• M2PLUS
  • 糖尿病ケア2021年秋季増刊 糖尿病のくすり 徹底ナビゲートBOOK

糖尿病ケア2021年秋季増刊 糖尿病のくすり 徹底ナビゲートBOOK

  • ISBN : 9784840474443
  • ページ数 : 250頁
  • 書籍発行日 : 2021年9月
  • 電子版発売日 : 2021年9月10日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,400 (税込)
ポイント : 240 pt (6%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

糖尿病薬の最新情報&患者指導を総まとめ!

糖尿病治療薬の基礎知識や症例で学ぶ処方のポイントに加え、インスリンポンプ療法や合併症・関連疾患の薬剤、注意したい市販薬と、糖尿病にまつわる薬物療法を網羅的に解説する。図解でわかる薬の作用機序や使い方は患者説明シートとしてダウンロードでき、臨床現場ですぐに使える。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに


糖尿病治療薬の発展はめざましく、新薬の開発はもちろん、既存の治療薬からも新たな効果が見つかるなど、日々情報が更新されています。また、『糖尿病治療ガイド』のインスリン非依存状態の治療に関するフローチャートも、最新版ではUPDATEが行われています。一方で、患者はもちろん医療者も、それぞれの薬の特徴や、「なぜこの患者にこの薬剤が処方されているのか」をすぐに把握できなくなっているのではないでしょうか。

今回の増刊では、糖尿病の治療薬について、患者説明にも使える作用機序の解説と、処方のポイント・症例を踏まえた医療者向けの解説で学べる内容としました。

また、近年開発がさらにすすんでいる血糖測定機器やインスリンポンプ、三大合併症や肥満・高血圧といった関連疾患の治療に用いる薬剤、さらには糖尿病患者に注意が必要なOTC医薬品・健康食品についてもそれぞれ解説いただきました。


2021年7月

名鉄病院 薬剤部長・武藤達也

■ 目次

・はじめに

・資料ダウンロード方法

・編集・執筆者一覧


第1章 糖尿病治療薬の使いかたと処方のポイント

1 ビグアナイド薬の使いかた(本田一春)

2 ビグアナイド薬の処方のポイント(井上朋也、小川渉)

3 チアゾリジン薬の使いかた(西條雅美、本田一春)

4 チアゾリジン薬の処方のポイント(西影星二、小川渉)

5 α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)の使いかた(野口景子)

6 α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)の処方のポイント(小澁真実、綿田裕孝)

7 SGLT2阻害薬の使いかた(野口景子)

8 SGLT2阻害薬の処方のポイント(小澁真実、綿田裕孝)

9 DPP-4阻害薬の使いかた(格谷美奈子)

10 DPP-4阻害薬の処方のポイント(野見山崇)

11 GLP-1受容体作動薬の使いかた(格谷美奈子)

12 GLP-1受容体作動薬の処方のポイント(野見山崇)

13 スルホニル尿素(SU)薬の使いかた(井上享子)

14 スルホニル尿素(SU)薬の処方のポイント(畠中諒子、田口昭彦、谷澤幸生)

15 速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬)の使いかた(井上享子)

16 速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬)の処方のポイント(畠中諒子、田口昭彦、谷澤幸生)

17 経口薬の配合薬の処方のポイント(小川吉司)

第2章 インスリン製剤

1 インスリン療法の基本(廣井円香、宇野隆彦、清水一紀)

2 超速効型インスリン製剤の使いかた(小林庸子)

3 超速効型インスリン製剤の処方のポイント(坂口一彦)

4 速効型インスリン製剤の使いかた(小林庸子)

5 速効型インスリン製剤の処方のポイント(坂口一彦)

6 中間型インスリン製剤の使いかた(勝呂美香、厚田幸一郎)

7 中間型インスリン製剤の処方のポイント(渡邉大督、寺前純吾)

8 混合型インスリン製剤の使いかた(勝呂美香、厚田幸一郎)

9 混合型インスリン製剤の処方のポイント(藤澤玲子、寺前純吾)

10 配合溶解インスリン製剤の使いかた(本間三絵)

11 配合溶解インスリン製剤の処方のポイント(宮下和幸、下村伊一郎)

12 持効型溶解インスリン製剤の使いかた(本間三絵)

13 持効型溶解インスリン製剤の処方のポイント(宮下和幸、下村伊一郎)

14 注射薬の配合薬の処方のポイント(利根淳仁)

15 糖尿病治療用注入デバイスについて(朝倉俊成)

第3章 血糖測定機器とインスリンポンプ療法

1 SMBG(田中永昭)

2 CGM(大野隆行、髙橋紘、西村理明)

3 iCGM(菅沼由佳、髙橋紘、西村理明)

4 CSII(服部麗、今枝憲郎)

5 SAP(原口卓也、田中永昭)

第4章 糖尿病合併症・関連疾患の治療薬

1 糖尿病性神経障害(三浦絵美梨、神谷英紀)

2 糖尿病網膜症(北野滋彦)

3 糖尿病性腎症(菅原亮佑、和田淳)

4 脂質異常症(中山良朗、益崎裕章)

5 高血圧症(瀬川利恵、石垣泰)

第5章 糖尿病患者が注意したいOTC医薬品・健康食品

1 糖尿病患者がOTC医薬品・健康食品を使用する際の注意点(佐竹正子)

2 知っておきたいOTC医薬品(佐竹正子)

3 知っておきたい健康食品(廣田有紀)


・INDEX

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:16.8MB以上(インストール時:39.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:16.8MB以上(インストール時:39.4MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません