• M2PLUS
  • 麻酔 2018年2月号 投稿論文掲載号

麻酔 2018年2月号 投稿論文掲載号

  • ISBN : 9784014006702
  • ページ数 : 136頁
  • 書籍発行日 : 2018年2月
  • 電子版発売日 : 2021年6月9日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,860 (税込)
ポイント : 52 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

投稿論文掲載号

巻頭言:卒後臨床研修制度 (竹内 護)
講座:ロボット支援腹腔鏡下手術における皮下気腫の発生頻度 (水野 樹ほか)
臨床経験:乳腺外科手術におけるアセトアミノフェン注射剤定期投与による術後鎮痛効果の検討 (吉武美緒ほか)

≫ 「麻酔」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 目次

故東京大学名誉教授山村秀夫先生を偲びながら謹んで捧げます (花岡一雄)

巻頭言

卒後臨床研修制度 (竹内 護)

講座

ロボット支援腹腔鏡下手術における皮下気腫の発生頻度 (水野 樹ほか)

臨床経験

乳腺外科手術におけるアセトアミノフェン注射剤定期投与による術後鎮痛効果の検討 (吉武美緒ほか)

短報

全身麻酔下の子宮筋腫核出術中に低酸素血症を来した1症例 (西山芳憲)

気胸から索状血管断裂による血胸を合併し術後に再膨張性肺水腫となった1症例 (牧野麻美ほか)

成人右室二腔症の麻酔経験 (長屋 慶ほか)

特発性間質性肺炎を合併した患者の腸骨動脈ステントグラフト内挿術において脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔とデクスメデトミジンで術中管理した麻酔経験 (渡部恭大ほか)

術中異常高血圧を契機に発見された後縦隔原発傍神経節細胞腫の1症例 (室伏真里ほか)

非定型的な消化器症状で受診し,急性冠症候群との鑑別を要した大動脈解離の1症例 (山口 聡)

頭部後屈および下顎挙上制限のある患者に対する全身麻酔の2症例 (鈴木俊輔ほか)

アナフィラキシーショックに対するアドレナリン投与によりSAMが原因と考えられる循環不全を来した僧帽弁形成術の1症例 (則内 梓ほか)

経カテーテル大動脈弁留置術後,一時的に完全房室ブロックとなった症例 (西 啓亨ほか)

第VIII因子インヒビターを有する血友病A患者の麻酔経験 (楠戸絵梨子ほか)

術後疼痛を契機にせん妄を来した症例 (平井規雅ほか)

紹介

気管挿管の歴史:7.19世紀までの気管挿管の歴史のまとめ (浅井 隆)

Meyer Saklad来日直前5年間の日本における気管麻酔の情報 (松木明知)

戦後初めて“気管麻酔”の技術を習得した日本の外科医・石川七郎 (松木明知)

現代日本麻酔科学史草創期のアメリカ留学者 (松木明知)

下大静脈腫瘍塞栓摘出を伴う泌尿器科手術における経食道心エコー検査の役割 (柚木一馬ほか)

非閉鎖式動脈圧ライン回路からの採血時の三方活栓操作が採血結果に与える影響についての検討 (高島史樹ほか)

当院におけるアコースティック呼吸数モニタリングシステムの経時測定データ整理テンプレートファイルの作成について (川西秀明ほか)

保険診療上の麻酔困難症例における術後合併症発生予測因子の検討 (丸岡 司ほか)

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:6.9MB以上(インストール時:17.6MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:6.9MB以上(インストール時:17.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません