消化器内視鏡外科手術 合併症回避のABC~合併症を科学する

  • ISBN : 9784758315463
  • ページ数 : 320頁
  • 書籍発行日 : 2022年3月
  • 電子版発売日 : 2022年3月17日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数 : 3
販売価格 (ダウンロード販売)
¥8,800 (税込)
ポイント : 160 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

なぜ起こるかを理解すれば、防ぐ手立ても見えてくる。

合併症発症の機序や原因をエビデンスに基づいて提示し,合併症を防ぐための手技のコツをまとめた,全消化器外科医必携の1冊!
前半ではエビデンスに基づき合併症の好発部位や発生頻度,さらには合併症発症の機序や危険因子まで詳細に解説。そのうえで後半では合併症を回避するために役立つ解剖学的知識を解説し,実際の手術手技で注意すべきポイントを掲載。
最前線で活躍する執筆陣が自身の経験に基づき,従来の手術書では踏み込まれなかった内容を丁寧に解説し,すぐに使える有用な内容を多数掲載した消化器外科医必携の書!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文


「手術には合併症がつきものである」— そう聞くたびに外科医として心が痛む。外科手術の目的は,人的外傷を与えて患部を除去することであるものの,患者さんの体に過大な侵襲を与えるという宿命がある。外科医としての人生を顧みると,合併症を発症し,ともに苦労した患者さんのことを思い出す。「できれば,合併症は経験したくない」— 多くの外科医がこのような辛い経験から解放されたいと考えている。

過去30年間の外科手術の発展は,患者QOLや予後の向上が目的であったことはいうまでもないが,偶発症や合併症の発症を回避するための歴史であったともいえる。

このような偶発症や合併症の回避という観点から第一に挙げられることは,新しい手術法や手術機器の開発・普及である。すなわち,内視鏡外科手術のような低侵襲手術の開発とその普及,出血量を減らすためのエネルギー機器の開発,安全な吻合をめざした自動縫合器の開発,さらには内視鏡外科手術の手技的困難性を克服するためのロボット支援下手術の導入など,手術の標準化と安全な手術手技の均てん化をめざし,手術法や多くの手術機器が開発されてきた。

第二は,合併症を回避するための研究である。1990~2000年代には,合併症関連危険因子の同定に関する研究が術式別に行われてきた。さらに2000年代後半からは,画像診断の発展や精巧な腹腔鏡の開発とともに,手術の技術的困難性を示す解剖学的・病態学的指標が同定され,客観的なスコア化による評価が行われるようになってきた。すなわち,個々の患者さんに対して偶発症や合併症の発症を予測する時代がやってきた。

しかしながら残念なことに,偶発症や合併症の発症率はゼロにはなっていない。やはり,手術方法が新しくなっても,有用な手術機器が開発されても,合併症の発症が予測されても,個々の生体に対して手術操作を行うのは人間である外科医であることに起因しているのであろう。それゆえ,どのような時代になっても,外科医には偶発症や合併症の発症を回避する知恵とスキルが求められる。

本書は,エキスパートの先生方が術中に偶発症や合併症を回避するため,組織とどのようなことを語り合い,どのようなことを考え,どのような手術操作を心がけているかをまとめたものである。本書が偶発症や合併症の回避に少しでも役立てば言外の喜びである。

最後に,本書の趣旨をご理解いただき,お忙しいなか執筆していただいたエキスパートの先生方に心から感謝申し上げます。また,事務業務を手伝ってくれた教室秘書の福田裕美さん,佐藤智子さんに心から感謝いたします。本書の作成にご理解をいただき,本書を出版していただいたメジカルビュー社編集部の宮澤進氏,小澤祥子氏に心から感謝申し上げます。


令和4年2月

編者 白石憲男
上田貴威

■ 目次

Ⅰ 総論

消化器外科手術の合併症:現状と回避のためのABC/川﨑貴秀,ほか

Ⅱ 良性疾患

 ▶︎腹腔鏡下胆嚢摘出術

術中・術後出血回避手技のABC/武田和永

胆道損傷回避手技のABC/梅澤昭子,ほか

 ▶︎腹腔鏡下虫垂切除術

感染性合併症(糞瘻,腹部膿瘍,創感染)回避手技のABC /永仮邦彦,ほか

 ▶︎腹腔鏡下食道裂孔ヘルニア

術後の嚥下障害(狭窄)・再発回避手技のABC/野村 務,ほか

 ▶︎腹腔鏡・内視鏡合同手術(laparoscopy and endoscopy cooperative surgery:LECS)

術後出血や胃内容排出遅延回避手技のABC/鷲尾真理愛,ほか

Ⅲ 悪性疾患

 ▶︎腹腔鏡下(胸腔鏡下)食道亜全摘術

反回神経損傷回避手技のABC/李 栄柱,ほか

縫合不全回避手技のABC/五藤 哲,ほか

 ▶︎腹腔鏡下幽門側胃切除術

術中・術後出血回避手技のABC/熊谷厚志,ほか

幽門下領域の膵液瘻回避手技のABC/大森隼人,ほか

(デルタ吻合)縫合不全回避手技のABC/川田洋憲

ロボット支援下幽門側胃切除術での合併症回避手技のABC/坂東悦郎

 ▶︎腹腔鏡下胃全摘術

膵上縁の膵液瘻回避手技のABC/三澤一成

食道空腸吻合関連合併症回避手技のABC/吉川幸造,ほか

 ▶︎腹腔鏡下結腸切除術

(右側結腸切除)縫合不全回避手技のABC/後藤卓也,ほか

(左側結腸切除)縫合不全回避手技のABC/松田明久,ほか

 ▶︎腹腔鏡下直腸切除術

縫合不全回避手技のABC/佐々木和人,ほか

排尿障害(神経損傷)回避手技のABC/小杉千弘,ほか

ロボット支援下直腸切除術での合併症回避のABC/塚本俊輔,ほか

 ▶︎腹腔鏡下肝切除術

術中・術後出血回避手技のABC/長谷川 康

肝断端胆汁漏回避手技のABC/小林省吾,ほか

 ▶︎腹腔鏡下尾側膵切除術

膵液瘻回避手技のABC/外山博近


索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:44.7MB以上(インストール時:95.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:44.7MB以上(インストール時:95.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません