• M2PLUS
  • 眼科専門医セルフアセスメント 第3版

眼科専門医セルフアセスメント 第3版

  • ISBN : 9784830655388
  • ページ数 : 1732頁
  • 書籍発行日 : 2011年5月
  • 電子版発売日 : 2020年12月9日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥38,500 (税込)
ポイント : 700 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

眼科専門医認定試験の第1回から平成22年の第22回までの全問題を掲載して詳しく解説.弊社刊行の『眼科学』の目次に沿って,過去問を分野ごとに分類・配列し,適宜『眼科学』の参照頁を施すことで,効率的な学習に役立つよう配慮した.認定試験で使われた「別図」は別冊にまとめてカラーで掲載.好評の『眼科学』とあわせて学習すれば,試験対策は万全.

あわせて読む → 眼科学 第3版

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

第3版序文

1989年から行われている日本眼科学会専門医認定試験は、昨年までで22回を数えています。そのうち、第13回までの試験問題は本書「眼科専門医セルフアセスメント第1版」で、第17回までは「同第2版」で取り上げていますが、今般、第18回から第22回の5年分の問題の解説を加え、「眼科専門医セルフアセスメント第3版」を刊行することにしました。

眼科専門医認定試験は、その時々の眼科医療・医学のレベルに則し、眼科専門医が知っておくべき知識を問うています。その時点で評価の固まっていない新しい医学知識や亜まだ一般化していない特殊な検査法や治療法が出題されることはありません。また、重要な法律や制度の改正があれば、それをきちんと反映しています。まさしく専門医が身につけておく知識を確認するためのセルフアセスメントにうってつけの良質な教材ということが出来ます。

しかし、眼科専門医認定試験は毎年、日本眼科学会雑誌に問題が掲載されていますが、解答は公表されていません。従って、そのままでは卒後教育や生涯教育に使用することは困難です。そこで、専門医認定試験を題材としてそこに解説と解答を加え、自己学習のための教材としたのが、本書「眼科専門医セルフアセスメント」です。主に眼科専門医を志向する研修医の方々に利用して頂いていますが、すでに専門医となられた先生方にも生涯教育の格好のツールとして使用して頂いています。

この「第3版」の編纂と並行して、専門医および専門医志向者のための教科書である「眼科学」の改訂作業を進め、第2版として刊行しています。本書には亜「眼科学第2版」の参照頁を記入してあります。「眼科専門医セルフアセスメント」で知識を確認し、「眼科学」によってそれをさらに補強することによって、より効果的な学習が可能になるものと考えます。

本書が一人でも多くの眼科専門医志向者、眼科専門医の生涯教育に資することを願ってやみません。


2011年5月

編集者一同

■ 目次

1.構造とその病態

2.機能とその病態

3.眼科診断技術と検査

4.治療総論・内科的治療

5.外科的治療

6.救急と眼外傷

7.全身疾患と眼

8.基礎的知識

9.社会的知識

10.応用問題

眼科専門医認定試験出題分野一覧

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:96.2MB以上(インストール時:223.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:96.2MB以上(インストール時:223.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません