• M2PLUS
  • Dr.岡の感染症ディスカバリーレクチャー 新型コロナウイルス COVID-19特講 2021

Dr.岡の感染症ディスカバリーレクチャー 新型コロナウイルス COVID-19特講 2021

  • ISBN : 9784498021341
  • ページ数 : 184頁
  • 書籍発行日 : 2021年1月
  • 電子版発売日 : 2021年1月1日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,970 (税込)
ポイント : 54 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

この波を食い止めろ!
新型コロナウイルス感染症を正しく理解しようとするすべての方々のために!


2021年を迎えても収束の気配を見せないCOVID-19.最前線で闘う医療者に,新型コロナウイルスを正しく理解しようとする一般の方に,Dr.岡が再び最新情報を贈ります.ウイルス変異,重症化因子,PCR・抗原検査、治療薬・ワクチンなどの最新知見を踏まえ、全面的に書き改めるとともに,「症例編」には自験例を前提としたリアルな症例検討を収録.

あわせて読む → 新型コロナウイルス COVID-19特講

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文


いま,第3波の真っ只中にいる.

今回の波はちょっと違う.大きく強烈だ.

この波を乗り越えるため,感染対策や,診療にあたるだけではなく,持ち堪える組織を作り地域,病院,自分の診療科,部下たちを護らねばならない.理解を得るため,説明をし,お願いする毎日だ.それでも,正直,持ち堪えられるのか不安だ.

なぜか? この波の大きさを前にして,私たちが現場で,肌で感じている危機感と,支援協力が不可欠な行政側の持つ危機感に温度差を感じたためだ.

その思いを,いつの間にか,Facebookに書き込んで投稿してしまった(注).あの文章,多分10分程度の出来事だ.幸か不幸か,経験したことのない拡散が始まって,気づいた時にはメディアからの取材が殺到し,政治家の先生たちに声を聞いていただけるようにもなった.でも,本当はちょっとどころではなく,すごく怖い.いますぐ消えてしまいたい心境だ.ただ,多くの方に現場の事実を知ってもらうために情報を発信することもいまの立場の責務だとも思う.

これまで私は,医療従事者を対象に繰り返しCOVID-19に関する講義を収録し公開してきた.

その内容を書き起こす形で,前作『Dr. 岡の感染症ディスカバリーレクチャー新型コロナウイルス COVID-19 特講』を出版させていただいた.幸に増刷の機会を得たが,情報更新の速い本感染症について,増刷よりも内容を全面刷新するべきであると思い,この度,新版を出させていただくこととなった.2020年11月段階の最新情報のレクチャーに,私たちが経験したリアルな症例検討を加えている.

本書は医学専門書であるが,治療や症例検討の一部を除けば,一般の方も理解可能なように解説を心がけている.

私の投稿にとても温かいお便りを始め,声をかけてくださる方がたがいる.感謝しかない.コロナで人がわかる.そういう応援をしてくださる人たちの役に立ちたい.その思いで今日,徹夜で校正を終えた.時間がないので一晩気合いで一気に仕上げたので,読み苦しいところも多々あるかもしれないが,出版社の素晴らしい編集に期待している.本書を,広く,新型コロナウイルス感染症を理解するためにお役立ていただけたら幸いである.


(注)2020年11月26日の投稿

2020年12月

暖房の効かない早朝の教授室より
岡 秀昭

■ 目次

[講義編]

◆第1講 総論:疫学・ウイルス学

 はじめに

 新型コロナウイルスとは

 わかってきたウイルス感染・発症のメカニズム

 ウイルスの変異と弱毒化説・楽観説について

 みえてきた感染様式の実態

 臨床像

◆第2講 感染予防

 はじめに

 医療機関における感染予防の重要性

 医療施設における適切な予防策

 感染者の早期覚知,隔離

 適切な感染予防策の実施

 適切な環境消毒

 感染者の隔離解除

 濃厚接触に該当してしまった際の対応

 ワクチンについて

◆第3講 診断

 はじめに

 臨床症状

 検査による診断

◆第4講 治療

 はじめに

 わずかだが,確立されつつある治療ストラテジー

 治療において最も重要なこと

 重症化のメカニズムと対処法

 酸素療法

 治療方針の考え方

 レムデシビル

 ステロイド

 ロピナビル/リトナビル

 ヒドロキシクロロキン

 トシリズマブ

 ファビピラビル

 回復者血清

 その他

[症例検討編]

◆症例1 発熱・咳嗽の40歳代男性〔岡 秀昭/佐藤央基〕

◆症例2 意識障害を呈した70歳代女性〔岡 秀昭/川村隆之〕

◆症例3 発熱,倦怠感が持続する60歳代男性〔岡 秀昭/山下裕敬〕

◆症例4 発熱,全身倦怠感,咽頭痛を呈した70歳代女性〔岡 秀昭/小野大輔〕

◆症例5 発熱,咳嗽,労作時呼吸困難を呈した50歳代男性〔岡 秀昭/三村一行〕

索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:11.2MB以上(インストール時:25.6MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:11.2MB以上(インストール時:25.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません