子どもの健康と安全

  • ページ数 : 224頁
  • 書籍発行日 : 2019年9月
  • 電子版発売日 : 2021年11月17日
¥2,420(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 44pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

子どもたちの健全な成長を見守り,その安全を確保するのが保育士の役割である.本書では,子どもの成長過程の解説から,事故やさまざまな病気など,子どもを取り巻く危険とその対応を学んでいく.保育士養成課程の基本科目「子どもの健康と安全」のテキスト.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文


2012年に初版を発行した『子どもの保健 演習』は,2017年には改訂第2版と版を重ね,これまで多くの保育士養成大学や養成学校において「子どもの保健」の教科書としてご利用いただいており,養成機関の教員の方々には感謝申し上げます.

さて,保育を取り巻く社会情勢が変化するなか,「保育所保育指針」が,平成29年3月31日厚生労働省告示第117号により,平成30年4月1日から10年ぶりに改定されました.この改定により,保育士養成課程についても見直しが行われました.今回の保育所保育指針の改定の要点は,1. 乳児保育と1歳以上3歳未満児の保育の狙いの見直しと内容の充実,2. 保育所が日本の「幼児教育施設」として位置付けられたこと,の大きく2点となっています.特に1では,乳児保育と1歳以上3歳未満児の保育の内容として,「子どもの健康と安全」が重要視されています.それを踏まえて,保育士養成課程の新カリキュラムでは,改正前の「子どもの保健Ⅱ」(演習・1単位)に対応するものとして,改正後は「子どもの健康と安全」(演習・1単位)へ名称が変更となりました.そのため,従前の「子どもの保健Ⅱ」の教育をご担当されてきた先生方より,「子どもの健康と安全」という内容の教科書の作成希望が強くあるとお聞きしました.中山書店様からも社会のニーズに合わせて,今回は改訂ではなく新刊として,新たな原稿の依頼がありました.それらを踏まえ,このたび『子どもの保健 演習』改訂第2版をもとに,新たに『子どもの健康と安全』を上梓することとしました.

今回の『子どもの健康と安全』の構成は,新保育所保育指針や,保育の現場のニーズを考えて,保育所における感染症やアレルギーおよび事故防止ガイドラインを踏まえて内容を補足し,さらに「精神的な障害(発達障害/ 神経症)とそのケア」「防災への取り組み」についても詳述しました.本書が,保育士養成課程における学生の教育,および現役の保育士の方々に参考になれば幸いでございます.


令和元年6月吉日

日本赤十字豊田看護大学 小児看護学
大西 文子

目次

1章 子どもの健康と安全

1.子どもの成長発達と健康 (大西文子)

保護者が子どもの特徴を理解するための啓発活動

子どもの健康維持増進のためのセルフケア行動の確立

2.子どもの健康に影響するもの (大西文子)

身体的健康に影響するもの

精神的・社会的健康に影響するもの

3.子どもを取り巻く環境と安全 (大西文子)

2章 子どもの健康と発育

1.成長発達の一般的原則 (神道那実)

方向性・順序性がある

急速に発達する時期と緩慢な時期がある

個人差がある

2.形態的発達 (神道那実)

体重

身長

胸部

頭部

生歯

身体のバランス

3.運動機能の発達 (神道那実)

粗大運動の発達

微細運動の発達

4.精神機能の発達 (神道那実)

認知

情緒

社会性

5.生理的機能の発達 (神道那実)

体温

呼吸

循環(脈拍・心拍)

血圧

体内の水分量と排泄量

免疫

感覚

6.発育評価 (神道那実)

身体発育の評価

運動機能および精神機能発達の評価

知能指数・発達指数

3章 子どもの健康と子育てに必要な養護・しつけ

1.居住・施設環境 (大西文子)

環境衛生と環境安全の実施体制とその概要

設備の衛生管理の実際

2.子どもの特性と基本的生活習慣・しつけ (大西文子)

子どもの特性

子どもの基本的生活習慣の自立としつけの必要性

3.基本的生活習慣の確立 (山田裕子)

食事

排泄

着衣・脱衣

清潔

睡眠

4.日常に必要な養護 (山田裕子,大西文子,鳥居賀乃子)

抱っこ・おんぶ

食事介助

口腔の清潔

衣服の着脱

排泄とトレーニング

沐浴・入浴方法

就寝とその儀式

安全な外出/遊び

4章 子どもの事故とその予防

1.子どもの事故の特徴 (山田裕子)

不慮の事故死の原因

子どもが事故を起こしやすい特性

2.事故やけがの理解と応急処置 (輿水めぐみ)

保育所・幼稚園で発生する事故やけが

応急処置

3.事故やけがの予防 (輿水めぐみ,大西文子)

安全管理,安全教育のポイントと具体例

5章 子どもに多い病状・病気とその対処および予防

1.子どもが病気にかかりやすい理由 (増尾美帆)

2.感染予防 (増尾美帆)

感染経路

感染予防対策

感染予防教育

3.子どもに多い感染症とその対処 (増尾美帆)

麻疹(はしか)

インフルエンザ

風疹

水痘(水ぼうそう)

流行性耳下腺炎(ムンプス・おたふくかぜ)

咽頭結膜熱(プール熱)

マイコプラズマ肺炎

手足口病

伝染性紅斑(りんご病)

ウイルス性胃腸炎

ヘルパンギーナ

RSウイルス感染症

4.集団生活における感染症発生時の対処 (神道那実)

日常の感染対策

感染症の疑いのある子どもへの対処

感染症発生時の対処

5.予防接種 (神道那実)

予防接種の意義とその必要性

予防接種の種類と方法

予防接種を受けるときの注意事項

予防接種スケジュール

6.その他の急性・慢性疾患とその対処 (増尾美帆,大西文子,神道那実,遠藤幸子)

アレルギー疾患

急性・慢性腎炎

てんかん

小児がん

小児糖尿病

生活習慣病

6章 障害をもつ子どもと家族へのかかわり方

1.障害の概念 (大西文子)

障害とは?

障害の種類と疾病分類

2.障害を伴う病気・症状とそのケア (大西文子,輿水めぐみ)

脳性麻痺

ダウン症候群

摂食・嚥下障害

聴覚障害

視覚障害

3.精神的な障害(発達障害/神経症)とそのケア (飯田大輔,岡田摩理)

子どもの心の特徴と精神的な障害

発達障害

神経症

4.特殊なケアの介助方法 (鳥居賀乃子)

医療的ケアにかかわる現状と課題

経管栄養

吸引

車椅子操作

7章 児童虐待

1.児童虐待の定義 (大西文子)

児童虐待の現状

児童虐待の定義

虐待の世代間連鎖

2.児童虐待の予防 (大西文子)

児童虐待予防の3つの対策

子どもの貧困率の減少

3.児童虐待への対処 (山田裕子)

集団生活における虐待の発見

その後の対応

8章 災害の影響から子どもをできるだけ守る

1.災害の種類と影響 (増尾美帆,大西文子)

災害について

災害の経過

2.災害に備えて (増尾美帆,大西文子)

災害への備え

災害後

災害から子どもを守るために

9章 地域との連携・協働

1.子どもにかかわる地域ネットワーク・システム (山田裕子)

2.保護者と地域における専門職との連携・協働 (大西文子,山田裕子,増尾美帆,遠藤幸子)

子育ての概念・原則

子育て支援

外国人の子どもの家族

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:87.4MB以上(インストール時:179.5MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:349.7MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:87.4MB以上(インストール時:179.5MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:349.7MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784521747774
  • ページ数:224頁
  • 書籍発行日:2019年9月
  • 電子版発売日:2021年11月17日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。