• M2PLUS
  • 臨床スポーツ医学 2022年2月号(39巻2号)見落としてはいけないスポーツ外傷・障害

臨床スポーツ医学 2022年2月号(39巻2号)見落としてはいけないスポーツ外傷・障害

  • ISBN : 9784011003902
  • ページ数 : 116頁
  • 書籍発行日 : 2022年2月
  • 電子版発売日 : 2022年3月2日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,970 (税込)
ポイント : 54 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

「見落としてはいけないスポーツ外傷・障害~ピットフォールに陥らないために」特集として,サッカーによるcleft sign標/野球による肘頭疲労骨折/ラグビーによるリスフラン靱帯損傷/体操競技による肘関節離断性骨軟骨炎/ゴルフによる肋骨疲労骨折/サーフィンによる肩インピンジメント症候群/柔道による母趾靱帯損傷 などを取り上げる.連載は,【AI・IoTとスポーツ医学】【スポーツ現場に活かす運動機能評価とコンディション管理】.

≫ 「臨床スポーツ医学」最新号・バックナンバーはこちら
臨床スポーツ医学(2022年・年間購読)受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

見落としてはいけないスポーツ外傷・障害
-ピットフォールに陥らないために-


新型コロナ禍の中で開催された東京2020オリンピック競技大会では,史上初の無観客といった特殊な環境の中にあっても,情報通信技術の進化がもたらすメディアの力により,世界の頂点に立つアスリートたちの素晴らしいパフォーマンスに十分酔いしれることができました.史上最多の33競技・339種目が42の競技会場で開催されることで,その競技の種目特性の違いについて改めて考えてみる良い機会になったと思います.各スポーツ種目により,行われる環境や求められる身体能力は大きく異なっており,そこで発生する外傷・障害にも多様性がみられています.

今回の特集号では,「見落としてはいけないスポーツ外傷・障害-ピットフォールに陥らないために-」というテーマを取り上げました.一般的にはそう多くないかも知れませんが,ある競技には発生しやすいといった種目特異性の強い疾患について整理することにより,一層レベルの高いアスリート診療への準備になると考えています.

サッカー選手のグロインペインで撮ったMRIでは,どういった所見に注目すべきかご存じでしょうか? 野球選手の肩甲部から頚部にみられる疼痛にはMRIではなくCTが有用になることがあるとご存知だったでしょうか? サーフィンでは,パドリング動作が全動作時間の約半分を占めることをご存じだったでしょうか? 新体操選手の足背痛では,足舟状骨だけでなく第2中足骨基部にも注目する必要があることをご存じだったでしょうか? こういったスポーツごとに特異的な疾患があり,それらは各種目の運動特性に紐づけられていることを,前もって認識していることが最も重要だといえます.

その種目を専門とするスポーツドクターには馴染み深い疾患であっても,一般のドクターにとってはうっかり見落としてしまう可能性がありそうな疾患について,各スポーツ種目を熟知されている先生方に見落とさないためのポイントについて解説していただきました.そのため,各項目は「野球による肘頭疲労骨折」というように「競技種目+見落としやすい疾患名」として構成され25項目に及んでいます.

この特集号が,特に見落としやすい,また見落としてはいけないスポーツ外傷・障害についての理解の一助となり,明日からの診療に役立つ一冊になることを願っています.


特集編集:熊井 司(早稲田大学教授)

■ 目次

【特集】

サッカーによるcleft sign-難治性グロインペインと関連する指標……仁賀定雄

サッカーによるハムストリング肉ばなれ(坐骨結節付着部不全剝離)……杉本 武

サッカーによる外側半月板前節損傷……山口 基

サッカーによる膝離断性骨軟骨炎……中前敦雄 他

サッカーによる膝関節内大腿骨滑車部軟骨損傷……内田良平 他

サッカーによる足関節内側靱帯損傷……屋比久博己

野球による肘頭疲労骨折……永元英明 他

野球による第1肋骨疲労骨折……森岡 健 他

野球による胸郭出口症候群……下河邉久雄 他

野球によるtoxic annular tear性腰痛……手束文威

ラグビーによるリスフラン靱帯損傷……神崎至幸 他

ラグビーによるturf toe……有本竜也 他

バレーボールによる棘下筋萎縮-いわゆるペッコリ病……林 光俊

ハンドボールによる長胸神経麻痺……池上博泰

陸上長距離走による後脛骨筋腱炎・神経絞扼障害……天羽健太郎

投擲競技による椎間関節障害……眞鍋裕昭

フィギュアスケートによる足関節内果疲労骨折……高橋謙二 他

体操競技による肘関節離断性骨軟骨炎……面谷 透 他

新体操による下位胸椎~上位腰椎障害……半谷美夏 他

新体操・クラシックバレエによる第2中足骨基部疲労骨折……松井智裕 他

ゴルフによる肋骨疲労骨折(第1肋骨を除く)……布袋屋 浩

サーフィンによる肩インピンジメント症候群-パドリングによる障害……稲田邦匡 他

柔道による母趾靱帯損傷……紙谷 武

柔道による胸鎖関節後方脱臼……梶田幸宏

剣道による三角形間隙症候群……岩堀裕介

【連載】

AI・IoTとスポーツ医学 第2回

AI・IoTによる生体信号解析に基づく血管機能評価……藤田大輔 他

スポーツ現場に活かす運動機能評価とコンディション管理 第2回:運動機能評価とコンディショニング

筋力の評価:その1 下肢筋力評価の指標-体重支持指数(WBI)……山本利春

【臨スポOPINION】

深屈曲位での大腿四頭筋強化のためのスクワットトレーニング……下河内洋平

【臨スポニュース】

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:39.9MB以上(インストール時:83.6MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:39.9MB以上(インストール時:83.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません