• M2PLUS
  • やさしくわかるカテーテルアブレーション

やさしくわかるカテーテルアブレーション

池田 隆徳 藤野 紀之 (編)

羊土社

  • ISBN : 9784758107594
  • ページ数 : 180頁
  • 書籍発行日 : 2019年3月
  • 電子版発売日 : 2019年5月17日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,950 (税込)
ポイント : 90 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

治療のキホンと流れを理解して、アブレーションへの「苦手」をなくす!

アブレーションは「むずかしい」と思っているあなたのための1冊! デバイスの特徴,心内心電図の見かた,治療の流れなど,まず押さえておきたい事をやさしく解説.医師,メディカルスタッフのはじめの一歩に最適!

■ 序文

はじめに

若い医療従事者に「循環器系の治療を挙げてください」と問いかけると,真っ先に挙がるのはやはり"冠動脈インターベンション"である.では,その次はというと,ほとんどの若い方は"カテーテルアブレーション(アブレーション)"と答える.薬物治療よりも優先順位が高いことに驚く.循環器というと観血的治療というイメージがあるのかもしれない.小生はカテアブ治療に創世記から関与してきたこともあって,なんだか嬉しい気持ちになってしまう.

思い起こせば,アブレーションが日本に本格的に導入されたのは1990年代に入ってからであり,歴史としてはまだ浅い.また,焼灼の熱源として,長らく高周波電流がアブレーションの主流であったが,近年になって冷凍凝固(クライオ)やレーザーなども登場してきて,この領域はめまぐるしい勢いで進化している.対象となる不整脈も,発作性上室頻拍から心房粗動,そして心房細動へと拡大し,時として心室頻拍にも応用されるようになった.このようにアブレーションが進歩したのには,理由がいくつかある.まずは通電用の電極カテーテルが自由自在に操作できるように改良されたことである.次は何といっても,高性能のマッピング装置が登場してきたことが大きい.電位図としてしか捉えることができなかった不整脈を,地図を見るように目で見て,かつ動画で理解できるようになったのである.

その一方で,初心者においてはアブレーションを理解することが難しくなってきているようにも思われる.

そこで,このような難点を払拭すべく,初心者の目線でみたわかりやすいアブレーションの入門書を発行することにした.統一性を図るために執筆者は皆,東邦大学病院のスタッフとした.内容としては徹底的にわかり易さを追求した.そのうえで最新の技術的な進歩についても解説することにした.本書を活用することでアブレーションに対する苦手意識を克服し,この治療法のエキスパートになっていただけると確信している.


2019年2月

東邦大学 教授
池田 隆徳

■ 目次

はじめに

序章 これからアブレーションを始めるあなたへ

1 初期研修医のあなたへ

2 専攻医のあなたへ

3 看護師のあなたへ

4 臨床工学技士のあなたへ

第1章 EPS・アブレーションの基本

1 不整脈とは?

2 EPSってなに?

3 アブレーションってなに?

4 アブレーションの適応疾患とコスト

第2章 これだけは押さえておこう!心臓の位置関係

1 心臓内部〜右房・心房中隔・ヒス束・右室

2 冠動脈と冠状静脈洞(CS)の走行

3 右室流出路・左室流出路の前後関係

4 左房と食道の位置関係

第3章 苦手克服!心内心電図はじめの一歩

A.心内心電図

1 心内心電図のみかた

2 刺激法

B.3Dマッピングシステム

1 CARTO®

2 EnSiteTM

第4章 いざカテ室へ!典型例から学ぶアブレーション

1 心房細動(AF)

2 心房粗動(AFL)

3 WPW症候群(AVRT)

4 房室結節リエントリー性頻拍(AVNRT)

5 心室期外収縮(VPC)

第5章 病棟ですべきことは?アブレーション前後の管理

1 入院からアブレーション前まで

2 アブレーション終了直後から退院前

3 合併症とその対策

4 退院後のフォロー


付録

①心電図から学ぶ

1 Narrow QRS頻拍の鑑別法

2 Wide QRS頻拍の鑑別法

3 WPW症候群のケント束部位の推定

4 VPC起源の推定

②アブレーション中によく使う言葉


索引


執筆者一覧


おわりに

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:13.0MB以上(インストール時:28.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:23.7MB以上(インストール時:49.5MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません