• M2PLUS
  • J. of Clinical Rehabilitation30巻3号 これからの災害リハビリテーションのありかた

J. of Clinical Rehabilitation30巻3号 これからの災害リハビリテーションのありかた

  • ISBN : 9784006203003
  • ページ数 : 100頁
  • 書籍発行日 : 2021年3月
  • 電子版発売日 : 2022年1月12日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,640 (税込)
ポイント : 48 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集:これからの災害リハビリテーションのありかた
災害リハビリテーションの基礎知識
災害リハビリテーションの実際
災害時のリハビリテーション医療と支援における感染症の問題ー特に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応についてー ほか

≫ 「J. of Clinical Rehabilitation」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

特集にあたって


日本は世界有数の災害大国といわれているが,これは日本の位置や地形,地質,気象条件等により,多くの自然災害が起こりやすいからだとされている.自然災害については「被災者生活再建支援法」において,暴風,豪雨,豪雪,洪水,高潮,地震,津波,噴火その他の異常な自然現象により生ずる被害と定義されるが,中でも地震の発生率は世界4位であり,これまでも東日本大震災等をはじめとした巨大地震により多くの被害を被ってきた.大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会(JRAT)は,その東日本大震災に対して活動したリハビリテーション支援10団体(2011年4月13日設立)を基に,さらにリハビリテーション関連3団体が参画し2013年7月26日に再結成された組織で,2020年4月1日には一般社団法人 日本災害リハビリテーション支援協会(JRAT)と法人化・名称変更されているものである.

災害は発災直後からの状況変化で支援内容も異なり,発災直後である第1期の被災混乱といわれる時期は救命救護が必要であるが,第2期の応急修復期には疾病処置や慢性疾患管理等の救護とリハビリテーショントリアージが,第3期の復旧期においては生活不活発病(廃用症候群)により生じる高齢・障害者の生活機能低下に対するリハビリテーション支援が,そして第4期の復興期においては健康支援として地域に根付いたリハビリテーションへの移行支援が重要になる.このようなリハビリテーション支援を災害リハビリテーションとし,JRATでは2019年4月に「被災者・要配慮者等の生活不活発病および災害関連死等を防ぐために,リハビリテーション医学・医療の視点から関連専門職種が組織的に支援を展開することで,被災者・要配慮者等の早期自立生活の再建,復興を支援する活動のすべてをいう」と定義している.今回,この災害リハビリテーションに対する理解を深め実践につなげられるようにと考え,本特集を企画した.

本特集では,災害リハビリテーションの基礎知識については栗原正紀先生(長崎リハビリテーション病院,JRAT代表理事)に,災害リハビリテーションの実際については近藤国嗣先生(東京湾岸リハビリテーション病院,JRAT理事)に,災害時のリハビリテーション医療と支援における感染症の問題-特に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応については冨岡正雄先生(大阪医科大学総合医学講座リハビリテーション医学講座)に,日本医師会からみた災害医療と災害リハビリテーションについては長島公之先生(公益社団法人日本医師会常任理事 救急災害医療担当)に,災害リハビリテーションにおける地域の活動については浅見豊子先生(佐賀大学医学部附属病院リハビリテーション科,佐賀JRAT代表)にご執筆いただいた.またコラムとして,豪雨災害におけるDHEATの活動とJRATへの期待については藤田利枝先生(長崎県北保健所所長)に,DHEATと災害支援と災害支援における地域リハへの流れ:撤退をどうしていくかについては長谷川麻衣子先生(長崎県福祉保健部医療政策課)に,令和元年房総半島台風の振り返りとJRATへの期待については松本良二先生(千葉県野田保健所所長)にご執筆いただき,いずれもとても興味深い内容となっている.

本特集を契機に,災害の多い日本において必要な災害リハビリテーションについて興味を持っていただければ何よりである.


(編集委員会)

■ 目次

特集:これからの災害リハビリテーションのありかた

災害リハビリテーションの基礎知識  栗原正紀

災害リハビリテーションの実際  近藤国嗣

災害時のリハビリテーション医療と支援における感染症の問題ー特に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応についてー  冨岡正雄,森川明・他

<コラム>

豪雨災害におけるDHEATの活動と,JRATへの期待  藤田利枝

日本医師会からみた災害医療と災害リハビリテーション  長島公之

DHEATと災害支援と災害支援における地域リハへの流れ:撤退をどうしていくか  長谷川麻衣子

災害リハビリテーションにおける地域の活動ー佐賀災害リハビリテーション推進協議会(佐賀JRAT)の活動を通してー  浅見豊子

令和元年房総半島台風の振り返りとJRATへの期待  松本良二

新連載

リハビリテーションスタッフがかかわるチーム医療最前線

 1.北海道大学病院リハビリテーション科における摂食嚥下リハビリテーションチームの活動  千葉春子,大澤恵留美・他

連載

巻頭カラー 見て学ぶ 脳卒中診察手技

 2.上肢機能障害  内山侑紀,岩佐沙弥・他

今伝えたい! 脊髄損傷治療の現状と課題

 9.脊髄損傷患者と精神疾患  浦上裕子

こういう工夫でこんなに変わった! アドヒアランスやコンコーダンスを高めるリハビリテーション

 14.心筋梗塞・心不全  牧田茂,内田龍制

リハビリテーション職種が知っておくべき臨床統計:基礎から最新の話題まで

 6.パラメトリック検定とノンパラメトリック検定  山田実

重度障害、重複障害に対する私のリハビリテーション治療経験

 8.視覚障害を有する心臓バイパス術後患者へのリハビリテーション  上月正博

オーストラリアのリハの現場より

 第11回 心臓・肺移植後のリハビリテーション  渡辺百合子

更生・康复・復健・リハビリテーション

 第9回 リハビリテーションと「障害に関する世界報告書」  江藤文夫

心に残ったできごと―リハビリテーション科の現場から

 再生医療としてのリハビリテーション医療  帖佐悦男

臨床研究

 総合病院の回復期リハビリテーション病棟における精神障害をもつ患者へのリハビリテーション治療の特徴  中村智之,黒崎修平

臨床経験

 回復期リハビリテーション病棟において化膿性脊椎炎を発症した2症例  徳永誠,重本弘文・他

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:49.7MB以上(インストール時:102.8MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:49.7MB以上(インストール時:102.8MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません