• M2PLUS
  • やさしくわかる心エコーの当て方・見かた

やさしくわかる心エコーの当て方・見かた

  • ISBN : 9784758107624
  • ページ数 : 201頁
  • 書籍発行日 : 2021年2月
  • 電子版発売日 : 2021年4月16日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,620 (税込)
ポイント : 84 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

プローブの当て方と心エコー像の対比で,心臓を思い通りに見る方法がすぐわかる!プローブの持ち方から画像の計測・評価,報告レポートの書き方まで解説した,初学者にやさしい実践書!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに


心エコー検査は心臓の構造と機能を非侵襲的に可視化して評価することで臨床診断や治療方針の決定にとても役立ちます.しかし,明瞭に描出し,観察と計測を行い,ガイドラインや教科書に従ってレポート作成まで行きつくことは決して簡単ではありません.

これまで心エコーを解説した書籍は多数出版されていますが,プローブの持ち方からレポート作成までを取り上げたものは見当たりません.本書は,検査の流れに沿って重要ポイントを中心に丁寧に説明するとともに,シェーマと具体的な計測方法や説明を加えた静止画だけでなく,その動画を供覧することで分かりやすく実践に役立つように企画しました.さらに,多くのセミナーや技術指導で使用したスライド資料を基にして,本書作成時の最新のガイドラインに準拠するだけでなく,過去のガイドラインであっても実践に役立つと思われる基準も取り上げています.

スライド資料を用いて説明している内容を文章でわかりやすく表現するのは一苦労でしたが,羊土社編集部の鈴木さんや中島さんの多大なるご支援とアドバイスで完成できたことに心より感謝しています.誤解を招く表現や評価には十分注意して校正を行いましたが,疑問に思った場合にはご意見いただければと思います.

診断基準や評価方法も日進月歩で変化していますので,教科書だけでなく最新のガイドラインにも目を通していただきながら,検査のときに本書を手元に置いて患者さんの診療に役立てていただければ幸いです.


2021年2月

医療法人 末次医院 循環器内科/NEC 医療ソリューション事業部
野間 充

■ 目次

◆ はじめに

◆ 動画視聴ページのご案内

◆ 心臓の解剖図

第1章 心エコー検査をはじめるには

1)第1章の概要

2)心エコー機器の基本

3)プローブの扱い方

4)心臓と大血管が描出できるプローブ位置

5)エコーについて知っていると役立つこと

第2章 心臓の適切な断面描出と検査フローを学ぼう

1)検査の概略

2)左室長軸断面の描出

3)短軸断面の描出

4)心尖部からの描出

5)心窩部からの描出

第3章 心エコーで心臓を観察・計測してみよう

1)適切な観察・計測のポイント

2)胸骨左縁左室長軸断面

3)短軸断面での観察

4)心尖部断面での観察・計測

5)心窩部断面での観察・評価

6)不整脈患者の計測方法

第4章 心機能を評価できるようになろう

1)心臓のポンプ機能

2)左室収縮能の評価

3)左室拡張能の評価

4)動きの評価

5)心筋の異常の評価

第5章 血行動態を評価できるようになろう

1)心内圧の推定方法

2)1回拍出量の推定

3)逆流量の推定

4)シャント量の推定

第6章 弁の異常の評価ができるようになろう

1)大動脈弁

2)僧帽弁

3)三尖弁

4)肺動脈弁

5)人工弁

6)感染性心内膜炎

第7章 疾患を評価しよう

1)大動脈疾患

2)先天性心疾患

3)腫瘤性病変

第8章 報告レポート作成のポイント

1)レポート作成の基本

2)コメントの付け方

3)心エコーレポートの良い例・悪い例

◆ 付録

①用語一覧

②頻出計算式一覧

③正常値一覧

◆ 索引

◆ 著者プロフィール

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:19.7MB以上(インストール時:42.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:19.7MB以上(インストール時:42.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません