• ISBN : 9784758319713
  • ページ数 : 360頁
  • 書籍発行日 : 2021年9月
  • 電子版発売日 : 2021年10月8日
  • 判 : B5変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥8,800 (税込)
ポイント : 160 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

CTO手技の“キモ”を会得して上級者への一歩を踏み出そう!

高度な技量と広範な知識が要求される慢性完全閉塞病変(CTO)に対するPCIについて,術者が何を,どう考え,どのように手技を行なっているかを著者の豊富な経験に基づいて症例を提示しながら具体的に解説。 CTO手技の“キモ”を理解し実践するための指南書。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに


本書刊行のきっかけは自身のCTOの症例をまとめようと思ったことであった。筆者の治療したCTO症例の多くは動画で保存してあり,それを閲覧しようとしたものの,あまりにも大量の症例が存在し収拾がつかなくなっていた。そこで症例集のような本としてまとめて,同時に動画も整理できればと思いつつ執筆を開始した記憶がある。

執筆の過程で,CTOのPCIにおいて初級術者でも理解できる内容も網羅できないかとの指摘があり,軌道修正を行いながら執筆を継続したことも思い出される。

そんななか,メジカルビュー社の間宮氏と今回の本のタイトルを話していると,なんとも大胆なタイトルを提案していただいた。

それはCTO-PCIに対しての心得を説くというものであり,当初は諸先輩がいるなか躊躇するところもあったが,時間が経過するにつれて恐れ多くもやってみてもいいかという気持ちに変化していった。イメージとしては自分が後輩たちの一部から侍と呼ばれていることからインスパイアしてくれたそうである(実際は違うが…)。

書籍は単著で,筆者が治療を行った症例を基に書き上げることとし,さまざまなバリエーションの症例や治療法が網羅されるように,膨大な数の症例のなかからとにかく苦労をして選び出してみた。

通常のPCIに比べるとはるかに多くの経験,知識,技術を要するCTOPCIにおいて,術者が習得していく過程で知っておくべき心得を,筆者が知り得た成功や失敗を踏まえて,詳細に紹介したつもりである。

一期一会のCTOに立ち向かうためのお供に,本書を携えていただければ嬉しい限りである。


2021年8月

済生会横浜市東部病院
伊藤良明

■ 目次

【総論】

■ CTOのPCI治療戦略(術前評価)

治療戦略の重要性

最低限の把握事項

具体的背景からの治療戦略構築

診断カテーテルの大切さ

J-CTO scoreを知る

多枝病変であった場合

心臓CTを活用

■ システム構築

Approach

Guiding catheterの選択

■ 順行性アプローチ

適応 

Micro channel tracking

Guide wire escalation

Distal cap puncture

Parallel wire

Intima/subintimaとは

ADR 

IVUS guide wiring

ワイヤーがCTO遠位部の側枝に抜けたとき

順行性アプローチのまとめ

■ 逆行性アプローチ

使用できうるチャンネルと読影時の注意点

CTOのPCIに使用できうるインターベンショナルな側副血行路

チャンネルに使用するガイドワイヤー

マイクロカテーテルなど

チャンネルの具体的ガイドワイヤー選択と操作法

逆行性チャンネルにマイクロカテーテルが不通過

チャンネル通過後

Kissing wire cross

Reverse CART

IVUS guided retrograde approach

順行性にも逆行性にもワイヤーが操作できない場合

■ その他知っておくべき知識

Externalizationとは

Externalizationの際のポイント

Rendezvousテクニックとは

PCI施行中の注意点

CTO-PCIのエンドポイント

CHIP症例

【症例】

1. Antegrade approach

■01 Single wire approach

001 Single wireで治療したCx CTO

■02 Micro channel tracking

002 Micro channel trackingを施行したCx CTO

003 Micro channel trackingを施行したRCA CTO

004 Micro channel trackingを施行したLAD CTO

■03 Parallel wire

005 Parallel wireで治療したLAD CTO

006 Parallel wireで治療したRCA PL CTO

007 Parallel wireで治療したRCA CTO

008 Triple wireで治療したLAD CTO

■04 IVUS guide puncture

009 RVBからIVUS guide punctureを施行したRCA CTO

010 Diagonal branchからIVUS guide punctureを施行したLAD CTO

■05 IVUS guide wiring

011 VUS guide wiringを施行したdiagonal branch CTO

012 IVUS guide wiringを施行したRCA CTO

013 IVUS guide wiringを施行したCx CTO

■06 ADR

014 CROSSBOSS™を施行したRCA ISO①

015 CROSSBOSS™を施行したRCA ISO②

016 STINGRAY™で治療したRCA CTO

017 Stickの方向を調節しSTINGRAY™で治療したRCA CTO

018 STINGRAY™でしか治療できなかったLAD CTO

019 IVUS下にSTINGRAY™で治療したCx CTO

020 IVUS下にSTINGRAY™で治療したRCA CTO

2. Retrograde approach

■07 CART

021 CARTを施行したRCA CTO

022 CTO遠位部をretrogradeから拡張後,reverse CARTを施行したRCA CTO

■08 Kissing wire cross

023 Kissing wire cross(antegrade wire cross)をIVUS下に施行したRCA CTO

024 Kissing wire cross(retrograde wire cross)を施行したRCA ISO

025 Kissing wire cross(retrograde wire cross)をIVUS下に施行したRCA CTO

026 Kissing wire cross(antegrade wire cross)を施行したLAD CTO①

027 Kissing wire cross(antegrade wire cross)を施行したLAD CTO②

028 Kissing wire cross(antegrade wire cross)を施行したLAD CTO③

029 Kissing wire cross(antegrade wire cross)を施行したLAD CTO④

030 Kissing wire cross(antegrade wire cross)をIVUS下に施行したLAD CTO

031 Kissing wire cross(retrograde wire cross)を施行したLAD CTO

032 Kissing wire cross(retrograde wire cross)をIVUS下に施行したLAD CTO①

033 Kissing wire cross(retrograde wire cross)をIVUS下に施行したLAD CTO②

■09 Retrograde wire cross

034 Retrograde wire crossを施行したLAD proximal CTO

035 Retrograde wire crossをIVUS下に施行したLAD ostial CTO①

036 Retrograde wire crossをIVUS下に施行したLAD ostial CTO②

037 Retrograde wire crossをIVUS下に施行したLAD ostial CTO③

038 Retrograde wire crossをIVUS下に施行したLAD ostial CTO④

039 Retrograde wire crossをIVUS下に施行したLAD proximal CTO

040 Retrograde wire crossを施行したRCA ostial CTO①

041 Retrograde wire crossを施行したRCA ostial CTO②

042 Retrograde wire crossをIVUS下に施行したRCA mid CTO

043 Retrograde wire crossを施行したCx blunt type CTO

■10 Reverse CART

044 Reverse CARTを施行したLAD CTO

045 Reverse CARTを施行したRCA CTO

046 Reverse CARTを施行したRCA retry CTO

■11 Guide extension reverse CART

047 Guide extension reverse CARTを施行したRCA CTO①

048 Guide extension reverse CARTを施行したRCA CTO②

049 Guide extension reverse CARTを施行したRCA CTO③

050 Guide extension reverse CARTを施行したRCA CTO④

051 Guide extension reverse CARTを施行したRCA CTO⑤

■12 Stent reverse CART

052 Stent reverse CARTを施行したLAD CTO

053 Stent reverse CARTを施行したRCA CTO①

054 Stent reverse CARTを施行したRCA CTO②

■13 Extended reverse CART

055 Extended reverse CARTを施行したRCA CTO①

056 Extended reverse CARTを施行したRCA CTO②

057 Extended reverse CARTを施行したRCA PL CTO

■14 Knuckle wire cross

058 Knuckle wireを施行したRCA CTO①

059 Knuckle wireを施行したRCA CTO②

■15 Epicardial collateral

060 RCA PLからCx PLへのepicardial channel

061 RCA PDからLADへのepicardial channel

062 Cx PLからRCA PLへのepicardial channel

063 LCA HLからRCA PDへのepicardial channel

■16 Ipsilateral collateral

064 LADのseptal-septal ipsilateral channel①

065 LADのseptal-septal ipsilateral channel②

066 LAD septalからCx PLへのipsilateral channel

067 ACからCx CTOへのipsilateral channel

068 Diagonal branchからCx PLへのipsilateral channel

069 Cx OMからCx PLへのipsilateral channel①

070 Cx OMからCx PLへのipsilateral channel②

071 RCAからRCA PDへのipsilateral channel

072 Conus branchからRCA PDへのipsilateral channel

073 Conus branchからRCA CTOへのipsilateral channel

■17 Septal-PL channel

074 LAD septalとRCA PLとのchannel①

075 LAD septalとRCA PLとのchannel②

3. Special cases and technique

■18 CHIP CTO case

076 2枝CTOとjeopardized collateralを認めたCHIP

077 CPA後のCTOを伴うLMTにImpellaⓇを挿入し緊急PCI施行

078 重症心不全で来院した50歳代 3枝CTO症例

■19 LMT CTO

079 LVEF 10%のLMT CTO

080 90歳代LMTのCTOを含むUAP

■20 Donor artery balloon occlusion

081 Cxのballoon occlusionによりLAD septalからRCA CTOのchannel確認①

082 Cxのballoon occlusionによりLAD septalからRCA CTOのchannel確認②

083 RCA RVBのballoon occlusionによりRCA septalからLAD CTOのchannel確認

■21 CT effective case

084 心臓CTでLAD CTOの入口部が推測できた例

085 心臓CTでLAD CTOのワイヤー選択ができた例

■22 DLC

086 RCAのseptalにDLCでdouble wiring施行①

087 RCAのseptalにDLCでdouble wiring施行②

088 RCAのseptalにDLCでdouble wiring施行③

089 RCAのepicardial channelにDLCでdouble wiring施行

■23 Rendezvous

090 Rendezvous施行(Neo 3→Corsair)

091 Rendezvous施行(SION black→Corsair)

092 Rendezvous施行(Bros→Caravel)

093 Rendezvous施行(Bros→Corsair)

094 Rendezvous施行(Gaia 2→Corsair)

095 Rendezvous施行(SION black→Corsair)

096 Rendezvous施行(Guide extension内)

■24 Reverse wire

097 LADのseptal channelにreverse wireを施行したRCA CTO

098 LADのseptal channelに2カ所reverse wireを施行したRCA CTO  

099 Cx CTO遠位部でPLから本幹にreverse wireを施行

100 RCA CTO遠位部でPLからPDにreverse wireを施行

101 LAD CTO遠位部でLADからdiagonal branchにreverse wireを施行(IVUSあり)

102 LAD CTO遠位部でLADからdiagonal branchにreverse wireを施行

103 LAD CTO遠位部でdiagonal branchからLADにreverse wireを施行

■25 Snare

104 EN SnareⓇでretrograde wireを捕捉したRCA CTO

105 Homemade snareでretrograde wireを捕捉したRCA CTO

■26 Coil

106 C-STOPPERでLAD septal channel perforationを止血

■27 Donor artery ischemia

107 Donor arteryの虚血でショックとなり治療中断したRCA CTO

■28 Perforation

108 Blow out perforationを合併したLAD CTO

109 XT-RでperforationをきたしたRCA CTO

■29 Septal channel perforation

110 Externalization後にseptal channel perforationをきたしたRCA CTO

111 Snareによるexternalization後にseptal channel perforationをきたしたRCA CTO

112 Septal channel wiringでperforationをきたし脂肪塞栓を施行したRCA CTO

【CTO-PCIについて思うこと】

経験数は大切?

少ない経験でなんとかなる?

知識なのか?

技術なのか?

センスなのか?

最後に

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:63.3MB以上(インストール時:134.6MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:63.3MB以上(インストール時:134.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません