• M2PLUS
  • はじめてのリハビリテーション医学

はじめてのリハビリテーション医学

  • ISBN : 9784498067301
  • ページ数 : 220頁
  • 書籍発行日 : 2021年1月
  • 電子版発売日 : 2020年12月30日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,080 (税込)
ポイント : 56 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

リハビリ科は内科管理だけの科,なんて思っていませんか?

薬物や手術によって細胞レベルに働きかける通常の医学に対し,患者さんの活動に介入して細胞レベルにまで改善効果を及ぼすのがリハ医学.真のリハビリ科医は「活動医学のスペシャリストであり、究極のジェネラリスト」なのです.そんなリハビリ医学の魅力を,読みやすい会話形式で余すところなく伝えます.すべての医療系学生,医療者にお読みいただきたい一冊です!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに

“リハビリって何? リハビリ科って何してるの?”

こうした質問をコメディカルの学生、医学生や研修医に振ってみても、何やら難しい答えが返ってはくるものの、イマイチ要領を得ません。良い事前学習資料はないものかと医学書コーナーを見渡してみても、疾患や障害ごとのリハビリテーションの切り口で説明しようして膨大な量になり、各論の集合体の辞書と化してしまったものばかりでした。リハビリテーション医学、リハビリ科の人々とその仕事。自分たちのことをわかりやすく説明し、みんなに理解してもらえなければ、興味を持ってもらえません。他の科のイメージはそもそも正しく定着していることが多いのですが、リハビリ科の授業や実習ではいつも自分たちの解説から始める必要があります。

ただ、僕の授業を受けてくれる人は年間で百数十人程度です。ある時、学生から言われました。

― これ復習したいんですけど、教科書ありますか? え、ないんですか? じゃあ先生書いたらいいんじゃないんですか?

― そうだ、授業のことを本にしてみよう。そうしたらもっと色んな人にリハビリをアピールできるぞ……。こうして教育と臨床と研究の傍ら、僕はポチポチと原稿を書き始めました。

この本は、学生の講義や研修医の小講義でいつも最初に話しているリハビリテーション医学総論を整理して膨らませたものです。小難しい専門用語を排し、学生から大ベテランまで誰でもすんなり読むことが可能な、中堅のリハ医が語る(ある程度理想の)リハビリテーション医学。コメディカルの学生には将来を考える冒険の書として、医学生・研修医・他科の先生方にはリハビリ科を知る入り口として、コメディカルには自分の立ち位置を俯瞰するマイルストーンとして、療法士・リハ科医には自分たちの仕事を改めて言語化し、再確認し、布教(笑)する用の教科書としても使えるように書きました。

本文はリハ科医目線で語られているように読めてしまうかもしれません。でもリハスタッフ=患者さんに関わるすべての人に向けて書いているつもりですので、どの職種の人も主語を自分に置き換えて読んでみてください。また、難しい医学用語はなるべく使わずに脚注で追加で解説するようにしましたが、もしわからない単語が出てきても一周目は気にせず読み進めてください。


さぁ、明るく楽しいリハビリの世界へ!

ページをめくってください!


令和二年十一月

須田 万豊

■ 目次

イントロダクション

1 特徴1 リハ医学は活動医学〔理論編〕

一般的な医学の考え方

リハ医学の考え方 ―活動をみる

活動を改善させると細胞まで変化していく

2 特徴1 リハ医学は活動医学〔臨床編〕

もしも……ここがリハビリのない病院だったら

それではリハビリのある病院では

肺炎の人は立って歩いてはいけないの?

離床を妨げる「安静度」という名の罠

活動のスペシャリストであり、究極のジェネラリストである

3 特徴2 リハ医学は年齢・臓器別にあらず

活動の障害がある限り、すべての人が対象

笑顔の科、リハビリテーション科

リハ科医の仕事 ―外来編

4 特徴3 リハ医学は時と場所を選ばず

病院は患者さんの病期別に種類が分かれる

活動の障害がある限り、すべての病期が対象

5 特徴4 リハ医学は患者さんが患者さんを良くする

活動を良くする魔法の注射は存在しない ―練習あるのみ

リハビリ科スタッフはスポーツのコーチのようなもの

コーチングが難しい患者さんへのアプローチ ―あきらめたらそこで試合終了

スタッフはモチベーションを引き出せ

6 ユニークだけどコモンなリハ医学

みんなでみよう、?できるADL?と?しているADL?

リハビリ科はブラックボックスではありませんよ

リハビリ科とのうまい付き合い方

7 リハ医学の学び舎、回復期リハ病院

夢は買わずに売りましょう

回復期病院の基本知識

リハ医学の哲学をもって施設を構築すべし

回復期では患者さんの役割が変化していく

転倒リスクと向き合い、活動を上昇させる

8 特徴5 リハ医学は真のチーム医療

リハビリ科は人が人を良くする

看護師の役割

リハ医学のチーム医療

監督としてのリハ科医

9 リハ科医のはなし

リハ科医の回復期入院診察と頭の中

最高のリハ医療にリハ科医は不可欠

回復期病院のリハ科医の実際

保険・福祉制度に精通せよ

回復期までで終わらない。生活期も

10 特徴6 リハ医学は一〇〇人いれば一〇〇通り

正解がない学問、リハビリテーション医学

正解に近い戦略を導き出すには

チーム内議論が進むような文化を醸成せよ

11 リハスタッフになりたい人へ

優れたリハスタッフの資質

リハ看護師(リハナース)になりたい人へ

療法士になりたい人へ

12 リハ科医になりたい人へ

リハ科医の向き不向き

リハ科医への偏見

リハ科医の腕を磨くためには

リハ科医のココが楽しい

13 リハビリテーション医学の未来

思い出そう、夏休みの自由研究

研究におけるリハビリ科の強み

高齢化社会は世紀の大チャンス

未来を描くリハ医学の取組み ―デバイス編

未来を描くリハ医学の取組み ―ありとあらゆるアイディア編

打って出よ!


あとがき

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:6.8MB以上(インストール時:16.7MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:6.8MB以上(インストール時:16.7MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません