• M2PLUS
  • 正常画像と並べてわかる新編頭部CT

正常画像と並べてわかる新編頭部CT

  • 電子版発売日 : 2012年11月1日
  • 種別 : アプリケーション版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,300 (税込)
ポイント : 60 pt (2%)

商品情報

長年大好評の好著「 正常画像と並べてわかる頭部CT」、その続編として今回、百島祐貴先生によって新たに書き下ろされたのが本書「新編頭部CT」です。

頭部CTをテーマに、章立ても新たに、画像は全て新しいものにし、より多くの症例を掲載。緊急を要する脳血管障害、外傷はもちろん、CTで特徴的な所見が認められる疾患を数多く取り上げています! M2Plus Launcherの「Atlas」により、正常画像シリーズとの串刺し検索を実現。ますます情報豊富となった画像診断アトラス集がいつでも、どこでも、快適に検索参照いただけます。

特設紹介ページはこちら

■ 収録内容

正常画像と並べてわかる新編頭部CT

書籍はこちら

■ 株式会社 羊土社

■ A6判 242頁

■ 定価 本体 2,900円+税

■ ISBN978-4-7581-1172-0

■ 主な目次

序 章 頭部CT の読み方

第1章 脳血管障害

第2章 外傷

第3章 腫瘍

第4章 炎症・脱髄

第5章 変性・代謝性疾患

第6章 先天異常・正常変異・その他

第7章 頭蓋病変

第8章 頭頸部疾患

全文・全図表を収録しています

■ 特長1

日常診療に役立つ画像診断情報が満載!

画像診断のトップセラー「正常画像と並べてわかるシリーズ」の新編頭部CTの全文・全図表を収録しました。

「Atlas」での串刺し検索を実現

「正常画像と並べてわかるシリーズ」への串刺し検索ツール「Atlas」により、ビジュアルで部位を選択し、串刺し検索が可能です。

■ 特長2

キーワードによる全文検索が可能

目次画面では、キーワードでの検索が可能。索引項目からの検索をはじめ、全文検索も実装しました

部位番号選択で部位名を表示

PDA版では、正常画像の構造部位、症例画像の所見部位の表示・非表示の切替が可能です。ちょっとした学習にご活用いただけます。

■ 特長3

とっても便利な「南山堂医学大辞典」リンク参照!

正常画像の構造部位名を選択することで「南山堂医学大辞典」をリンク参照が可能です(※1)。PDA版ならでは快適な機能を実現しました。
(※1 「PDA版南山堂医学大辞典第19版」がインストールされている必要があります。)

ヒストリー表示で学習効果も向上!

ヒストリ表示ボタンをタップすることで、最近参照した順に項目をリスト表示。繰り返し参照が簡単に可能で、学習効果を高めます。

■ 画面イメージ

andorid.png
 

目次

詳細画面

詳細画面


ms.png
 

目次

詳細画面

詳細画面

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です(iOS/iPhoneOS/、AndroidOS)。



対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません