• M2PLUS
  • 全人的視点にもとづく 精神看護過程 第2版

全人的視点にもとづく 精神看護過程 第2版

  • ISBN : 9784263237564
  • ページ数 : 170頁
  • 書籍発行日 : 2021年9月
  • 電子版発売日 : 2021年10月13日
  • 判 : AB判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,860 (税込)
ポイント : 52 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

●ゴードンの機能的健康パターンに沿ってアセスメントを展開し看護につなげる精神看護実習に臨む学生の必携書
●全人的視点にもとづいて,ゴードンの機能的健康パターンを活用した看護過程を学べる好評書の改訂版.
●第1章では,精神看護の定義や概念,構造について述べたうえで,精神看護における看護過程を解説.精神障害者特有の情報収集やアセスメントのポイント,健康課題の抽出,計画,実施,評価まで示すとともに,全人的視点と精神看護とのつながりについて概説した.
●第2章では,ゴードンの機能的健康パターンについて概要を紹介し,精神看護におけるアセスメントのポイントおよびアセスメントガイドを示した.
●第3章では,事例を用いて,患者の基本情報,アセスメント項目と視点,アセスメントから結論,関連図,課題抽出,看護計画までのプロセスを展開した.事例には,統合失調症,抑うつ障害,アルコール使用障害,摂食障害に加えて,認知症,発達障害の2例を新たに追加した.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

第2版 はじめに


コロナ禍のような感染症やAI 技術革新のため,先行きの見えない不安な時代と未来への期待に多くの人たちが直面しています.変化をもたらす,このような時代の変革期には,適応困難な人びとにストレスを与える数多くの要因があります.適応困難な人びととは,遺伝素因をもった人,困難な社会環境におかれた人,年齢のために環境適応ができなくなってしまった人,ストレスに押しつぶされてしまった人,身体的な病気をもつ人など,逆境や困難に耐えられなくなった状態の人たちです.精神看護は人間の多様性をケアする看護です.

この度,わたしたちは「全人的視点にもとづく精神看護過程」の改訂版を発行する運びとなりました.看護の質の向上および質の保証のための本書の使命が変わることはありませんが,今日,病院は,外来,在宅における看護のなかで,今までになかった多様な人たちのケアと,より現実的で具体的な事例にもとづく看護の必要性を感じるようになりました.

わたしたちは,精神疾患の看護を初めて学ぶ看護学生のために,看護師が人間の本質をどのように考え,学ぶことが必要であるかを本書で示していかねばならないと思っています.これは,看護独自の専門性とかかわりのあることです.看護師でなければできないかかわりかたです.本書はゴードンの機能的健康パターンを活用した看護過程をベースにしています.このように全人的に人間を見ていくことは看護師にしかできない視点です.精神疾病は,患者自身の安全にかかわるだけではなく,患者が生きる環境に深く影響を及ぼしていきます.単に疾患の看護だけではなく,患者周辺のケア,患者が及ぼす不都合だけではなく,われわれが健康生活を取り戻すために必要な外部環境とは,どのようなものであるか,深く考えていかねばならないと思います.

この改訂版では,事例の具体化とケアの介入方法について,初版より充実させました.特に高齢患者のケアと在宅患者のケアに幅を広げ,多様化する精神看護を展開していきます.

本書を用いるすべての方に精神看護の普遍性を理解していただけるように改訂させていただきました.


2021年8月

著者代表
白石壽美子・武政奈保子

■ 目次

第1章 精神看護における看護過程

1.精神看護とは(白石壽美子)

1)精神看護の定義・概念

2)精神看護の構造

(1)対象の全人的理解

(2)看護倫理

(3)対象―看護師関係

(4)専門職としての知識・技術
専門職としての知識/専門職としての技術

(5)対象の生活
ICFの特徴

(6)QOLの向上

2.精神看護における看護過程(白石壽美子)

1)看護過程の基本的な考え方

2)看護過程の展開

(1)第1段階 アセスメント
情報収集/アセスメント

(2)第2段階 看護診断
統合・課題抽出・優先順位

(3)第3段階 計画立案(目標・期待される成果設定・行動計画)
目標(期待される成果)の設定/援助方法の設定

(4)第4段階 実践(介入)

(5)第5段階 評価

3.全人的視点と精神看護(武政奈保子)

1)WHOの精神保健の3側面からの精神看護の特徴

(1)精神疾患の側面
脳の機能的障害による症状の看護

(2)精神障害の側面
生活の質を向上する看護

(3)メンタルヘルスの側面
疾患の前兆,リスクを発見し,悪化を防ぐ看護

2)こころの健康とストレス
精神看護とストレス理論/脆弱さについての取り扱い/レジリエンスの概念

3)精神看護でのコミュニケーション
人間をコミュニケーションの主体とみる

4)全人的視点と精神看護

第2章 精神看護における看護診断

1.全人的視点とゴードンの機能的健康パターン(武政奈保子・茂木泰子)

1)ゴードンの11の機能的健康パターンとNANDA-I看護診断

2)ゴードンの機能的健康パターンの構造

(1)「機能的健康パターン」の枠組み

(2)ゴードンの分類法と全人的視点

(3)理論的影響
ロジャーズの生命過程モデルからの影響/ロイの適応モデル/
ジョンソンの行動システムモデル/オレムのセルフケアエージェンシーモデル

3)全人的看護を追及したゴードンの機能的健康パターン

2.全人的視点による精神看護のアセスメントポイント(武政奈保子)

ヘルスプロモーション/活動/休息/知覚/認知/自己知覚/役割関係/コーピング/ストレス耐性/生活原理/安全/防御

3.ゴードンの11の機能的健康パターン分類を参考にした精神看護のアセスメントガイド

(鹿澤京子・寳迫佳代子・藤木眞由美・安保敏枝・八田由利子・茂木泰子・武政奈保子・白石壽美子)

第3章 看護過程の実際―事例展開

I.統合失調症をもつ人の看護過程(1)(急性期の場面)(鹿澤京子)

Aさんの紹介/Aさんに関する情報/アセスメントから結論まで/看護診断リスト/

関連図(#1 非効果的健康維持に関して)/看護介入(#1 非効果的健康維持に関して)/

関連図(#2 社会的相互作用障害に関して)/看護介入(#2 社会的相互作用障害に関して)/

Aさんの統合関連図/本事例のポイント

I.統合失調症をもつ人の看護過程(2)(慢性期~回復期の場面)(八田由利子)

Aさんの紹介/Aさんに関する情報/アセスメントから結論まで/看護診断リスト/

関連図(#1 レジリエンス促進準備状態に関して)/看護介入(#1 レジリエンス促進準備状態に関して)/

関連図(#2 自尊感情慢性的低下に関して)/看護介入(#2 自尊感情慢性的低下に関して)/

Aさんの統合関連図/本事例のポイント

I.統合失調症をもつ人の看護過程(3)(回復期~退院に向けた場面)(安保敏枝)

Aさんの紹介/Aさんに関する情報/アセスメントから結論まで/看護診断リスト/

関連図(#1 自己健康管理促進準備状態に関して)/看護介入(#1 自己健康管理促進準備状態に関して)/

関連図(#2 レジリエンス促進準備状態に関して)/看護介入(#2 レジリエンス促進準備状態に関して)/

Aさんの統合関連図/本事例のポイント

II.気分障害をもつ人の看護過程(藤木眞由美)

Bさんの紹介/Bさんに関する情報/アセスメントから結論まで/看護診断リスト/

関連図(#1 自殺リスク状態に関して)/看護介入(#1 自殺リスク状態に関して)/

Bさんの統合関連図/本事例のポイント

III.アルコール依存症をもつ人の看護過程(急性期~退院に向けた場面)(寳迫佳代子)

Cさんの紹介/Cさんに関する情報/アセスメントから結論まで/看護診断リスト/

関連図(#1 急性混乱に関して)/看護介入(#1 急性混乱に関して)/関連図(#2 肝機能障害リスク状態に関して)/

看護介入(#2 肝機能障害リスク状態に関して)/関連図(#3 自己健康管理促進準備状態に関して)/

看護介入(#3 自己健康管理促進準備状態に関して)/Cさんの統合関連図/本事例のポイント

IV.摂食障害をもつ人の看護過程(藤木眞由美)

Dさんの紹介/Dさんに関する情報/アセスメントから結論まで/看護診断リスト/

関連図(#2 栄養摂取消費バランス異常:必要量以下に関して)/

看護介入(#2 栄養摂取消費バランス異常:必要量以下に関して)/Dさんの統合関連図/本事例のポイント

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:25.3MB以上(インストール時:64.0MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:25.3MB以上(インストール時:64.0MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません