• M2PLUS
  • PBLDで学ぶ痛み治療―術後鎮痛から、ペインクリニック、緩和医療まで―

PBLDで学ぶ痛み治療―術後鎮痛から、ペインクリニック、緩和医療まで―

駒澤 伸泰 森本 康裕 (編集)

克誠堂出版

  • ISBN : 9784771905030
  • ページ数 : 158頁
  • 書籍発行日 : 2018年5月
  • 電子版発売日 : 2019年3月27日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,960 (税込)
ポイント : 72 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

第I章手術室、第II章ペインクリニック、第III章緩和医療。日頃遭遇する問題点を中心にPBLD形式で解説(症例経過、設問、解説、Point、伝えたい一言)。

安全でかつ有効な痛み治療の実践につながるようにと願いを込め、痛みに治療の現場で日頃遭遇する問題点を中心にProblem-Based Learning Discussion(PBLD)形式で理解を深めてもらうことを目的として編集した。

■関連書籍
PBLDで学ぶ周術期管理
PBLDで学ぶ周術期管理:各科手術編

■ 序文

痛みとの闘いは、人類の歴史でもある。われわれ麻酔科医は周術期、ペインクリニックさらに緩和ケア等いろいろな分野で患者の痛みに向き合っている。痛みの治療には神経ブロックやオピオイドを使用するが、これらは強力な鎮痛作用がある反面副作用にも注意が必要である。患者の安全はどのような場面でも最も重視されなければならない。

本書は、このような痛みに治療の現場で日頃遭遇する問題点を中心にProblem-Based Learning Discussion(PBLD)形式で理解を深めてもらうことを目的として編集した。PBLDは新しい医学教育の手法として各種学会で行われているが、公開されることは少ない。われわれはすでに周術期管理についてPBLD形式の二冊の本を上梓したが、この形式が麻酔科領域での知識習得や他職種の連携構築に有効であることを実感している。本書についても職場であるいは自宅でゆっくり読んでいただき、他書も参考にしながら安全でかつ有効な痛み治療の実践につなげていただきたい。

本書の企画・編集を助けてくれた大阪医科大学麻酔科学教室の駒澤伸泰先生、多大なご協力を賜った克誠堂出版の関貴子氏に心から感謝します。


2018年3月
遅い梅の季節に

森本 康裕

■ 目次

第I章 手術室

1 硬膜外麻酔後の神経損傷疑い(鑑別・血腫まで)

2 無痛分娩による合併症

3 超音波ガイド下腕神経叢ブロックによる気胸

4 坐骨神経ブロック後の遷延性下肢麻痺

5 局所麻酔薬中毒

6 持続静脈内フェンタニル投与と合併症

第II章 ペインクリニック

7 星状神経節ブロックと合併症

8 頭痛の鑑別と対応

9 複合性局所疼痛症候群の診断と治療

10 有痛性糖尿病性神経障害

11 三神経痛の診断と治療

12 帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛の診断と治療

第III章 緩和医療

13 緩和医療の基本的考え方

14 骨転移痛への対応

15 内臓神経ブロックとオピオイド離脱症候群

16 呼吸困難、消化器症状、終末期鎮静

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:9.5MB以上(インストール時:21.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:17.1MB以上(インストール時:36.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません