透析看護基本レクチャー 透析ナーシング55の質問

  • ページ数 : 150頁
  • 書籍発行日 : 2021年6月
  • 電子版発売日 : 2021年12月22日
¥2,750(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 50pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

現場のナースから出された様々な疑問を55のQ&A形式でまとめました。
人工透析の基本的事項から、患者さんの生活に関する事柄まで、透析看護のポイントをコンパクトに解説。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

はじめに


現在、末期腎不全から慢性維持透析療法に移行した患者さんは34万人を超えたと報じられています。その約97%の患者さんは、血液透析を受けておられます。血液透析には、チームリーダーといえる医師を中心に看護師、臨床工学技士、管理栄養士、薬剤師、医療ソーシャルワーカー(MSW)、トレーナーやナースエイドと呼ばれる看護助手などの透析スタッフが関わっています。これら透析スタッフのお力もあり、わが国の透析療法は国際的にも大変優れていると言われています。

透析療法に関する特長のある解説書や実践書は、これまで数多く発行されていますが、2004 年、初めて人工腎臓室(透析室)に配属された看護師がいろんな経験を積みながら優れた透析ナースに成長していくよう、段階を経ながらQ & A方式で簡明に解説する「血液透析担当ナース55の質問」を順天堂大学医学部腎臓内科の仲間たちと発刊いたしました。これまで多くの透析ナースにお読みいただいたと聞き、大変嬉しく思っています。しかし、最近は透析治療形態や透析液の改良、バスキュラーアクセスの変化、新薬の開発など目覚ましいものがあります。今回、「血液透析担当ナース55の質問」の特長を活かしつつ、新たな姉妹本として「透析看護基本レクチャー・透析ナーシング55の質問」を上梓いたしました。また、世界的に流行している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と透析療法患者さんとの関連や、透析療法の見直しなどについても記載しました。一問一問、読み込むことで理解が得られ、透析医療に十分活かしていただけるものと思います。しかし、なかには専門的すぎて難解な解説があるかもしれませんので、読者の皆さんの忌憚のないご意見をお待ちしています。

本書を上梓するにあたり、ご協力いただいた(医社)松和会 杉村紀子管理栄養士・長尾達也さんとフジメディカル出版の皆さまに厚くお礼申し上げます。


2021年 初夏

新型コロナウイルス感染症の終息を祈って
富野康日己

目次

1章 透析室に入る前に透析担当ナースとして知っておくべきこと

Q1 透析室(人工腎臓室)を担当することになりました。どのような職種の人がいるのでしょうか?

Q2 どのような人が血液透析を受けるのですか? その原因は何ですか?

Q3 血液透析を受けている患者さんは増えているのですか? それはどうしてですか?

Q4 腎臓はどのような働きをしているのですか?

Q5 腎不全とはどのような病気ですか? また、尿毒症って何ですか?

Q6 血液透析とは何ですか? その原理を教えてください

Q7 血液透析をすると腎臓病は治るのですか?

Q8 血液透析を始める目安を教えてください。血液透析の原因となった病気でその目安は違うのですか?

Q9 血液透析を一度始めたら、一生続けるのですか?途中で透析をやめることはできないのですか?

Q10 透析を始めるにあたって身体障害者申請が必要だと聞きました。その手続きを教えてください

2章 血液透析装置とシャント(バスキュラーアクセス)

Q11 血液透析の装置とそれぞれの役目を教えてください

Q12 ダイアライザーというのは何ですか?どうしてあんなに種類が多いのですか? また、どのようにして選ぶのですか?

Q13 患者さんの腕にシャントがありますが、シャントはなぜ必要なのですか?

Q14 シャントの作り方を教えてください

Q15 穿刺する針の方向はどのようにして決めるのですか? また、針はどのような基準で使うのですか?

Q16 シャントのところに針を刺されるとき、“とても痛い”と言われる患者さんがいらっしゃいます。どうすればよいのですか?

Q17 シャントの音が変わってきたときはどうすればよいのですか? また、スリルとは何ですか?

Q18 穿刺困難時にはどのように対応したらよいのですか?

Q19 シャントを大切にしていただくための方法を教えてください

3章 血液透析中に起こってくる問題

Q20 血液透析は、患者さん一人一人で透析方法が違うのですか? 血液透析から腹膜透析に変えることはできますか? 腹膜透析と血液透析の両方を行うことはありますか?

Q21 血液透析を始めた頃や受けている最中にみられる症状とその対処法を教えてください

Q22 透析中の血圧はどのようにして管理していくのがよいですか?

Q23 ドライウェイトというのは何ですか? どのようにして決めるのですか? また、心胸郭比(CTR)というのは何ですか?

4章 血液透析中にみられる合併症の問題

Q24 血液透析を始めて元気が出ない患者さんがいらっしゃいます。どのように対応すればよいのですか?

Q25 透析患者さんには糖尿病の人が大変多いのですが、日常どのような注意が必要ですか?

Q26 血液透析を長期間受けていると、どのような合併症が起こってきますか?

Q27 透析患者さんに結核などの感染症は増加していますか? 肝炎ウイルスやMRSAはどうですか? 他の患者さんや私自身が感染しないようにするにはどうしたらよいですか?

Q28 私、針刺し事故を起こしてしまいました。どうしたらよいですか?

Q29 貧血の治療に使われるエポ(EPO)とは何のことですか? なぜ貧血が起こるのですか?

Q30 長い間、透析を受けていると骨にどのような影響が出てくるのですか? また、「透析アミロイドーシス」についてわかりやすく教えてください

Q31 長い間、透析を受けていると腎臓や胃、腸にがんができやすいのですか?

Q32 透析患者さんはよく体の痒みを訴えます。それはなぜ起こるのですか? また、どのように治療するのですか?

5章 生活指導(食事指導・運動サポート)と体重管理

Q33 血液透析患者さんの食事内容の基本について教えてください。 また、運動サポートはどのようにしたらよいですか?

Q34 透析前に体重が大変多くなっている患者さんがいらっしゃいます。どのくらいまでの増加ならよいのでしょうか?

Q35 体重が増加するとどのような症状がみられますか?

Q36 体重が多いとき、ドライウェイトから何キログラムまで残してもよいのですか?

Q37 透析の前日にサウナに行って減量するのはよいのでしょうか?

Q38 透析患者さんが塩分をとりすぎるとなぜいけないのでしょうか?

Q39 血液中のカリウムが増加すると、どのような症状が現れますか?

Q40 透析患者さんがカリウムをとりすぎるとなぜいけないのですか? カリウムを多く含む食品を教えてください

Q41 透析患者さんがリンをとりすぎるとなぜいけないのでしょうか? リンを多く含む食品を教えてください

Q42 透析患者さん用の食品について教えてください

6章 薬剤と検査データ

Q43 透析患者さんがよく飲まれるお薬について、その作用と副作用ならびに注意点について教えてください。どのような服薬指導が必要ですか? また、ポリファーマシーって何ですか? 薬剤師の役割は?

Q44 透析患者さん用の新しい薬ができたと聞きました。それはどのような薬ですか?

Q45 透析患者さんの体調をみるために知っておきたい検査データとは?

Q46 Kt/Vというのは何ですか? またMax UFRというのは何ですか? どのように決めるのですか?

7章 血液透析、こんなときはどうする?

Q47 患者さんに日頃の体調について注意していただく点はどのようなことですか? また、患者さんの事情で透析できなかったときは一日くらい透析しなくても大丈夫ですか?

Q48 血液透析中に排便のためトイレに行きたくなったらどうする?

Q49 透析終了後、医師が止血している場合があります。看護師が止血する場合との違いはなんですか?

Q50 透析機械の調子がおかしいとき、私はどうしたらいいのですか?

Q51 血液透析中大地震や火災、停電が起きたら私はどうすればいいの? また、緊急時に血液透析を中止、離脱する方法について教えてください

Q52 休暇で旅行したい患者さんには、どのようにお話ししたらよいのでしょうか?

Q53 セックスについて質問されました。どのようにお答えしたらよいのでしょうか? 妊娠や出産は可能ですか?

Q54 透析に使用した資材はその後どのように処分しているのですか?

Q55 血液透析を長続きしていただくための秘訣とは?


追補

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と透析

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:4.1MB以上(インストール時:11.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:16.5MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:4.1MB以上(インストール時:11.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:16.5MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784862701800
  • ページ数:150頁
  • 書籍発行日:2021年6月
  • 電子版発売日:2021年12月22日
  • 判:A5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。