• M2PLUS
  • レジデントノート2019年2月号 学会発表にトライ!

レジデントノート2019年2月号 学会発表にトライ!

  • ISBN : 9784758116206
  • ページ数 : 152頁
  • 書籍発行日 : 2019年1月
  • 電子版発売日 : 2019年1月16日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,200 (税込)
ポイント : 40 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

日常の疑問を解決できる! 研修医にもっとも読まれている研修医のための雑誌レジデントノート!

【2019年2月特集】
「学会発表にトライ!研修医のうちに身につけたい、一生モノの知識とコツを伝授します!」
はじめての学会発表にすぐ活用できる!テーマ選びから日常診療でのデータ収集,伝えたいことが適切に伝わる発表のしかたまで,本当に必要な基本をコンパクトに解説.さらに,会場での情報収集のしかた,論文化もサポート!

レジデントノートバックナンバー

「レジデントノート」2019年定期購読はこちら

■ 序文

特集にあたって

私自身は医師免許を手にして20年になろうとしています.この間に学会などで数多くの発表の機会をいただき,またほかの人の発表を聴いたり,同僚や後輩の発表を手伝ったり指導をする機会をいただきました.そのなかで,私が今となってはあたり前と思うことも,発表の初心者にとっては必ずしもそうではない,ということにハッとすることが多いです.


(中略)

さて,今回の特集では私自身も一部の執筆を担当していますが,私が所属する東京大学胸部外科の若手のなかでも特に発表に長けた,まさにキレっキレの3名の精鋭(井上堯文先生,唐﨑隆弘先生,柳谷昌弘先生)に執筆を依頼しました.そして返ってきた原稿はいずれも私の期待を大きく上回り,どれも唸らせられる非常にすばらしい内容となっています.


(中略)

今回の特集を通じて,老いては子に従え―ではないですが,次のgenerationが確実に成長し自分を乗り越えていくのを実感しました.そしてさらにその次のgeneration―つまり読者である研修医諸君―には,本特集にある先輩たちからの貴重なメッセージを余すところなく吸収し,次の10年,20年でさらなる発展を遂げてもらいたいと思います.分量としてはそれほど多くはありませんが,ここに書かれていることの大部分は時代が変わっても変わることのないエッセンスであり,臨床医として,研究者として『一生モノ』の内容であると思います.


佐藤 雅昭
(東京大学医学部附属病院 呼吸器外科)

■ 目次

特集

抄録を書こう

PowerPointとその周辺をマスターしよう

スライドをつくろう

発表を練ろう

いよいよ発表当日

ポスターをつくろう

+α!会場で情報収集しよう

+α!発表を論文にしてみよう

連載

実践!画像診断Q&A―このサインを見落とすな

頸部痛,咽頭痛で受診した50歳代男性

乾性咳嗽を主訴とした50歳代男性

転倒後の手関節痛で来院した10歳代男性

なるほどわかった!日常診療のズバリ基本講座

医師として日常業務をいかに効率よく行うか?

臨床検査専門医がコッソリ教える...検査のTips!

第23回 グラム染色をしてみたけれど...起炎菌はどれ!?

みんなで解決!病棟のギモン

第35回 高血圧の食事療法・運動療法

よく使う日常治療薬の正しい使い方

関節リウマチ治療薬の正しい使い方 ―患者さんの痛みをとるために―

最終回 循環器セミナー 実況中継 The Reality of Drug Prescription

第12回 循環器関連薬剤⑫ 降圧薬:後編 結局どれを使えばよいの?

こんなにも面白い医学の世界 からだのトリビア教えます

第53回 みかん・野菜ジュースで黄色くなる?

攻める面談,守る面談

第9回 初対面でのコミュニケーション〜はじめまして,攻めさせていただきます(後編)

Step Beyond Resident

第183回 CAP=帽子,ふた,市中肺炎? Part1 〜community acquired pneumonia 市中肺炎アップデート〜

ドクターSの診療ファイルPart2 SDHから探る,患者に隠れた健康問題とは?

第5回 救急室の高齢患者に潜むSDH

対岸の火事、他山の石

第209回 耳がこわれた!

総合診療はおもしろい!〜若手医師・学生による活動レポート

第65回 アットホームな国際学会,WONCAへの参加で得られたもの

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:41.2MB以上(インストール時:89.5MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:29.9MB以上(インストール時:74.7MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません