• M2PLUS
  • レジデントのための 心エコー教室 これから心エコーを始める人にお薦めの一冊

レジデントのための 心エコー教室 これから心エコーを始める人にお薦めの一冊

  • ISBN : 9784784949434
  • ページ数 : 255頁
  • 書籍発行日 : 2021年2月
  • 電子版発売日 : 2021年2月12日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,620 (税込)
ポイント : 84 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

基礎から学んで診断につなげる
心エコー上達のファーストステップ


セミナー講師として活躍中の執筆陣が、初学者のために書き下ろした入門書。
基本断面の描出から計測法、心機能の評価法まで基礎的事項をわかりやすくまとめています。
救急外来で遭遇することの多い18の疾患を取り上げ、画像の解釈、病態把握のポイントを解説。
さらに、連動したWeb動画が理解を助けます。

≫ 「レジデントのための」シリーズはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

まえがき


心エコー図は、循環器疾患の鑑別や程度、治療の選択やその効果判定などに広く利用されており、様々な施設で医師や技師がその検査を行っています。非侵襲的に心機能、血流、圧などといった多くの情報を得ることのできる検査は他にありません。では、研修医が心エコー検査を身につけると、どういったメリットがあるでしょうか?


救急外来では胸痛や息切れの患者が来た際に、虚血性心疾患かどうかなど疾患の鑑別ができ、不要な検査の削減と迅速で適切な治療方針選択が可能となります。また、病棟では、自分の受け持ち患者の病態把握ができます。


このような知識と経験は、循環器以外の科に進んだ時にも役に立ちます。息切れの原因は肺なのか心臓なのか? とか、整形外科の手術で全身麻酔だけど心臓は大丈夫? とか、輸血や補液を多量にしているが心臓に余力があるか? など様々な場面で心エコー検査の出番はあります。


このように大変役に立つ心エコー検査ですが、計測値や理論が多く、難しそうといった印象を受けるかもしれません。しかし、心エコー検査をする上では基本的な事項を理解しているかどうかで、得られる画像や検査結果の精度が大きく異なります。そこで、本書では必要な基本事項に関してわかりやすく記載しました。また、症例に関しては実際の救急外来で遭遇することの多い症例をメインに取り上げ解説しました。


執筆いただいた先生方は各自が心エコー検査のスペシャリストであり、それぞれの施設や地域において研修医対象のセミナー講師を務めておられます。そのため初学者が何を知りたいかをよく理解した上で執筆されており、研修医のみならず、これから心エコーを始めるすべての人に役に立つ内容となっています。本書をきっかけに心エコー検査を武器として身につけていただければと思います。


なお、本書はあくまでも初学者が対象であり、本書に記載されていることがすべてではありません。より詳しく知りたい場合は成書を参考にしてください。


2021年2月

藤田雅史

■ 目次

Ⅰ はじめに

1 心エコー検査について (藤田雅史)

2 POCUSとFoCUS (藤田雅史)

Ⅱ 各モードの特徴

1 断層法(Bモード法) (藤田雅史) 

2 M モード法 (藤田雅史) 

3 カラードプラ法 (藤田雅史) 

4 パルスドプラ法 (藤田雅史) 

5 連続波ドプラ法 (藤田雅史)

6 組織ドプラ法(藤田雅史)

7 スペックルトラッキング法 (藤田雅史)

Ⅲ 装置の調整

1 断層法における調整 (中島英樹)

2 カラードプラ法における調整 (中島英樹)

3 パルスドプラ法・連続波ドプラ法における調整 (中島英樹)

Ⅳ 代表的なアーチファクト

1 多重反射 (三上秀光)

2 サイドローブ(三上秀光)

3 音響陰影 (三上秀光)

4 ミラーイメージ (三上秀光)

Ⅴ 基本断面の描出

1 エコーウィンドウ (三上秀光)

2 胸骨左縁アプローチ ①長軸断面 (三上秀光)

3 胸骨左縁アプローチ ②短軸断面 (三上秀光)

4 胸骨左縁アプローチ ③右室流入・流出路断面 (三上秀光)

5 心尖部アプローチ (三上秀光)

6 心窩部アプローチ (三上秀光)

7 胸骨上窩アプローチ (三上秀光)

8 胸骨右縁アプローチ (三上秀光)

Ⅵ 基本計測項目

1 Mモード法 (中島英樹)

2 Bモード法 (西尾 進)

3 ドプラ法 (有吉 亨)

Ⅶ 左心機能

1 左室収縮能 (三上秀光)

2 左室拡張能 (三上秀光)

Ⅷ 右室圧(肺動脈圧)の推定

1 簡易ベルヌーイ式 (藤田雅史)

2 三尖弁逆流からの右室圧推定 (藤田雅史)

Ⅸ 左室壁運動異常の読み方

1 壁運動と壁厚変化 (大沼秀知)

2 壁運動異常(asynergy) (大沼秀知)

3 心室同期不全(dyssynchrony) (大沼秀知)

Ⅹ 救急外来における心エコー

1 虚血性心疾患(大沼秀知)

2 たこつぼ心筋症 (大沼秀知)

3 大動脈解離 (三上秀光)

4 肺血栓塞栓症(西尾 進)

5 肺高血圧症 (藤田雅史)

6 急性心筋炎 (有吉 亨)

7 大動脈弁狭窄症(AS) (中島英樹)

8 大動脈弁閉鎖不全症(AR) (中島英樹)

9 僧帽弁閉鎖不全症(MR) (中島英樹)

10 肥大型心筋症(有吉 亨)

11 拡張型心筋症(有吉 亨)

12 心アミロイドーシス (有吉 亨)

13 心サルコイドーシス (有吉 亨)

14 感染性心内膜炎 (西尾 進)

15 心タンポナーデ (中島英樹)

16 粘液腫 (藤田雅史)

17 肺うっ血 (西尾 進)

18 心不全と判断するには (西尾 進)

Ⅺ プローブを当てた瞬間にどう考えるか

1 左房が大きい(藤田雅史)

2 左室が大きい(藤田雅史)

3 右室が大きい(西尾 進)

4 左室壁が厚い(大沼秀知)

5 大動脈弁が高輝度で動きが悪い (中島英樹)

6 左室壁運動がびまん性に低下 (大沼秀知)

7 左室壁運動が局所的に低下 (大沼秀知)

8 心内に異常構造物がある (有吉 亨)

9 上行大動脈が太い (有吉 亨)

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:30.7MB以上(インストール時:66.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:30.7MB以上(インストール時:66.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません