• M2PLUS
  • レジデントのための これだけ検査値

レジデントのための これだけ検査値

  • ISBN : 9784784949670
  • ページ数 : 192頁
  • 書籍発行日 : 2021年10月
  • 電子版発売日 : 2021年9月29日
  • 判 : B5変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,180 (税込)
ポイント : 76 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

研修医必携! ! 基礎から無理なく学べる入門書
初学者のためにルーチン検査の見方を解説しました
病歴、身体所見と組み合わせて、検査を上手に使いこなしましょう!


◎パニック値への対応がわかる
◎異常値のメカニズムを知る
◎症状に応じた検査をオーダーできる
◎鑑別診断の進め方がわかる

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに


現代の医療において、臨床検査は疾患のスクリーニングから診断、治療効果の判定まで幅広く使われています。過不足がない検査計画を立て、得られたデータを的確に判断することは、レジデントにとって必須のスキルと言えるでしょう。しかし、気管挿管や中心静脈カテーテルの挿入を習得するのに熱心な人は多い一方で、臨床検査を使いこなす訓練を怠っている人は少なくありません。


本書は、病態把握に必要な基本的検査をピックアップし、第1章では臨床検査の基礎知識と正しい値を得るためのポイントについて、第2章では緊急に対処が必要なパニック値について、第3章では日常遭遇することが多い症状に対する検査計画の立て方について解説しています。第4章では、第3章までの知識をもとに、検査値を実際の症例でどのように生かすかを学びます。

必要なページから読み始めてもよいですし、最初から順序立てて臨床検査の知識を身につけていっても構いません。本書の内容について知らないことが無くなる頃には、あなたの実力は確実にレベルアップしていることでしょう。


本書は、当教室の医局の先生方の協力を得て執筆しました。特に、全体の構成を考えてくれた出居真由美先生、内容を充実させるために繰り返し加筆や修正をしてくれた堀内裕紀先生の2 人の貢献がなくては完成しませんでした。

また、写真撮影や内容の正確性チェックに協力してくれた当大学附属病院臨床検査部の臨床検査技師の皆さん(脇田満、由利麻衣子、日向正信、岡田知己、上野剛の各氏)にも、心より感謝の意を表します。


この本が、手に取ったすべての研修医の先生の役に立つことを執筆者一同期待してやみません。


順天堂大学医学部 臨床検査医学
三井田 孝
田部 陽子

■ 目次

第1章 使いこなそう基本的検査

基準範囲と異常値

感度・特異度、ROC曲線とカットオフ値

検査値の生理的変動

検体の採取方法

検体の保存方法

分析過程の変動要因

検査項目とその見方

第2章 パニック値でパニックになるな!

パニック値とは

血糖値

カリウム

白血球数

ヘモグロビン

血小板数

凝固・線溶系

腎機能

肝機能

クレアチンキナーゼ

ナトリウム

カルシウム

アミラーゼ

血液ガス分析

第3章 症状から導く間違いのない検査計画

意識障害

発熱・不明熱

体重減少

浮腫

腹痛

胸痛

第4章 RCPC

30代女性:嘔気、腹痛、全身倦怠感

60代男性:心窩部痛で救急搬送

70代女性:強い上腹部痛

20代女性:全身倦怠感

70代男性:全身倦怠感、両下肢のしびれ

60代男性:下腿浮腫、腹部膨満感、全身倦怠感

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:9.0MB以上(インストール時:21.7MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:9.0MB以上(インストール時:21.7MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません