• m3.com 電子書籍
  • 形成外科 2022年4月号【特集】部位別骨髄炎の診断と治療

形成外科 2022年4月号【特集】部位別骨髄炎の診断と治療

  • ページ数 : 138頁
  • 書籍発行日 : 2022年4月
  • 電子版発売日 : 2022年4月8日
¥3,630(税込)
ポイント : 66 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

頭蓋骨,下顎骨,胸骨,脛骨,足趾骨,踵骨の骨髄炎治療の主たる診療科は,形成外科であることが多い。しかし,部位別に独立した対応をしており,骨髄炎治療の大原則である「感染骨の除去と抗生剤全身投与6週間」という総論に沿っていない対応も見受けられる。部位別の診断と治療について,①診断,②局所治療,③全身治療などを中心に解説する。

≫ 「形成外科」最新号・バックナンバーはこちら
形成外科(2022年・年間購読)受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

企画にあたって

骨髄炎に絞った治療方法についての特集は,これまでにまとまったものはありませんでした。しかし,頭蓋骨,下顎骨,胸骨,脛骨,足趾骨,踵骨の骨髄炎部位治療の主たる診療科は,形成外科であることが多いと考えます。

ここで,部位別とした理由は,それぞれが独立した対応をしており,骨髄炎治療の大原則である「感染骨の除去と抗生剤全身投与6 週間」という総論に確実には沿っていない部分も見受けられます。それは,特殊な機能部位(脳保護,咀嚼,呼吸,歩行)や各組織の血流状態にもかかわってくるのではないかと考えます。

以上の観点から,それぞれの部位別骨髄炎の診断と治療について,まとめることは意義のあることと考え,

・診断(培養,XP,MRI ゾンデ法,病理組織など)

・ 局所治療(骨切除,創閉鎖方法&再建,IW-CONPIT,NPWTi-d/NPWTci,iSAP/iMAP)

・全身治療(抗生剤投与方法,HBO)などを部位別に述べていただきたいと思い企画しました。

それぞれの分野で活躍する形成外科医(創傷外科医)にとって,ほかの部位からの臨床応用にも役に立つ可能性も秘めているのではないかと期待しています。


神戸大学形成外科 寺師浩人

目次

随想

「見て盗め」はもう古いのか 藤岡 正樹

特集 部位別骨髄炎の診断と治療

企画にあたって (寺師浩人)

開頭術後の頭蓋骨骨髄炎 (吉岡伸高)

下顎骨骨髄炎 (明石昌也)

胸骨骨髄炎 (守永圭吾ほか)

脛骨骨髄炎 (東 晃史ほか)

足趾骨・踵骨の骨髄炎(1)―従来の治療法の確立― (藤井美樹)

足趾骨・踵骨の骨髄炎(2)―新しい治療法への挑戦― (桒水流健二ほか)

コラム:編集委員長コラム[第32回] (細川 亙)

連載:形成外科Topics!

米国における小児形成外科の実際(1) (山田 朗)

連載:私の心に残る1症例

No.34 (中岡啓喜)

連載:形成外科NEXT―次世代の本音―

ぶれない勇気 (林 明辰)

連載:教室だより北~南

No.88 東京女子医科大学附属八千代医療センター 形成外科 (竹内正樹)

連載:短編小説で綴る論文探訪 たんろんたん

進化の過程:遊離足趾移植 (寺尾保信,去川俊二)

症例

非対称性漏斗胸を合併した小耳症に対する耳介再建の1例 (大沼眞廣ほか)

幼児に発症した手掌部尺骨動脈瘤の1例 (前川恭慶ほか)

画像検査で悪性腫瘍との鑑別が困難であった褐色脂肪腫の1例 (中西佑太ほか)

外国文献抄訳 PRS Vol.148 No.2 (力丸英明)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:33.2MB以上(インストール時:70.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:132.8MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:33.2MB以上(インストール時:70.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:132.8MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784014106504
  • ページ数:138頁
  • 書籍発行日:2022年4月
  • 電子版発売日:2022年4月8日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。