• M2PLUS
  • 救急医学 2021年10月号 第45巻第11号 熱く語るぜ!! 進化する熱傷診療

救急医学 2021年10月号 第45巻第11号 熱く語るぜ!! 進化する熱傷診療

  • ISBN : 9784012004511
  • ページ数 : 131頁
  • 書籍発行日 : 2021年10月
  • 電子版発売日 : 2021年10月7日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,080 (税込)
ポイント : 56 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集 熱く語るぜ!! 進化する熱傷診療

たった1人の患者であっても、大変な労力と治療時間を要する熱傷診療。
昨今のさまざまな領域での技術や理論の進化によって、大きな変化を遂げてきています。
本特集では、実は話題の尽きないホットな熱傷診療について、第一線でご活躍中の先生方から若い世代に向け、“熱く!!”大いに語っていただきました。

救急医学バックナンバー

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

特集 熱く語るぜ‼進化する熱傷診療


“King of Intensive Care” ─重症熱傷の診療に携わった経験のある救急医であれば,誰もが感じることでしょう。

熱傷診療には,重症患者管理にかかわるさまざまな知識やスキル,チーム医療の要素など,集中治療に必要なすべてが求められます。また,その診療内容は,気道管理,呼吸サポート,循環・体液管理,鎮痛・鎮静,栄養管理,感染対策,創処置と手術,リハビリテーション,精神・心理的ケア,そして社会復帰に向けた準備など多岐にわたるため,多職種・複数診療科によるチーム力が問われます。手術についても,救命と感染制御,整容と機能再建など,実施のタイミングや順序を考慮した計画性が求められます。さらに熱傷診療は,実はもっとも古くから実施されている“臓器移植”であり,もっとも早く臨床応用されている“再生医療”であるという側面ももっています。一方で,このような多彩な領域であるからこそ,たった1 人の患者であっても,重症熱傷患者の診療は大変な労力と治療時間を要するものです。そのため救急医のなかでも,好き嫌いがはっきりしている領域の一つかもしれません。

この“King of Intensive Care” である熱傷診療が,昨今のさまざまな領域での技術や理論の進化によって,大きな変化を遂げてきています。つい先日発表された『熱傷診療ガイドライン(改訂第3版)』はもちろんのこと,永遠のテーマである初期輸液療法と鎮静・鎮痛の変化,創部マネジメントと手術戦略の新たな潮流,熱傷にとくに求められるチーム医療のノウハウ,教育や研究,昨今頻発する多数熱傷患者発生事例への対応,そして終末期を巡る問題など,実は話題の尽きないホットな領域です。ある意味,“マニアック”なところもありますが,本特集では,現在熱傷診療の第一線でご活躍中の先生方から若い世代に向け,進化する熱傷診療について,“熱く‼”大いに語っていただきました。

今後の熱傷診療を担うであろう読者の皆さまが,熱傷診療の醍醐味に注目し,熱傷診療の第一線を走る先生方の知識・技術・経験,そして熱意をつないでいく,そのような特集号となることを期待しています。


『救急医学』編集委員会
企画担当:筑波大学医学医療系救急・集中治療医学 井上 貴昭

■ 目次

特集 熱く語るぜ!!進化する熱傷診療

Ⅰ.初期評価・急性期治療

1 .熱傷診療ガイドライン(改訂第3 版)の概要/名古屋市立大学大学院医学研究科救命救急医療学分野 松嶋 麻子

2 .熱傷患者に対する初期蘇生輸液療法の変遷と現状/地域医療機能推進機構中京病院救急科 大須賀 章倫

3 .重症熱傷患者に対する周術期管理と鎮痛・鎮静/八戸市立市民病院救命救急センター 吉村 有矢

4 .King of Intensive Care ─重症熱傷患者に対する集中治療/済生会宇都宮病院救急集中治療科 皆川 裕祐 他

Ⅱ.創処置・手術手技

1 .熱傷診療における保存的治療;外用剤,創傷被覆材の使い分け/産業医科大学病院形成外科 安田 浩

2 .人工真皮;人工真皮の標準的移植法と人工真皮サンドウィッチ法/帝京大学医学部救急医学講座 池田 弘人

3 .培養表皮/地域医療機能推進機構中京病院救急科 中島 紳史

4 .MEEKTM システム/筑波大学医学医療系形成外科 大島 純弥 他

Ⅲ.患者管理とチーム医療

1 .重症熱傷患者に対する最新のケア/東海大学医学部付属病院看護部 寺地 沙緒里

2 .重症熱傷患者に対するリハビリテーション/杏林大学保健学部理学療法学科 木村 雅彦

3 .重症熱傷患者に対する退院支援と社会復帰/地域医療機能推進機構中京病院ICU 遠藤 優哉

Ⅳ.熱傷診療を巡る諸課題

1 .多数熱傷患者発生時の対応/防衛医科大学校防衛医学講座 清住 哲郎

2 .熱傷診療に関する教育・研修/東京医科大学救急・災害医学分野 織田 順

3 .熱傷レジストリーとその成果/慶應義塾大学医学部救急医学教室 佐藤 幸男 他

4 .熱傷診療における終末期/筑波大学医学医療系救急・集中治療医学 井上 貴昭 他

連載

救急医四方山話 お笑いのススメ/津山中央病院救命救急センター 前山 博輝

救命救急センター紹介 島根大学医学部附属病院救命救急センター/島根大学医学部救急医学講座 山田 法顕 他

症例報告

保存的治療にて軽快した餅による食餌性腸閉塞の1例/玄々堂君津病院総合診療科/外科 長谷川 誠 他


First Author Profile

back number・次号予告

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:11.1MB以上(インストール時:26.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:11.1MB以上(インストール時:26.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません