• M2PLUS
  • CT読影レポート、この画像どう書く?

CT読影レポート、この画像どう書く?

小黒 草太 (著)

羊土社

  • ISBN : 9784758111911
  • ページ数 : 238頁
  • 書籍発行日 : 2019年11月
  • 電子版発売日 : 2019年11月27日
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,180 (税込)
ポイント : 76 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

CT読影レポートの実例満載の入門書.解剖をふまえた読影のポイントや,具体的なレポート記載方法を,ベスト指導医賞を受賞した著者がわかりやすく教えます!放射線科研修で初めに知りたい知識がつまった1冊です.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。 詳細は こちらでご確認ください。

推奨ブラウザ: Internet Explorer 11.x / Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに

研修医や学生の皆様へ

国立病院機構東京医療センターは研修先として人気がある病院の一つで,研修医全員が放射線科をローテーションします.しかし研修医の先生方を見ていると,最初の数週間はどのようにレポートを書いてよいのかわからず,画像診断の楽しさを理解できないことも少なくないと感じます.研修医向けの解説本も多く発行されていますが,解剖に関しては細かすぎたり,疾患に関しては稀なものが多すぎたりで,初学者のニーズに合うような必要最低限の知識を網羅的に解説するものは少ないかもしれません.そこで,本書では読影に必要な最低限の解剖と頻度の高い疾患に絞って網羅的に記載しました.本文中に出てくる読影レポートの記載例はあくまで例なので実臨床では各施設のレポートの書き方のルールに従うようにお願いします.皆様に画像診断の楽しさが少しでも多く伝われば幸いです.


放射線科医の皆様へ

研修医から何回も出てきた基本的な質問に答えるべく本書を作成しました.放射線科の先生方への質問が減って業務が少しでも楽になることを祈っています.本当かどうか怪しい記述があったりすると思いますが,すべては研修医の理解を助ける目的で記載しました.もし,内容に不備がありましたら,遠慮なくご意見をいただければと思います.


本書を作成するにあたって,協力して頂いた国立病院機構東京医療センターの樋口順也医長を始めとする放射線科の先生方,慶應義塾大学放射線科の百島祐貴先生,杉浦弘明先生,東邦大学放射線科の田村謙太郎先生,羊土社編集部の保坂早苗様,庄子美紀様に厚く御礼申し上げます.最後に惜しげもなく協力してくれた家族に感謝します.


2019年11月

小黒 草太

■ 目次

1章 読影レポートを書く前の基礎知識

① CT装置と画素数の基礎知識

② CT画像の性質

③ スライスの厚さと部分容積効果(partial volume effect)

④ 読影の順番

⑤ レポートの読みやすさ

⑥ CT画像に表示されている文字

⑦ 造影剤

2章 頭部

◆基礎知識

① 解剖

② 頭蓋底

③ 髄膜

④ 脳室

◆異常所見

① 脳梗塞を疑う場合

② 脳出血を疑う場合

③ 低酸素脳症

④ 頭部外傷骨折

⑤ 慢性硬膜下血腫

⑥ 水頭症

⑦ 腫瘤性病変

⑧ 病的意義の乏しい所見

3章 胸部

1.肺野

◆基礎知識

① 胸部CT

② 解剖

◆異常所見

① すりガラス影またはすりガラス状濃度

② コンソリデーション

③ 結節影

④ 孤立性病変

⑤ 多発小結節影

⑥ 広義間質肥厚に伴う異常陰影

⑦ 網状影

⑧ 牽引性気管支拡張

⑨ 蜂巣肺

⑩ 気管支拡張

⑪ 粘液栓

⑫ 索状影

⑬ 荷重部高吸収域

⑭ 胸水貯留+受動無気肺

⑮ 肺野低吸収域

⑯ 空洞性病変

⑰ 急性,両側性,非区域性,すりガラス影

2.肺動静脈

◆基礎知識

◆異常所見

① 肺動脈拡張

② 肺動脈内の造影不良域

4章 腹膜,肝胆膵脾

1.腹膜腔と腹膜外腔

① 腹膜腔と腹膜外腔について

2.肝臓

◆基礎知識

① 肝臓の解剖

② 肝区域

③ 門脈の同定

④ 尾状葉

◆異常所見

① 肝内胆管拡張

② Peri-portal collar

③ 胆道気腫と門脈内ガス

④ 肝実質の濃度低下

⑤ 肝腫大

⑥ 尾状葉と外側区域の腫大,肝縁の鈍化,肝表の凹凸

⑦ 肝臓の腫瘤性病変

3.胆嚢と胆管

◆基礎知識

① 解剖

◆異常所見

① 胆嚢腫大

② 胆嚢内の結節性低吸収または高吸収

③ 胆嚢内の結節性の造影増強効果

④ 胆嚢壁肥厚

⑤ 総胆管拡張

4.膵臓

◆基礎知識

① 解剖

② 膵臓の大きさ

③ 主膵管の径

◆異常所見

① 主膵管拡張と途絶

② 膵腫大と周囲脂肪織濃度上昇,膵臓の造影不良域

③ びまん性の石灰化,膵管内の結石,主膵管の不規則なびまん性の拡張

5.脾臓

◆基礎知識

① 解剖

5章 泌尿生殖器

1.副腎

◆基礎知識

① 解剖

◆異常所見

① 副腎の腫瘍性病変

② 副腎の腫大

2.腎

◆基礎知識

① 解剖

◆異常所見

① 腎の石灰化濃度

② 腎腫瘤性病変

③ 腎実質の造影不良域

④ 腎実質萎縮と辺縁の変形

⑤ 腎盂拡張

3.尿管

◆基礎知識

① 解剖

◆異常所見

① 尿管の途絶所見

4.膀胱

◆基礎知識

① 解剖

◆異常所見

① 膀胱壁から内腔に突出する壁肥厚

② 膀胱壁のびまん性肥厚

5.前立腺

◆基礎知識

① 解剖

◆異常所見

① 前立腺の腫大

6.子宮,卵巣,腟

◆基礎知識

◆異常所見

① 子宮の腫瘤性病変

② 卵巣の嚢胞性腫瘤

6章 腸管

1.上部消化管

◆基礎知識

① 食道の解剖

② 胃の解剖

③ 十二指腸の解剖

◆異常所見

① 食道壁肥厚

② 胃壁の肥厚

③ 十二指腸下行部内側の憩室

2.下部消化管

◆基礎知識

① 小腸の解剖

② 大腸と直腸の解剖

③ 下部消化管の読影

◆異常所見

① 小腸壁肥厚

② 大腸壁肥厚

③ 小腸の拡張:腸閉塞とイレウス

④ 大腸の拡張:腸閉塞とイレウス

⑤ 消化管周囲の遊離ガス,糞便:穿孔・穿通

⑥ 結腸壁の限局的な突出

⑦ 虫垂

7章 血管,血腫

1.血管

◆基礎知識

① 大動脈の解剖

② 腹部大動脈と主な分枝の解剖

◆異常所見

① 大動脈解離

② 大動脈瘤

③ 大動脈瘤破裂(rupture)

④ 外傷性大動脈損傷

⑤ 上腸間膜動脈の途絶

2.血腫

◆基礎知識

① 無構造な淡い高吸収域

◆異常所見

① 淡い高吸収腫瘤

② 血腫内への造影剤の漏出

③ 女性の急性腹痛と血性腹水貯留(妊娠反応陰性)

8章 リンパ節

◆基礎知識

① リンパ節の構造

② リンパ節の探し方

◆正常所見/異常所見

① 腋窩リンパ節と鼠径リンパ節

② 鎖骨上(窩)リンパ節と鎖骨下リンパ節との違い

③ 胸骨傍リンパ節

④ 反回神経リンパ節(No.106rec)

⑤ 小腸間膜内リンパ節

⑥ 閉鎖リンパ節

特別付録:放射線科で必ず行う静脈路確保の手順とコツ〜サーフローフラッシュ

索引

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:30.8MB以上(インストール時:65.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:30.8MB以上(インストール時:65.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません