• M2PLUS
  • 医学のあゆみ271巻1号 トランスポーターのすべて

医学のあゆみ271巻1号 トランスポーターのすべて

  • ISBN : 9784006027101
  • ページ数 : 120頁
  • 書籍発行日 : 2019年10月
  • 電子版発売日 : 2021年6月11日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,640 (税込)
ポイント : 48 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

トランスポーターのすべて
企画:楠原洋之(東京大学大学院薬学系研究科分子薬物動態学)


・トランスポーターは脂質膜内外のイオン・低分子化合物を輸送する膜蛋白質である.分子内に基質結合部位を持ち,基質濃度の増加に伴う輸送速度の飽和,他物質による基質結合部位の競合から輸送速度の低下を生じうる.
・機能未同定のものを含めて400種以上が知られており,その生理機能は多岐にわたる.トランスポーター機能の欠損により基質となる物質の蓄積や欠乏を生じることで,疾患の要因または疾患修飾因子となりうる.
・本特集では,疾患・薬物療法におけるトランスポーターの重要性およびその解析法について,さまざまな角度から最新の知見を紹介する.薬物トランスポーター研究の現状を把握するうえでの一助になれば幸いである.

≫ 「医学のあゆみ」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに

楠原 洋之
東京大学大学院薬学系研究科分子薬物動態学


トランスポーターは脂質膜内外のイオン・低分子化合物の輸送を行う膜蛋白質であり,分子内に基質結合部位を持つ点を特徴とし,基質濃度の増加に伴う輸送速度の飽和,ほかの物質による基質結合部位の競合による輸送速度の低下を生じうる.また,トランスポーターによる輸送の特徴として,基質化合物の電気化学的勾配に従うほか,ATPの結合および水解との共役,ほかのイオンや化合物の濃度勾配を利用することで,ポンプとしても働きうる.これまでに機能未同定のものを含めて400種以上が知られており,その生理機能は多岐にわたる.そのため,トランスポーター機能の欠損により基質となる物質の蓄積や欠乏を生じることで,疾患の要因あるいは疾患修飾因子となりうる.

また,トランスポーターは創薬標的でもあり,これまでに神経伝達物質の膜輸送に関わるトランスポーターや,尿酸や糖の尿からの再吸収に働くトランスポーターに対する医薬品が開発され,最近では消化管における胆汁酸吸収に働くトランスポーター阻害薬が承認された.トランスポーターの機能欠損を原因とした遺伝性疾患に対しても,遺伝子治療あるいは翻訳後修飾を対象とした治療薬の開発が大きく進展した.さらに一部のトランスポーターは,薬物や生体外異物,代謝物の組織分布を制限する関門機構,あるいは体外への排出を促進するなど,異物解毒機構としても働き,薬剤応答性にも関連している.薬物のオフターゲット効果として,こうした薬物動態に関連するトランスポーター機能の修飾(阻害や誘導)により生じる薬物相互作用のほか,内在性代謝物の動態変動を生じることも見出されている.プロテオミクス,PET(positron emission tomography)を利用したヒト個体レベルでの機能評価方法,数理モデル解析など,細胞・臓器・個体レベルの各階層におけるトランスポーターの機能解明に大きく貢献する研究技術も発展している.

本特集では疾患・薬物療法におけるトランスポーターの重要性およびその解析法について,さまざまな角度から最新の知見を紹介したい.トランスポーター研究を紹介する機会をいただきました本誌関係諸氏,執筆のご助力を賜りました先生方にこの場を借りて深謝するとともに,本特集が,読者の薬物トランスポーター研究の現状を把握するうえでの一助になれば幸いである.

■ 目次

トランスポーターが関連する疾患研究

コレステロール恒常性維持に関わるABCA1と疾患・創薬……小倉正恒

ABCトランスポーターとAlzheimer病……王文博・他

リソソーム局在型アミノ酸トランスポーターを標的とした免疫難病治療への挑戦……反町典子・小林俊彦

トランスポーターから究明する亜鉛恒常性システムの重要性……原貴史・他

中枢神経系細胞に発現する薬物トランスポーターとその働き……石本尚大・加藤将夫

Na+/Ca2+交換輸送体の構造・機能の解明から治療への応用……岩本隆宏・他

PET分子イメージング活用創薬――ヒトでの薬物動態を中心に……渡辺恭良・向井英史

リボフラビントランスポーターRFVT/SLC52Aの関わる遺伝性疾患……米澤淳

トランスポーターを対象とする疾患治療薬の開発

グルコーストランスポーター1欠損症の遺伝子治療……小坂仁・中村幸恵

腫瘍細胞のアミノ酸トランスポーターを標的としたがん診断と治療の開発……金井好克

胆汁酸トランスポーター阻害剤エロビキシバット(グーフィス®錠5mg)の薬理学的特性および臨床試験成績……谷口真也・太田拓巳

胆汁酸トランスポーターを標的とした胆汁うっ滞性肝疾患の治療薬開発……林久允

B型肝炎ウイルス受容体としての胆汁酸トランスポーターNTCP……岩本将士・渡士幸一

リントランスポーターと疾患……小池萌・他

薬剤応答性とトランスポーター

中枢疾患時の血液脳関門P糖蛋白質の機能変動機構の解明と中枢関門創薬への新展開……内田康雄・他

医薬品による血清尿酸値変動――トランスポーター上での尿酸-医薬品相互作用……玉井郁巳

核酸塩基トランスポーターSLC43A3/ENBT1の輸送特性とガンシクロビルを用いた自殺遺伝子療法における役割……井上勝央・湯浅博昭

コレステロール吸収輸送体NPC1L1と病態・薬物治療……高田龍平

トランスポーターを介した薬物相互作用――臨床事例とその回避のための予測戦略……前田和哉

生理学的薬物速度論(PBPK)モデルによるトランスポーターを介した薬物動態解析……年本広太

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:12.0MB以上(インストール時:29.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:12.0MB以上(インストール時:29.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません