• M2PLUS
  • Heart View 2021年2月号 Vol.25 No.2 Physical examination 身体所見を学び,経験を重ね診療に活かす

Heart View 2021年2月号 Vol.25 No.2 Physical examination 身体所見を学び,経験を重ね診療に活かす

  • ISBN : 9784008102502
  • ページ数 : 105頁
  • 書籍発行日 : 2021年1月
  • 電子版発売日 : 2021年8月12日
  • 判 : A4変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,080 (税込)
ポイント : 56 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集:Physical examination 身体所見を学び,経験を重ね診療に活かす
1 Physical examination からわかること
2 Expertise 身体所見での心タンポナーデと収縮性心膜炎の鑑別法
3 Physical examination から病態に迫る ほか

Heart Viewバックナンバー



※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

企画にあたって

室生 卓(倫生会みどり病院院長/心臓弁膜症センター内科)


2020年は人類にとって大変な1年でした。いうまでもなくコロナ禍です。コロナで社会のあらゆることが影響を受け変化しました。医療分野はその最たるものの1つです。消毒やマスク着用はもちろん,受診を控え,不必要な接触を控え,問診もアクリル板越しになりました。極期には患者の身体に触れるなどもってのほかという雰囲気すら醸し出されました。患者の身体に触れてなんぼの身体診察,physical examinationには強烈なアゲンストです。

視診,触診,聴診を駆使して病態を考えながら診断をつけていく,重症度を評価する,そして治療方針を決めていく。Physical examinationの醍醐味です。一方,ちょっと極論ですが心エコー,CTと血液所見から診断はできる,ガイドラインに照らし合わせれば重症度も治療方針もおのずから決まる,physicalexaminationは必要ない,というスタイルもあるかもしれません。多くの医師は,それぞれの場面で両者を適宜使い分けて日々の臨床を行っているのではないでしょうか。コロナ禍では後者が圧倒的でした。コロナが収束しても,近い将来AIが臨床の現場を席捲して問診はタブレットに入力,医師は診察せず画像診断と採血だけで診断が下り,治療方針も決めてくれるという時代がくるのかもしれません。

では,physical examinationは不要となるのでしょうか? 私の答えは「否」です。Physical examinationがなくてもなんとかなるかもしれませんが,あれば百人力,強い味方となります。Physical examinationは幸か不幸か,客観化しにくくAI化しにくいと思うのです。ですから,今よりも一層physical examinationは貴重となります。画像診断でも血液検査でもない,physical examinationからしか得られない情報に価値が出てきます。例えば,中心静脈圧は心不全患者の血行動態を把握するのに不可欠ですが,physicalexaminationを駆使すればその場でわかります。心エコーよりも正確に,Swan-Ganzカテーテルよりも簡便にわかります。大動脈弁狭窄は聴診をすればわかります。重症度も手術適応もわかります。心エコーで初めて発見される大動脈弁狭窄症例は,聴診をしていないか,よほどのlow flow low gradient ASです。

有用なphysical examinationですが,所見をとるためには「修行」「訓練」が必要です。当たり前です。ベテランのとった所見と研修医とった所見が同等なわけがありません。われわれ医師,医療従事者はプロです。技を磨いて素人にはできない仕事をするのです。

今回「Physical examination 身体所見を学び,経験を重ね診療に活かす」という,願ってもないテーマをいただきました。執筆をお願いした先生方は,いずれ劣らぬプロが揃っています。プロの技をしっかり学んで明日からの臨床に活かしていただければ,これに勝る幸いはありません。

■ 目次

特集:Physical examination 身体所見を学び,経験を重ね診療に活かす 企画・構成/室生 卓

診る

1 Physical examinationからわかること

a.問診 大原貴裕

b.視診 有田武史

c.触診 中岡洋子,窪川涉一,川井和哉

d.聴診 柴田 敦

2 Expertise 身体所見での心タンポナーデと収縮性心膜炎の鑑別法 林田晃寛

識る

3 Physical examinationから病態に迫る

a.不整脈 栗本律子,白石裕一,的場聖明

b.心筋症 川﨑達也

c.弁膜症 阿部幸雄

d.血管病 大門雅夫

4 Expertise 心不全のトリアージ 吉田珠美,大倉宏之

治す

5 Physical examinationから治療方針をきめる

a.初診外来 山崎直仁

b.慢性疾患外来 この息切れは心不全? 身体所見で心不全診断に迫る山本正治

c.救急外来 髙木 竜,田中信大

d.ICU,CCU 安積佑太,渡辺弘之

6 Expertise 在宅診療 室生 卓

短期集中連載!【災害時の循環器疾患管理:経験とエビデンスに基づく提言】

第2回:東日本大震災の経験と提言 星出 聡

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:10.1MB以上(インストール時:23.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:10.1MB以上(インストール時:23.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません