• M2PLUS
  • ER必携 これだけは身につけたい外来診療の第一手

ER必携 これだけは身につけたい外来診療の第一手

  • ISBN : 9784784903825
  • ページ数 : 289頁
  • 書籍発行日 : 2021年3月
  • 電子版発売日 : 2021年3月26日
  • 判 : B6判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,950 (税込)
ポイント : 90 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

ER型の研修で身につけるべき各診療科における外来診療の第一手がこの一冊に!

・重症で緊急度の高いものはもちろん、軽症だが頻度の高いもの、稀だが絶対に外せないものまで、救急外来におけるありとあらゆる第一手を網羅!
・定石だけでなく、一見すると疑問に思える対応についてもその詳細を解説。
・救急外来を離れた後の次の一手や長期フォローまでを盛り込んだ、まさに救急外来で「必携」の内容です!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

序 文


「ものすごい本」が完成した。完成した本書を見たときの感想である。

どこが「ものすごい」か。まずは網羅性の高さだ。ざっと目次を見て頂きたい。各種疾患,診断,主訴,処置,手技,救急ならではの特殊な対応など,120を超える項目が並んでいる。重症で緊急度の高いものはもちろん,軽症だが頻度の高いもの,稀だが絶対に外せないもの,救急に従事するときに必要な心構えなど,これだけは身につけたい外来診療のありとあらゆる第一手が並んでいる。このサイズでこれだけの重要事項が網羅されている書籍はほかにない。

次に「ものすごい」点は,執筆者の顔ぶれだ。どの執筆者も臨床最前線を経験されている,そうそうたる面々である。立場は様々だが,現場を知らない執筆者が一人もいないというのは大きな強みである。また,各専門分野の立場から,間違いのない第一手をわかりやすく執筆して頂いたのみならず,失敗談や心温まるほっこりしたエピソードも披露して頂いた。専門性もさることながら,このような貴重な経験を共有して頂いたのは大変心強い。

さらに「ものすごい」のは,実用性の高さだ。多くのマニュアル本は記載内容が平坦で,どこが大切なのかよくわからない。本書には定石,好手,妙手だけでなく,一風変わった奇手や,疑問手,悪手についても詳細に書かれている。さらに救急外来を離れたあとの次の一手,長期フォローアップまで書かれている本はめずらしい。医療は日々進歩しており,当然今日の常識が明日の非常識に,好手が悪手に,またはその逆になることもあるだろう。しかし,丁寧に執筆されている各執筆者の語り口をたどれば,将来的にもその診療の位置づけがわかるはずだ。

本書があればあらゆる状況で困ることはない,とまでは言わない。しかし,こと救急の第一手に関しては,まさに“ER必携”。現場の医師が最初に手に取るべき本として比類のない1冊であることを保証する。皆様の中に今後の救急診療の礎が必ず形成されるはずだ。


2021年2月 慈泉会相澤病院救命救急センター

山本基佳

■ 目次

1章 救急系

 心肺停止系

 心肺停止

 ショック系

 ショック

 救急ならではの主訴

 意識障害

 窒息

 縊頸

 中毒系

 中毒

 自然毒

 急性アルコール中毒

 環境系

 熱中症

 低体温症

 溺水

 高山病

 火事場からの搬送

 処置系

 気道緊急

 人工呼吸器

 酸素投与

 麻酔・鎮静

 急性期の輸液

 静脈ライン確保困難

 輸血(非外傷)

 小外科的な処置

 骨折の固定

 縫合・テーピング

 局所麻酔

 その他救急ならではの対応

 死後の対応

 救急終末期の対応

 犯罪や暴力との接触

 帰宅時の対応

 緊急手術が決まったら

2章 内科系

 内科一般

 失神

 一過性の血圧上昇

 横紋筋融解症

 感染症系

 かぜ・インフルエンザ・咽頭炎

 肺炎

 尿路感染症

 胆嚢炎・胆管炎

 髄膜炎・脳炎

 皮膚・軟部組織感染症

 性感染症

 帰国後発熱・渡航感染症

 敗血症

 循環器内科系

 心筋梗塞・狭心症

 心不全

 不整脈・動悸

 心タンポナーデ

 肺塞栓症

 呼吸器内科系

 気管支喘息

 慢性閉塞性肺疾患(COPD)憎悪

 胸水

 CO2ナルコーシス

 脳神経内科系

 脳梗塞・脳出血・一過性脳虚血

 めまい症・小脳梗塞・小脳出血

 けいれん

 一過性全健忘

 ギランバレー症候群

 消化器内科系

 大腸憩室炎

 上部消化管出血(吐血,下血)

 下部消化管出血(血便)

 感染性腸炎・食中毒

 総胆管結石

 急性膵炎

 腎臓内科系

 高カリウム血症

 低カリウム血症

 低・高ナトリウム血症

 その他の電解質異常

 急性腎障害・透析

 糖尿病内科系

 低血糖

 異常高血糖

 ホルモン異常

 その他内科系

 不明熱

3章 外科系

 腹部外科系

 急性虫垂炎

 消化管穿孔

 腸閉塞・イレウス

 鼠径ヘルニア・大腿ヘルニア・閉鎖孔ヘルニア

 胸部外科系

 気胸

 心臓血管外科系

 大動脈解離

 大動脈瘤破裂・切迫破裂

 急性動脈閉塞

 脳神経外科系

 くも膜下出血

 乳腺外科系

 乳腺炎・乳腺疾患

 整形外科系

 大腿骨近位部骨折

 その他長管骨骨折

 脱臼・肘内障

 コンパートメント症候群

 アキレス腱断裂

 腰痛症

 痛風・偽痛風・化膿性関節炎

4章 マイナー系

 泌尿器科系

 尿路結石

 急性陰嚢症

 その他泌尿器科

 産婦人科系

 妊娠・異所性妊娠

 卵巣茎捻転・卵巣出血

 産科危機的出血

 妊娠高血圧症候群・HELLP症候群・子癇

 妊婦・授乳婦への薬物投与,予防接種

 眼科系

 眼科救急

 耳鼻咽喉科系

 鼻副鼻腔炎・中耳炎・耳下腺炎

 鼻出血・耳出血(鼓膜損傷)

 扁桃周囲膿瘍・急性喉頭蓋炎

 外耳道異物・鼻腔異物

 皮膚科系

 帯状疱疹

 刺咬症(蛇・クラゲ・虫など)

 歯科口腔外科系

 歯科救急

 アレルギー系

 アナフィラキシー

 蕁麻疹・アレルギー

 精神神経科系

 自殺企図・希死念慮

 不眠

 寄生虫系

 救急の寄生虫疾患

 小児科系

 小児の発熱

 小児の診察の工夫

 放射線科系

 造影CT

5章 外 傷

 多発外傷

 多発外傷・鈍的外傷

 鋭的外傷

 頭部

 頭部外傷(小児)

 頭部外傷(成人)

 顔面

 顔面外傷

 胸部

 外傷性血気胸・外傷性心タンポナーデ

 肋骨骨折・肩甲骨骨折

 腹部

 腹部外傷

 骨盤

 骨盤骨折

 四肢

 四肢外傷

 脊椎

 頸椎捻挫

 脊髄損傷・脊椎外傷

 ちょっとした傷

 傷と湿潤療法

 動物咬傷

 破傷風

 爪の外傷

 熱傷・特殊熱傷

 凍傷

索引

謝辞

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:9.1MB以上(インストール時:26.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:9.1MB以上(インストール時:26.4MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません