• M2PLUS
  • 整形外科医のためのスポーツ医学概論 <講座 スポーツ整形外科学 1>

整形外科医のためのスポーツ医学概論 <講座 スポーツ整形外科学 1>

  • ISBN : 9784521749013
  • ページ数 : 432頁
  • 書籍発行日 : 2021年10月
  • 電子版発売日 : 2021年10月13日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥16,500 (税込)
ポイント : 300 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

スポーツ整形外科は,一般の整形外科とは異なり,整形外科そのものを熟知するとともに,アス リートの特殊性や各スポーツ種目の特徴を理解し,整形外科以外の幅広い知識をもつことも要求される.
本巻では,スポーツ医学全体にわたる広い範囲を捉え,予防,帯同,応急処置,治療,競技復帰のためのスポーツ整形外科の基本的な概念を解説した.
スポーツ整形外科診療を実践するための基礎となる成書である.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

―非がん疾患のエンドオブライフ・ケア(EOLC)に関するガイドライン作成にあたって―


スポーツ整形外科は,一般の整形外科とは異なり,整形外科そのものを熟知するとともに,アスリートの特殊性や各スポーツ種目の特徴を理解し,整形外科以外の幅広い知識をもつことも要求される.同じ外傷や障害であっても,競技種目の特性や競技レベルに応じて,予防の仕方は様々であり,治療方法ですら異なる場合もある.「スポーツ整形外科」の重要なポイントはスポーツ復帰や継続を常に念頭に置いた予防や治療を行うことである.シリーズ第1 巻『整形外科医のためのスポーツ医学概論』では,スポーツ整形外科の基本となる考え方や基礎知識を解説する.

第1章「スポーツ医学の基礎」では,まず「スポーツ整形外科とは」と題して定義から始まり,スポーツ生理学,スポーツ栄養学,スポーツ心理学など,スポーツ整形外科を理解するために必須の基本的知識を解説する.さらに様々なスポーツ医学の研究手法についても紹介する.

第2章「スポーツ外傷・障害の予防」では,メディカルチェック,コンディショニング,トレーニングなど,スポーツ外傷や障害を予防するための様々なテクニックを紹介する.予防が大きな役割を演じるスポーツ医学の重要な部分である.

第3章「スポーツ外傷・障害に対する治療の原則」では,スポーツ現場での応急処置,帯同での注意点,競技復帰へのポイント等,通常の整形外科診療と異なるスポーツ整形外科ならではの診療内容について解説する.

第4 章「スポーツ整形外科医が知っておくべき他領域の疾患」,第5 章「スポーツに伴う他領域の外傷」では,スポーツ活動に伴う循環器,呼吸器,代謝性疾患など他領域の障害や外傷に加えて,スポーツ貧血,熱中症,女性アスリートに特徴的な疾患,イップスなど,スポーツによって特異的に生じる様々な疾患についても解説する.

そして最後に,第6章「スポーツ種目別運動器外傷・障害の特徴」として,それぞれのスポーツ種目に特有の外傷や障害について解説する.一口にスポーツといっても実に様々な競技種目や競技レベルがあり,それによって予防法,治療法も大きく異なるため,その違いを理解し,実践することがスポーツ医学の重要なポイントとなる.

本巻ではスポーツ整形外科のみならず,スポーツ医学全体にわたる広い範囲について解説したため,他の領域の多くの専門家にも執筆いただいた.スポーツ整形外科の基本的な概念を理解し,診療を実践するための基礎となる知識を習得する一書となることを期待したい.


2021年8月

公益財団法人日本スポーツ医学財団
松本秀男

■ 目次

1章 スポーツ医学の基礎

スポーツ整形外科とは (松本秀男)

スポーツ生理学(運動生理学)

運動器とスポーツ:骨 (宮本健史)

運動器とスポーツ:筋 (杉浦宏祐,松浦哲也,西良浩一)

運動器とスポーツ:関節 (古松毅之)

運動器とスポーツ:神経 (波多野敬介,大橋洋輝,石橋敏寛)

エネルギー代謝とスポーツ (勝川史憲)

水・電解質とスポーツ (能勢博,増木静江)

循環器とスポーツ (牧田 茂)

呼吸器とスポーツ (山澤文裕)

年代・性別における特徴と問題点

成長期とスポーツ (帖佐悦男)

中高年と健康スポーツ (藤本繁夫,小林 茂)

女性とスポーツ (土肥美智子)

トップアスリート (金岡恒治)

障がい者スポーツ (山田睦雄)

スポーツ栄養学 (虎石真弥)

スポーツ心理学 (山本裕二)

スポーツ歯科 (安井利一)

スポーツ皮膚科 (辻 雄介,朝比奈昭彦)

スポーツ医学の研究手法

呼気ガス分析 (東宏一郎)

反射マーカーによる動作解析 (原藤健吾,伯川聡志,名倉武雄)

ウエアラブル端末による動作解析 (橋本健史)

有限要素解析(FEM) (名倉武雄)

2章 スポーツ外傷・障害の予防

メディカルチェック

内科的メディカルチェック (小熊祐子)

整形外科的メディカルチェック (木村光宏,中瀬順介,土屋弘行)

脳外科領域のメディカルチェック (荻野雅宏)

婦人科領域のメディカルチェック (能瀬さやか)

眼科メディカルチェック (工藤大介)

デンタルチェック (武田友孝,中島一憲)

体力評価,運動機能評価 (広瀬統一)

画像診断 (岩本 航,加藤拓也)

栄養管理 (細井雅之)

コンディショニング (鳥居 俊)

スポーツトレーニング

筋力トレーニング (今井覚志)

柔軟性トレーニング (相澤純也)

敏捷性(アジリティ) (松田匠生,鈴川仁人)

持久力トレーニング (大桃結花)

アンチ・ドーピング指導 (真鍋知宏)

3章 スポーツ外傷・障害に対する治療の原則

応急手当,応急処置 (塚原由佳)

帯同

帯同ドクターの現場での業務内容と対応 (原 邦夫)

海外帯同での注意事項 (池田 浩)

保存療法 (小林寛和,金村朋直)

手術療法 (佐藤和毅,木村豪志,世良 泰,大谷俊郎,金治有彦,松村 昇)

アスレティックリハビリテーション (片寄正樹)

競技復帰に向けてのポイント (山本祐司)

4章 スポーツ整形外科医が知っておくべき他領域の疾患

スポーツと循環器疾患 (福島理文,深尾宏祐,島田和典)

アスリートと呼吸器疾患 (吉川貴仁)

代謝性疾患と運動 (津下一代)

アスリートと貧血 (山﨑舞子,三宅康史)

スポーツにおける熱中症 (川原 貴)

女性アスリートの三主徴 (能瀬さやか)

イップス(スポーツ心理) (山口達也)

5章 スポーツに伴う他領域の外傷

脳振盪・頭部外傷 (中山晴雄,平元 侑,岩渕 聡)

顔面外傷 (月坂和宏)

臓器損傷 (月坂和宏)

皮膚損傷 (辻 雄介)

6章 スポーツ種目別運動器外傷・障害の特徴

瞬発系競技 (岩堀裕介)

持久系競技 (遠山晴一)

審美系競技 (土屋明弘)

ウエイトコントロール競技 (紙谷 武,井汲 彰,三浦雅臣)

障がい者スポーツ (上條義一郎,指宿 立,川端浩一,三上幸夫,田島文博)


付録

索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:32.8MB以上(インストール時:112.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:32.8MB以上(インストール時:112.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません