• M2PLUS
  • Heart View 2021年4月号 Vol.25 No.4 循環器疾患 緩和ケアの現状を識る

Heart View 2021年4月号 Vol.25 No.4 循環器疾患 緩和ケアの現状を識る

  • ISBN : 9784008102504
  • ページ数 : 84頁
  • 書籍発行日 : 2021年3月
  • 電子版発売日 : 2021年7月30日
  • 判 : A4変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,080 (税込)
ポイント : 56 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集:循環器疾患 緩和ケアの現状を識る
1 循環器疾患における全人的苦痛について  木澤義之,坂下明大
2 循環器疾患における身体症状の評価  大石醒悟
3 循環器疾患における精神症状の評価  西村勝治ほか

Heart Viewバックナンバー

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

企画にあたって

安斉俊久(北海道大学大学院医学研究院循環病態内科学教授)


緩和ケアはがんだけでなく,生命を脅かすすべての疾患に対して考慮すべきものとされ,終末期に緩和ケアが必要とされる疾患のなかでは,循環器疾患は最も多くを占める。

循環器疾患患者は,身体的,社会的,精神・心理的あるいはスピリチュアルな苦痛を少なからず抱えており,これらを予防し取り除くために,多職種チームによる多面的アプローチが早期の段階から必要である。また,がんと同様あるいはそれ以上に予後が不良とされる心不全においては,将来の状態の変化に備えるために,アドバンス・ケア・プランニング(ACP)といわれるプロセスが重要であるが,十分に普及しているとはいえない。

本企画においては,循環器疾患における緩和ケアのあり方について,緩和ケア医,精神科医,循環器医それぞれのお立場より詳述していただいた。循環器疾患に対する適切な緩和ケアの普及により,患者・家族の生活の質(QOL)が少しでも改善されることを願ってやまない。

■ 目次

特集:循環器疾患 緩和ケアの現状を識る  企画・構成/安西俊久

診る

1 循環器疾患における全人的苦痛について  木澤義之,坂下明大

2 循環器疾患における身体症状の評価  大石醒悟

3 循環器疾患における精神症状の評価  西村勝治

4 緩和ケアにおけるコミュニケーションの重要性  柴田龍宏

識る

5 循環器緩和ケアチームのあり方  佐藤琢真,永井利幸,安斉俊久

6 循環器緩和ケアにおける診療の質評価指標について  濱谷康弘

7 循環器緩和ケアにおける薬物療法のポイント  志賀 剛,鈴木 敦

治す

8 心不全患者における緩和ケア  坂本陽子,大谷朋仁,坂田泰史

9 不整脈患者に対する緩和ケアをどうするか?  現状と課題 鈴木 敦

10 末梢動脈疾患患者における緩和ケア  國井浩行,義久精臣,竹石恭知

11 脳卒中患者における緩和ケア  高木正仁,古賀政利

連載

・心臓の解剖【知っておきたい知識 -疾患の病態生理から治療へつなげる解剖学-】

第1回 右房①(基本構造と右房内構造境界線)  井川 修

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:9.3MB以上(インストール時:21.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:9.3MB以上(インストール時:21.4MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません