• M2PLUS
  • 飛行機・新幹線内での医療ハンドブック~「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか?」と聞かれたら

飛行機・新幹線内での医療ハンドブック~「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか?」と聞かれたら

  • ISBN : 9784263206874
  • ページ数 : 167頁
  • 書籍発行日 : 2021年7月
  • 電子版発売日 : 2021年7月10日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,970 (税込)
ポイント : 162 pt (6%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

週刊『医学のあゆみ』即完売タイトル 待望の書籍化!

飛行機や新幹線で遭遇する疾患について、法律上のリスクなども含め詳しく解説!
旅行や出張の多いドクター必携!
・飛行機や新幹線内で注意すべき疾患とその対応
・機内や空港の医療設備
・法律上の懸念事項

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文


航空機内での医師の呼び出しが増加している.その理由は乗客数が指数関数的に増加し,疾患を抱える乗客数も増加しているためである.航空路の約10%をカバーする調査において,2008年から2010年の間に,11,920回の医学的緊急事態があったと報告されているが,これは約600フライトに1回,1時間に1 ~ 2回の高頻度という計算になる1)

航空機内はさまざまな疾患を発症しやすい.その理由は,機内は日常と環境が異なるためである.機外は著しく気圧が低いため,機内は海抜2,440mと同等になるよう加圧されている.ダルトンの法則により,気圧の低下によって酸素分圧も低下する.健常人には問題にならないが,何らかの素因を有する場合,低酸素血症が発症の誘因となる.その他,脱水,アルコール摂取,睡眠不足なども誘因となる.頻度の高い症状は失神で,頭痛や痙攣など脳神経内科領域の症状が多い1,2).次いで呼吸器症状や悪心・嘔吐がみられるが,循環器疾患や耳鼻咽喉科疾患も生じる.

また機内の医療に関連して押さえておくべき知識がある.①医師に決定権はなく,機長が機内における全責任を負うこと,②クルーは心肺蘇生や除細動器などの医学的訓練を受けていること,③医師は地上医療相談サービスを利用できることなどである.機内で利用可能な救急キット(emergency medical kit)や薬剤の種類についても知っておく必要がある.さらに,そもそもアナウンスがあった場合,名乗り出るべきかどうかについても議論がある.名乗り出た場合にも,検査が困難な機内において,どのようなことに気をつけ,何を行うかについて学ぶ必要がある.

本書では航空機,新幹線における医療に関して,各診療科の立場から注意すべき疾患とその対応,持病を持つ患者が搭乗する場合注意すべきことについて解説し,さらに法律問題や医師登録制度などについて最新情報を紹介する.加えて,新型コロナウイルス感染症に対する空港や機内での対策についても説明する.旅行バッグの荷物のひとつに,本書を加えていただければ幸いである.


2021年7月

下畑 享良
(岐阜大学大学院医学系研究科脳神経内科学分野)



文 献

1)Peterson DC et al. Outcomes of medical emergencies on commercial airline flights. N Engl J Med 2013 ; 368 : 2075-83.

2)Martin-Gill Cet al. In-Flight Medical Emergencies : A Review. JAMA 2018 ; 320 : 2580-90.

■ 目次

●知っておきたい基礎知識

機内ドクターコールと対応率

医師登録制度の概要と登録状況─今後の課題

急病人発生時の機内での対応と地上からの支援体制

空港の医療体制・設備

航空機に影響を及ぼす医療機器

民間航空機を利用した患者搬送の経験

●法律上の懸念事項

応召義務違反にあたるのか

促進するための法整備

●疾患別の対応

飛行中の機内で発生する急病人:総論

脳神経内科疾患(航空機頭痛を除く)

飛行機頭痛

航空機内発症アナフィラキシー─機内食などのアレルギー対応

呼吸器疾患

航空機と循環器疾患(旅行者血栓症を含む)─心停止に遭遇したら

腎臓病(血液透析・腹膜透析との関連)

耳鼻咽喉科疾患(航空性中耳炎と耳管機能)

精神疾患

産婦人科疾患

小児が航空機に搭乗する際の留意点

長時間フライトがもたらす身体への影響と対策:静脈血栓塞栓症(ロングフライト血栓症,エコノミークラス症候群)

航空会社による感染症対策─新型コロナウイルス感染症への対応

●新幹線での医療対応

新幹線乗車時に起こりうる症状・疾病─新幹線頭痛を含めて

新幹線の車内医療設備(医療キットや多目的室など)と課題

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:5.3MB以上(インストール時:13.6MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:5.3MB以上(インストール時:13.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません