関節外科 2018年6月号 Vol.37 No.6 運動器疼痛 update

  • ページ数 : 144頁
  • 書籍発行日 : 2018年5月
  • 電子版発売日 : 2021年10月29日
¥2,640(税込)
ポイント : 144 pt (6%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

特集:運動器疼痛 update
 運動器疼痛の疫学
 痛みと神経メカニズム
 痛みの評価法
ほか

「関節外科」バックナンバー

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

introduction

日本整形外科学会の運動器疼痛対策委員会が行った調査では,長引く痛み=慢性痛の9割が整形外科の門を叩くことがわかっている。そこで重要なことは,慢性痛の多くが首以下の脊椎や四肢の痛みであり,その対応が整形外科で行われるべき事象であることが国民に広く認知されていることと同時に,整形外科で取り扱う疾患は,そのほとんどが痛みを主訴に受診していることである。従って,整形外科医は痛みに関する知識のプロでないといけない。しかしそれぞれの部位(各疼痛部位)の診療の軸がどうしても外科的な治療に偏りがちであり,長期的な病態のマネジメントに必要な内科的な面やリハビリテーション医学,痛みの神経生理学などの知識の吸収が滞りがちになっている。一方で,新しい薬物療法の開発・導入に対応していく必要があることや,運動器の痛みであっても精神心理的な面も含めた評価や対応は,痛み診療のフロントラインで活躍する整形外科医に必須になってきている。それにもかかわらず,多くの若手医師が勤務する急性期病院では,短期に入院させて手術が終わればすぐに退院→転院・在宅療養という流れが要求されるため,一人ひとりの患者に時間をかけて,家庭での生活背景などを考えた診療を行いながら学ぶというようなことが難しくなっている点もある。

運動器の痛みについては,疫学,神経生理学,運動(心肺呼吸)生理学,バイオメカニクス,病理学,薬理学,心理学,社会保障などの学問を総論としてもちつつ,各論として各組織の解剖生理などを学ぶ必要がある。

今回の「運動器疼痛update」では,運動器慢性痛の診療や研究にエネルギーを傾けてくださっている専門家の先生に,総論的な面によりフォーカスを当てて執筆いただいた。是非,このなかで,日常診療のなかで滞りがちな運動器疼痛の知識を補填して学んでいただければ幸いである。


愛知医科大学医学部学際的痛みセンター
牛田享宏

目次

特集:運動器疼痛 update  企画・編集:牛田享宏

運動器疼痛の疫学  山下敏彦

痛みと神経メカニズム  谷口 亘ほか

痛みの評価法  鈴木秀典ほか

情動と痛み  榊原紀彦ほか

姿勢不良,アライメント異常に対する痛みの治療  西村浩輔ほか

凍結肩治療の最前線−保存療法を中心に−  飯田博己ほか

スポーツによる膝関節の痛みと治療  出家正隆

補償と痛み  三木健司ほか

CRPSの最近の知見  矢島弘毅ほか

慢性腰痛と線維筋痛症  関口美穂ほか

足の痛み  髙倉義幸

リウマチ性多発筋痛症とRS3PE  武田朋代ほか

腱付着部症の最新知見と治療  落合信靖ほか

運動器に発生する腫瘍性疾患の疼痛  川﨑元敬ほか

オピオイドや抗うつ薬の副作用とコントロール  山田 圭

変形性関節症の痛みのメカニズムと治療  園畑素樹ほか

運動器疼痛に対するストレッチングと運動療法  木村慎二

連載

・これだけは知っておきたい,整形外科的徒手検査法

第30回 上肢−肘関節 Elbow flexion test  渡邊信二ほか

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:11.9MB以上(インストール時:28.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:47.8MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:11.9MB以上(インストール時:28.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:47.8MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784008203706
  • ページ数:144頁
  • 書籍発行日:2018年5月
  • 電子版発売日:2021年10月29日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。