• M2PLUS
  • CCUエキスパート看護マニュアル Part2.心電図,ペースメーカー,IABP

CCUエキスパート看護マニュアル Part2.心電図,ペースメーカー,IABP

  • ISBN : 9784498075849
  • ページ数 : 102頁
  • 書籍発行日 : 2011年6月
  • 電子版発売日 : 2012年6月30日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,300 (税込)
ポイント : 60 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

循環器看護のエキスパート集団、榊原記念病院のSakakibara Registered Nurse(SRN)のスキルとノウハウ、そしてその養成プログラムを元に作成された「CCUエキスパート看護マニュアル」が電子版となり登場です。

<Part2の主な収録内容>
・心電図および心電図モニターの管理
・観血的動脈圧モニターの管理
・一時的ペースメーカーの管理
・スワンガンツカテーテルの管理
・大動脈内バルーンパンピングの管理
・電気的除細動の実際

■ 序文

榊原記念病院は,心臓外科のパイオニアの一人である故榊原仟東京女子医科大学教授が,一人でも多くの心臓病患者を救うことと,循環器医療に携わる医師や看護師の教育のために日本心臓血圧研究振興会に附属する循環器専門の臨床研究施設として,1977年11月に設立しました.病院設立当初は,ICUに附属した設備としてCCU(coronary care unit)4床を稼働させ,1984年に独立した10床のCCUになりました.

当初のCCUは,その用語の意味のとおり,冠動脈疾患患者を収容して治療と看護を行っていましたが,循環器治療の進歩と変遷とともに,その機能や役割も変化してきました.たとえば,1980年代は,通常の経皮経管的冠動脈形成術であるPOBAが主流でしたが,1990年代に冠動脈ステントに移り,同時にDCAやロータブレーターなどの新たな冠動脈形成術が開発され,そして,循環補助の内科的システムとして,経皮的人工心肺システムPCPSが導入されました.それにより,左冠動脈主幹部やLAD近位部に対するPTCAの治療適応が拡大し,身体侵襲の大きい外科的治療から侵襲の少ない内科的治療へとシフトし,重症循環不全患者の急性期の救命率も格段に進歩したような印象があります.とくに,1980年~1990年代は日本の高度成長期の真最中であり,日本の食事が欧米化するとともに,肥満や高脂血症を生み,その結果,虚血性心疾患の罹患患者の増大と若年化傾向があったため,CCUの果たした役割は大きいと思います.

また,CCUの設備も大きく様変わりしました.心電図モニターは,単に心電図をモニターするものではなく,数多くの身体所見をモニターすることができるようになり,それら刻々と変化するデジタル数値をあらゆる方法でトレンドすることができるようになりました.また,人工呼吸器や補助循環装置は,小型化されつつ高性能のコンピュータを内蔵した機械に変化していきました.CCUで働く看護師は,患者の身体を,自分の手で触れ,目で見て,耳で聞いて観察するだけではなく,生体モニター画面や,人工呼吸器,補助循環装置のデジタル画面をみて,そこに表示される数値も管理しなくてはならなくなりました.その結果,機械の取り扱いやデータのアセスメントに苦手意識をもつ看護師は,CCUやICUにあるモニターやME機器をみただけで,圧倒されてしまうのではないでしょうか.

本書は,そんな看護師のために,CCUに入室する患者の代表的な疾患の治療と看護,それぞれの循環管理の実際を図や写真を用いてわかりやすく解説し,そして,CCUナース育成のために必要なチェックリストを紹介することを目的に作成しました.執筆は,榊原記念病院のCCU・ICUで働くSRN(Sakakibara Registered Nurse)が行いました.担当したSRNは,自分の持っている技術と知識を出し惜しみすることなく執筆しましたので,足掛け4年の歳月をかけ,大変多くのボリュームになってしまいましたが,中外医学社の宮崎氏のご尽力により,3分冊にして,発刊することができました.深く感謝いたします.本書が,循環器の急性期に対する苦手意識を克服することに役立つことを祈念しています.


2011年 3月

榊原記念病院
三浦稚郁子

■ 目次

1 心電図および心電図モニターの管理

A.心臓のポンプ機能

B.心臓の刺激伝導系

C.心電図とは

1.心電図の種類

2.心電図の誘導

D.心電図波形の成り立ち

1.正常心電図波形と正常伝導時間

2.波形の計測方法

3.心拍数の測定

E.モニター心電図とその管理

1.モニターの種類

2.モニターの誘導方法と装着方法

3.心電図モニターの管理

4.装着中の看護のポイント

F.12誘導心電図とその測定法

1.12誘導心電図の誘導と波形

2.12誘導心電計の電極と装着部位

3.右側胸部誘導(V7 V3R V4R)について

4.12誘導心電図の測定とポイント

5.CCUにおける,12誘導心電図の看護ポイント

G.心電図に発生しやすい障害と対処方法

2 観血的動脈圧モニターの管理

A.目 的

1.循環動態の把握

2.動脈血採血

B.方 法

1.必要物品

2.手 順

3.挿入時の看護のポイント

C.動脈血採血の手順

1.必要物品

2.採血手順と看護のポイント

3.測定できる数値

D.動脈圧ライン留置中の看護

1.動脈圧ラインの管理

2.圧波形の観察

E.抜去時の看護

1.必要物品

2.抜去の方法

3.看護のポイント

3 一時的ペースメーカーの管理

A.目 的

B.種類と適応

1.一時的ペースメーカー

2.恒久的ペースメーカー

3.経皮的ペースメーカー

4.使用されるペーシングリード

C.ペースメーカーの機能分類

1.機能様式

2.各機能様式におけるペーシング作用機序

D.一時的ペースメーカー挿入時の看護

1.必要物品

2.手 順

3.ペースメーカーの設定

E.合併症

1.挿入時の合併症

2.挿入後の合併症

F.ペースメーカー留置中の看護

1.観 察

2.ペースメーカーの確認

G.ペースメーカー機能不全時の対応

1.ペーシング不全

2.アンダーセンシング不全

3.オーバーセンシング不全

4 スワンガンツカテーテルの管理

A.スワンガンツカテーテル(Swan-Ganz catheter ; S-Gカテーテル)とは

1.目 的

2.適 応

3.禁 忌

B.S-Gカテーテル挿入時の看護

1.方 法

2.必要物品

3.手 順

4.挿入時の合併症

5.看護のポイントと根拠

C.S-Gカテーテル挿入中の看護

1.S-Gカテーテルの管理

2.挿入中の合併症

3.心内圧測定とアセスメント

4.患者の観察

5.日常生活の援助

D.S-Gカテーテル抜去時の看護

1.必要物品の準備

2.手 順

3.止血後の観察

4.抜去後の指標と心機能の評価

5 大動脈内バルーンパンピングの管理

A.大動脈内バルーンパンピングとは

1.目 的

2.適 応

3.禁 忌

B.IABP挿入時の看護

1.方 法

2.必要物品(セルジンガー法)

3.手 順

4.駆 動

5.挿入時の合併症

6.看護のポイントと根拠

C.IABP挿入中の看護

1.IABP駆動装置の確認とアラーム対応

2.挿入中の患者の観察

3.合併症の予防,早期発見

4.日常生活の援助

D.IABP離脱時の看護

1.離脱開始基準

2.離脱手順

3.離脱中の観察

E.IABP抜去時の看護

1.必要物品の準備

2.手 順

3.止血後の観察

6 電気的除細動の実際

A.目 的

B.適 応

1.心房細動

2.心房粗動

3.心房頻拍,発作性上室性頻拍

4.心室性頻拍

5.心室細動

C.方 法

D.カルディオバージョンの手順

1.実施前アセスメント項目

2.必要物品

3.実施手順

E.看護のポイント

F.合併症

索引

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:26.5MB以上(インストール時:57.6MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:16.4MB以上(インストール時:41.0MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません