• M2PLUS
  • 救急医学 2021年3月号 第45巻第3号 災害医療~それぞれの10年を振り返って

救急医学 2021年3月号 第45巻第3号 災害医療~それぞれの10年を振り返って

  • ISBN : 9784012004503
  • ページ数 : 129頁
  • 書籍発行日 : 2021年3月
  • 電子版発売日 : 2021年3月11日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,080 (税込)
ポイント : 56 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集 災害医療~それぞれの10年を振り返って

2021年3月11日、東日本大震災から10年が経過します。あのとき、何が起きて、どんな問題が浮き彫りになったのか。さまざまな立場・テーマから“それぞれの10年”を振り返り、現場でご苦労を重ねられた先生方の“生の声”をお届けします。

救急医学バックナンバー

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

特集 災害医療~それぞれの10年を振り返って


2011年3月11日14時46分,日本の観測史上最大規模の地震が東北地方を襲いました。東北地方太平洋沖地震,東日本大震災です。死者・行方不明者は20,000人近くに及び,大規模な自然災害の脅威をまざまざとみせつけられたと同時に,津波災害の破壊力,原子力発電所事故の混乱,新興住宅地における液状化現象,都市部における帰宅難民の発生など,これまでの災害対策では対応しきれない,数々の問題が浮き彫りになりました。さらには,長期にわたる避難所での生活環境問題,被災者・支援者等の精神的問題,有事の際に診療を継続するBCP 確立の重要性といった課題も掲げられました。

2021年3月11日,あの日から10年が経過します。多くの人々の努力によって,元通りではなくとも地域の復興は進み,社会生活や保健福祉,医療も日常を取り戻してきたと思われます。その一方で,当時の記録や記憶は少しずつ,風化している部分があるかもしれません。また,本誌読者のなかにも例えば東日本大震災を学生時代に経験し,なかなか実感が伴わない方もいるでしょう。であるからこそ,10年の節目にあたるこのタイミングで,われわれが経験したかつてない規模の自然災害が起きたあのとき,何が起きて,どんな問題が浮き彫りになったのかを,救急医療に携わる皆様に改めてお伝えしたいと思います。今日まで10年の月日を経て,何が,どのように変わってきたのかを紙面の記録として残すことは,“救急医学”を冠にする本誌の重要な責務であるはずです。

今こそ,「災害医療」の10年をテーマにした特集号をお届けします。

今回ご執筆いただいた先生方には,災害対応にあたった医療現場,災害対策にあたった行政機関,そして現場派遣に応じた救急医など,さまざまな立場・テーマから“それぞれの10年”を振り返り,当時浮き彫りになった課題・問題に対してこの10年でどのような対応策が構築されてきたのか,現場でご苦労を重ねられた先生方の“生の声”を頂戴しました。貴重な経験と,問題解決に正面から取り組まれた10年間の道筋が,本特集を通じレガシーとして次の世代に伝えられ,そして,いつかくる“そのとき”の備えにつながることを願っております。


『救急医学』編集委員会
企画担当:筑波大学医学医療系救急・集中治療医学 井上 貴昭

■ 目次

特集 災害医療~それぞれの10年を振り返って

Ⅰ.被災地医療機関の10年

 被災地における救命救急センターの役割とこの10年/石巻赤十字病院救命救急センター 小林 道生

 公立志津川病院での被災から考える,垂直避難と災害急性期活動の課題;この10年で進めた医学研究と教育活動をふまえて/東北大学病院総合地域医療教育支援部(消化器内科兼務) 菅野 武

 岩手県立高田病院における被災状況と,災害医療対応/岩手県立大東病院内科/前・岩手県立高田病院内科 上野 正博 他

 岩手県立高田病院における復興の10年/岩手県立高田病院 田畑 潔

Ⅱ.放射線災害医療の10年

 福島第一原子力発電所事故とその後の安全管理,地域の健康,復興の10年/福島県立医科大学医学部放射線災害医療学講座 長谷川 有史

 放射線災害医療と正面から向き合った10年/福島県ふたば医療センター/同センター附属病院 谷川 攻一

Ⅲ.避難生活と支援体制の10年

 被災地における避難所生活/日本赤十字看護大学国際・災害看護学 内木 美恵

 災害支援ナースの10年/東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科看護先進科学専攻 佐々木 吉子

 被災者・支援者・医療者のメンタルヘルスケアの10年/筑波大学医学医療系臨床医学域災害・地域精神医学 太刀川弘和 他

Ⅳ.災害医療行政・体制の10年

 災害政策の10年/大阪大学医学部附属病院高度救命救急センター 酒井 智彦

 東日本大震災におけるDMAT活動とこの10年/国立病院機構本部DMAT事務局 小井土雄一 他

 自衛隊における災害医療・支援活動の10年/防衛医科大学校防衛医学講座 清住 哲郎

 BCP の確立と普及,そして課題/岡山大学大学院医歯薬学総合研究科災害医療マネジメント学講座 中尾 博之

 防ぎえた災害死/東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科救急災害医学 大友 康裕

連載

救急医四方山話

 ジェダイ騎士に学ぶ/加古川中央市民病院救急科 中田 一弥

地域とつながる 社会に広める 救急ツール・救急システム

 第7回 みんなで作るAEDマップ「AED N@VI」/東京ベイ・浦安市川医療センター救急集中治療科/公益財団法人日本AED財団 本間 洋輔

災害医療体験記

 第17回 町保健師,災害現場で奔走す。―熊本地震と令和2年豪雨での経験/甲佐町健康推進課健康推進係 木村 真澄

原著論文

 当センターにおける大腿骨近位部骨折術後患者の下肢深部静脈血栓症に関する検討/藤田医科大学病院中央診療部FNP室 田元 成仁 他

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:10.6MB以上(インストール時:25.5MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:10.6MB以上(インストール時:25.5MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません