗り切るだけでなく,より深く病態を理解する真の医療人を目指す全ての学生・研修生に推薦したい一冊.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版
PCブラウザ閲覧では動画再生には対応しておりません。

■ 序文

はじめに

救急救命士法が制定され30年が経過した.我が国の救急救命士は本来,消防組織の活動のなかで活躍することを期待されてきたが,近年では,その職域は消防機関にとどまらず,警察・自衛隊・海上保安庁,さらに医療機関や高齢者施設までに拡大され,多様性をみせてきている.

それに応じて,救急救命士の処置範囲も検討されるようになってきた.現在,特定行為は日本救急医療財団での委員会への申請ならびに審議を基本に行われることになり,今後,救急救命士の治療対象は外傷,心疾患,脳卒中,外傷傷病者まで拡大する可能性がある.これは救急救命土本来の処置の対象である重度傷病者の救命に近づいていくことになってきている.これまで“病院前救護”といわれていたプレホスピタルケアはすでに“病院前救急医療”という名称に改定され,ドクターカーやドタターヘリの医師と看護師と救急救命土の多職種の連携が必須になってきている.それゆえ救急救命士が学ぶべき病態や鑑別能力はさらに広がり,これまで以上に深い医学的知識と配慮が求められてきている.

救急救命士国家試験では出題基準が呈示され,大項目,中項目,小項目に分かれて出題される.従来の救急救命士テキストのみならず,厚生労働省や消防庁,さらには蘇生ガイドラインなどの最新の知見を得ておく必要がある.しかし問題の選択肢のなかには,より現場の活動内容を経験しなければ解けない内容が増え,これらの問題をクリアするためには,平素から現場よりの臨地実習,スキルトレーニングを繰り返すことが重要になってきている.単に教科書の上での知識,試験問題の正誤のみを理解するのではなく,問題の本質を見抜き,病態を理解し,その先の知識を成書に求める姿勢が必要である.

また国家試験問題も従来の詰め込み型の知識と解答を得る方向から問題想起型の出題傾向が多くなった.現場での傷病者の病態を推し諮り,病態を理解した上での医療活動ができる救急救命士が必要とされている証左でもある.

本書では毎年国家試験終了後から4ヵ月以上の時間をかけて問題を整理し,新たに最新の国家試験出題傾向からの視点で問題の解説を行っている.過去の内容をすべて現在の視点でアップデート・加筆し最新の内容を記載したつもりである.

本書が将来,国を支える救急救命土となるための,また国家試験を突破するための一助となることを切に希望する.


2020年9月吉日

国士舘大学大学院救急システム研究科教授
田中秀治

■ 目次

A問題

[専門基礎分野]

Ⅰ 人体の構造と機能

 体表からみる人体の構造

 人体の構成と生命の維持

 神経系

 感覚系

 呼吸系

 循環系

 消化系

 泌尿系

 内分泌系

 血液・免疫系

 筋・骨格系

 皮膚系

Ⅱ 疾患の成り立ちと回復の過程

 疾 患

 臓器と組織の変化

 感 染

 死

Ⅲ 健康と社会保障

 保健医療制度の仕組みと現状

 社会保障と社会福祉を支える仕組み

[専門分野]

Ⅰ 救急医学概論

 生命倫理と医の倫理

 救急医療体制

 救命の連鎖と市民教育

 メディカルコントロール体制

 救急救命士に関連する法令

 救急救命士の養成と生涯教育

 消防機関における救急活動の流れ

 コミュニケーションと問診

 安全管理と事故対応

 感染対策

 ストレス対策

 災害医療体制

 全身状態の観察

 局所の観察

 緊急度・重症度の判断

 資器材による観察

 救急救命士が行う処置

 救急蘇生法

 在宅療法継続中の傷病者の処置

 傷病者搬送

 医薬品

 検 査

 放射線

Ⅱ 救急症候・病態生理学

 呼吸不全

 ショック

 心不全

 重症脳障害

 心肺停止

 意識障害

 頭 痛

 痙 攣

 運動麻痺

 めまい

 呼吸困難

 喀 血

 失 神

 胸 痛

 動 悸

 腹 痛

 吐血・下血

 腰痛・背部痛

 体温上昇

 尿異常

 鼻出血

Ⅲ 疾病救急医学

 神経系疾患

 呼吸系疾患

 循環系疾患

 消化系疾患

 泌尿・生殖系疾患

 内分泌・代謝・栄養系疾患

 血液・免疫系疾患

 筋・骨格系疾患

 皮膚疾患

 眼・耳・鼻の疾患

 感染症

 小児と救急疾患

 高齢者と救急疾患

 妊娠・分娩と救急疾患

 精神障害

Ⅳ 外傷救急医学

 外傷総論

 外傷の病態生理

 現場活動

 頭部外傷

 顔面・頸部外傷

 脊椎・脊髄外傷

 胸部外傷

 腹部外傷

 骨盤外傷

 四肢外傷

 皮膚・軟部組織外傷

 小児・高齢者・妊婦の外傷

 熱 傷

 化学損傷

 縊頸・絞頸

 刺咬症(傷)

Ⅴ 環境障害・急性中毒学

 中毒総論

 中毒各論

 異 物

 溺 水

 熱中症

 偶発性低体温症

 放射線障害

 その他の外因性疾患

B問題

[必 修]

Ⅰ 人体の構造と機能

Ⅱ 疾患の成り立ちと回復の過程

Ⅲ 健康と社会保障

Ⅳ 救急医学概論

Ⅴ 救急症候・病態生理学

Ⅵ 疾病救急医学

Ⅶ 外傷救急医学

Ⅷ 環境障害・急性中毒学

C問題

[必 修]

Ⅳ 救急医学概論

Ⅴ 救急症候・病態生理学

Ⅵ 疾病救急医学

Ⅶ 外傷救急医学

Ⅷ 環境障害・急性中毒学

D問題

[専門分野]

Ⅰ 救急医学概論

 生命倫理と医の倫理

 消防機関における救急活動の流れ

 安全管理と事故対応

 感染対策

 ストレス対策

 災害医療体制

 全身状態の観察

 緊急度・重症度の判断

 資器材による観察

 救急救命士が行う処置

 救急蘇生法

 在宅療法継続中の傷病者の処置

 傷病者搬送

 医薬品

Ⅱ 救急症候・病態生理学

 ショック

 心不全

 重症脳障害

 意識障害

 頭 痛

 痙 攣

 運動麻痺

 めまい

 呼吸困難

 失 神

 胸 痛

 動 悸

 腹 痛

 嘔 吐

 吐血・下血

 腰痛・背部痛

Ⅲ 疾病救急医学

 神経系疾患

 呼吸系疾患

 循環系疾患

 消化系疾患

 泌尿・生殖系疾患

 内分泌・代謝・栄養系疾患

 血液・免疫系疾患

 筋・骨格系疾患

 皮膚疾患

 感染症

 小児と救急疾患

 高齢者と救急疾患

 妊娠・分娩と救急疾患

 精神障害

Ⅳ 外傷救急医学

 外傷総論

 外傷の病態生理

 現場活動

 頭部外傷

 顔面・頸部外傷

 脊椎・脊髄外傷

 胸部外傷

 腹部外傷

 骨盤外傷

 四肢外傷

 皮膚・軟部組織外傷

 小児・高齢者・妊婦の外傷

 熱 傷

Ⅴ 環境障害・急性中毒学

 中毒各論

 熱中症

 偶発性低体温症

 放射線障害

 その他の外因性疾患

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:44.5MB以上(インストール時:100.7MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:44.5MB以上(インストール時:100.7MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません