• M2PLUS
  • Medical Practice 2015年 5月号(32巻5号)最新の高血圧の実地診療~知っておくべき最新情報とその活かしかた

Medical Practice 2015年 5月号(32巻5号)最新の高血圧の実地診療~知っておくべき最新情報とその活かしかた

  • ISBN : 9784011303205
  • ページ数 : 174頁
  • 書籍発行日 : 2015年5月
  • 電子版発売日 : 2021年6月9日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,750 (税込)
ポイント : 50 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集テーマは,「最新の高血圧の実地診療~知っておくべき最新情報とその活かしかた」.記事として,[座談会]実地医家が知っておくべき高血圧治療ガイドライン2014のポイント,[この症例から何を学ぶか] “PRES”を疑われた2例,[One Point Advice],[今月の話題]関節リウマチ治療薬とその副作用,[知っておきたいこと ア・ラ・カルト]デング出血熱/モイメンリンほか,[今月の疾患]好酸球性副鼻腔炎,他を掲載.

≫ 「Medical Practice」最新号・バックナンバーはこちら
Medical Practice(2021年・年間予約購読)受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

最新の高血圧の実地診療

世界に冠たる新治療ガイドラインと高血圧診療の新たな出発


2014 年,ガイドライン作成委員会島本和明委員長のもと,40 名の執筆委員,79 名の査読委員をはじめ総勢151 名の先生方の心血を注いだ「高血圧治療ガイドライン2014」が完成,発刊されました.前回のガイドライン以来蓄積された日本発の高血圧に関するエビデンスに基づき,かつDelphi 法(2 回以上の質問票郵送で一人で考える)などの方式を取り入れ,広く実地医家の先生方からの意見も集約されて,極めて客観的で,日本の実地診療に即した素晴らしいガイドライン(evidence based consensus ガイドライン)となりました.昨今どの学会でもガイドラインの作成と標準医療の確立が叫ばれておりますが,このガイドラインは,他学会のガイドライン策定の範となりうるものであり,また世界のガイドラインに盲従するものでなく,まさに世界に冠たるガイドラインとなっております.

今回の特集では,このガイドラインの重要点を中心に,その内容をいかに実地医療に活用していけばいいかというポイントに立って編まれました.〈総論〉,〈セミナー〉,〈治療〉各項目の内容を把握していただくことで,十分新ガイドラインの理解と活用が可能になると考えております.また〈トピックス〉では,時間経過の中で種々の合併症を引き起こし進行していく高血圧に対する「時間医療」的アプローチ,高血圧の中で極めて頻度の高いアルドステロン症に対する侵襲的治療法を紹介してします.〈座談会〉では,2004 年のガイドライン作成委員会委員長であられた猿田享男先生から,過去のガイドラン作成の歩みと今回のガイドラインの位置づけを述べていただき,実地医家の立場から宮川政昭先生より,ガイドラインの“ 使い勝手” についての忌憚ない意見をいただきました.

患者数4000 万人以上,最も患者数の多い疾患である高血圧は,専門がなんであれ,医師として日常診療で遭遇対処しなければならない疾患であります.今回の特集を読まれた先生方には,その診療に必要なノウハウをかなり十分な形で吸収していただけるものと考えております.


伊藤 裕

慶應義塾大学医学部 腎臓内分泌代謝内科学

■ 目次

特集

扉 / 伊藤 裕

[総説:実地医家によるこれからの高血圧診療の課題の克服]

高血圧治療ガイドライン2014に基づいた
高血圧医療と今後の方向性/島本和明

高血圧患者のリスクの統合的評価に基づいた
診療のすすめかた/住友和弘ほか

血圧変動のリスクの臨床評価に基づいた
診療のすすめかた/ 星出 聡ほか

[座談会]

実地医家が知っておくべき高血圧治療ガイドライン2014のポイント 出席者/和田 攻・猿田享男・伊藤 裕・宮川政昭

[セミナー:実地医家による実践的高血圧診療のポイント]

家庭血圧測定・自由行動下血圧測定の実際とその意義/今井 潤

実地医家からみたガイドラインと
降圧治療の現場/宮川政昭

減塩指導─実践的食事指導のすすめかた─/土橋卓也

第一選択薬と降圧療法の組み立てかたとすすめかた/島田和幸

肥満,糖尿病と高血圧─とらえかたと診療のすすめかた─/田中正巳

高血圧患者の心機能評価とその対応のすすめかた/川田貴之ほか

高血圧と腎臓─CKD患者への対応のすすめかた─/尾股 慧ほか

降圧療法と認知能─リスク因子としての高血圧診療のすすめかた─/大蔵隆文ほか

難治性高血圧症の日常診療のすすめかた/市原淳弘

高血圧の臨床研究の在りかたと問題点/植田真一郎

[トピックス:実地医家が知っておくべき最新の話題]

高血圧ワクチンの展望/中神啓徳ほか

「ソルトメモリー」と高血圧/小口英世ほか

アルドステロン産生副腎腫瘍に対するラジオ波焼灼術/森本 玲ほか

[治療:特定の高血圧の実地診療のすすめかた]

脳血管障害の降圧治療の管理のすすめかた/棚橋紀夫

高齢者高血圧治療のポイントとすすめかた/杉本 研ほか

女性の高血圧医療─妊娠と更年期の高血圧診療のすすめかた─/鈴木洋通

原発性アルドステロン症の治療ガイドラインと実地診療のすすめかた/柴田洋孝

新しい降圧薬とその実地診療の活用/茂木正樹ほか

[この症例から何を学ぶか]

“PRES”を疑われた2例/平塚 健ほか

[Self-assessment test]

連載

〈今月の疾患〉

好酸球性副鼻腔炎/藤枝重治

〈One Point Advice〉

高カリウム血症は食塩制限で悪化することがある/高市憲明

肺がん治療の進歩/清水哲男

エビデンスについて考える/坂田泰彦

アルコール摂取と腹部大動脈瘤/森田啓行

人口減少社会/兼本成斌

心臓再同期療法について/安藤献児

血清CRPの測定意義と測定値の解釈/藤田哲二

悪液質の早期発見と包括的対応/若林秀隆

〈今月の疾患〉

関節リウマチ治療薬とその副作用/神田浩子

〈知っておきたいこと ア・ラ・カルト〉

デング出血熱/モイメンリンほか

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:19.2MB以上(インストール時:43.6MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:19.2MB以上(インストール時:43.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません