• M2PLUS
  • 看護学生・若手看護師のための 急変させない患者観察テクニック

看護学生・若手看護師のための 急変させない患者観察テクニック

  • ISBN : 9784758109710
  • ページ数 : 237頁
  • 書籍発行日 : 2018年2月
  • 電子版発売日 : 2018年12月12日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,970 (税込)
ポイント : 162 pt (6%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

小さな変化を見逃さない!できる看護師のみかた・考え方

「急変して予期せぬ心停止!」とならないために,できる看護師が行う「急変の芽を摘み取る方法」を“14枚の知識カード”にまとめて解説!本書をマスターすれば,できる看護師の思考パターンで動けます!

■ 序文

本書の目的は、1)看護学生・若手看護師に「急変させない患者観察テクニック」アプリケーションを提供し、2)アプリを使う練習(シミュレーション)をしながら「できる」看護師の基本的な看護実践能力である「急変させない患者観察テクニック」を獲得することにあります。

急変させない患者観察が習慣になれば、看護につきまとう「患者が急変したらどうしよう...」という不安から開放され、看護の楽しさ・素晴らしさを味わう気持ちの余裕が生まれ、看護師のキャリアを継続するモチベーションが向上します。

本書を使った学び方はスマートフォンに新しいアプリをインストールし、アプリを使いながらアプリの応用のしかたを習得していくやり方と同じです。「急変させない患者観察テクニック」のアプリを使うことで効果的(できるようになったことが実感できる)・効率的(短い時間・少ない労力で)・魅力的(楽しく集中して)な方法で「できる」看護師の患者安全能力を獲得します。

本書は日本医療教授システム学会が開発したゴールド・メソッド(GOLDメソッド)を用いて執筆しました。ゴールド・メソッドにより、現場で行う看護実践をホール(全体)として学べる看護実践の教材と、「できる」看護師になりきって看護実践を行うためのツール(スクリプトと知識カード)を作成しました。学習者は情報として提示される模擬患者に対しツールを利用しながら看護実践を経験します。看護実践の一連のプロセスで患者の病状を認識して変化を予測し看護計画を立てたり、観察したことから状況を判断したり、その状況で必要な行動を選択し実行しながら、「できる」看護師の看護実践能力を獲得していきます(アプリを自分の頭の中にインストールしていく・自分の能力に変換する)。

最後に本書を攻略するコツを伝授しておきます。

・書かれた文字を読みながら頭の中に患者とその世界をつくり出し、その世界の中で看護実践を行う自分をイメージしてください。

・看護実践に「ただ1つの正解」はありません。

・看護実践では「こういう場合はこう考えこの計画を採用する」という計画する考え方と、「このような結果になった理由は多分こうだろう」という結果を分析する考え方が必要になります。

・クイズやシミュレーションでは、試験の頭で正解を探すのではなく、患者とかかわっている自分のイメージ的な世界の中で「できる」看護師として計画する考え方と分析する考え方を使います。


それでは本書、「急変させない患者観察テクニック」をお楽しみください。


2018年1月

日本医療教授システム学会代表理事
池上 敬一

■ 目次

本書の使い方

1.学習マップ

2.本書の構成と学びのデザイン(本書の役割)

3.効果的な学び方(読者の役割)

第1章 「急変させない患者観察テクニック」の背景となる知識

1.患者急変はなぜ起こるのか

2.心停止マップと患者の変化

3.問題解決技能

4.急変させないためのトレーニング

第2章 事例で学ぶ「急変させない患者観察テクニック」

1.実際に患者さんを受けもって考える

第3章「急変させない患者観察テクニック」のツール

1.「急変させない患者観察テクニック」というプログラム

2.知識カードとその使い方

第4章 「急変させない患者観察テクニック」を用いた看護実践とその事例

1.看護実践を実際に行うまえに

2.学習の文脈(状況設定)

3.最初の訪室(肝生検から帰室して1時間後)

4.2回目の訪室(肝生検から帰室して3時間後)

第5章 メンタル・シミュレーションで練習

1.シナリオ1 整形外科病棟・個室:斉藤恵子さん(82歳・女性)

2.シナリオ2 内科混合病棟・個室:安藤浩三さん(54歳・男性)

第6章 卒業テスト

1.問題

2.解答と解説

第7章 卒業テストに合格した後の学習の指針

1.患者安全のためのチーム・シミュレーション(患者安全TeamSim)

2.卒業テストに合格した後の学習の指針

3.看護業務の構造と看護実践技能を学習する方法

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:23.0MB以上(インストール時:50.0MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:45.7MB以上(インストール時:114.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません