• M2PLUS
  • 形成外科 2018年3月号【特集】アンチエイジング最前線

形成外科 2018年3月号【特集】アンチエイジング最前線

  • ISBN : 9784014106103
  • ページ数 : 124頁
  • 書籍発行日 : 2018年3月
  • 電子版発売日 : 2021年6月9日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,300 (税込)
ポイント : 60 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

第61巻3号 超高齢化社会に関する問題に科学的・学術的に取り組むべく抗加齢医学会が設立された。学会を通じて加齢現象や老化の研究が進み,病的な老化プロセスを予防する抗加齢医学が追及されている。本特集ではアンチエイジング治療(抗加齢医療)の最新情報を,各界の専門家の先生方に解説していただいた。(「企画にあたって」より)

≫ 「形成外科」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

企画にあたって


日本人の平均寿命は,約70年前(1945年)のおよそ50歳から,一昨年(2016年)には女性87歳,男性80歳に大幅に延びています。この平均寿命の延びは,世界の先進国の中でも顕著であり,その背景には,わが国の医学の進歩,優れた衛生環境,栄養状況の改善など諸々の要因があります。

しかし同時に,世界に例を見ない超高齢化社会を形成しつつあり,高齢者の医療費も膨張する一方です。したがって,健康な長寿をいかに保持するかが国家的な課題になっているのが現状です。

この問題に,科学的・学術的に取り組むべく抗加齢医学会が2001年に設立されたことは周知のことと思います。この学会を通じて,さまざまな分野から,加齢現象や老化の研究が進み,病的な老化プロセスを予防する抗加齢医学が追及されています。

本企画では,美容や創傷治癒に深いかかわりをもつ形成外科医にとって大変関連のある,アンチエイジング治療(抗加齢医療)の最新情報を,各界の専門家の先生方に解説していただきました。

本特集が,高齢者の治療や,老化予防を希望する患者の治療にあたっている形成外科医の日々の診療に役立つことを願っています。


埼玉医科大学形成外科・美容外科 中塚貴志

■ 目次

随想

「学会入会のススメ」

特集 アンチエイジング最前線

企画にあたって

抗加齢医学の歴史・背景と現状

泌尿器科領域のアンチエイジング最前線

眼科領域のアンチエイジング最前線

整形外科領域のアンチエイジング最前線

生活習慣病と認知症

放射線診断学から見たアンチエイジング

連載

形成外科NEXT─次世代の本音─:1ではなく,0から

教室だより北~南:慶應義塾大学医学部 形成外科学教室

さるすべる─形成外画─

症例

脊椎インプラント露出に対し広背筋皮弁で再建した2例

洗浄療法中に著明な低ナトリウム血症を呈した熱傷を伴う化学損傷の1例

双極電気メスと色素レーザー治療を併用した複合療法を行った難治性尋常性疣贅の1例

工夫

尿素クリームの変形爪治療への応用


外国文献抄訳

INFORMATION

投稿規定

特集タイトル,バックナンバー一覧

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:9.6MB以上(インストール時:21.8MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:9.6MB以上(インストール時:21.8MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません