下部消化管内視鏡スクリーニング検査マニュアル

  • ページ数 : 232頁
  • 書籍発行日 : 2018年5月
  • 電子版発売日 : 2022年4月15日
¥5,280(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 288pt ( 6 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

●日本消化器内視鏡学会 監修
●下部消化管内視鏡スクリーニング検査を行うすべての医療従事者のマニュアル本として。
●臨床現場で役立つ!!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文


日本消化器内視鏡学会では,質の高い内視鏡スクリーニング検査を普及する目的で,2017 年5 月に上部消化管内視鏡スクリーニング検査マニュアルを作成しました。その要因になったのは,2016 年から内視鏡検査の胃がん検診への導入があります。今,上部消化管内視鏡スクリーニング検査には,従来からの胃癌の発見という役割の他に,H. pylori 感染胃炎の診断という重要な役割が求められています。H. pylori感染者を拾い上げ,胃癌の一次予防としてのH. pylori 除菌を行い,除菌後は胃癌リスクに応じて二次予防として定期的な胃癌スクリーニングを行うことで,わが国における胃癌死の撲滅に近づくことができます。

今回も学会の内視鏡検診・健診あり方検討委員会が中心となり,上部に続き下部消化管内視鏡スクリーニング検査マニュアルを作成しました。実臨床においては,大多数の大腸癌は医療機関で行われている下部消化管内視鏡スクリーニング検査で発見されています。内視鏡医には,質が高く安全性が担保され,かつ患者に優しい下部消化管内視鏡スクリーニング検査が求められるのは当然であります。

わが国の大腸癌死亡者数は年間約5 万人を超す勢いで増え続け,男性では肺癌,胃癌についで第3 位,女性では第1 位になっています。わが国の年齢調整大腸癌死亡率は約20 年前から低下に転じていますが,先んじて低下した欧米に遅れをとり,先進7 ヵ国の中でも最も高い死亡率を示しています。米国では女性の大腸癌死亡数は着実に減少を続け,わが国の大腸癌死亡者数は,人口が2.5 倍の米国よりも多いとの事実に衝撃を受けます。

大腸癌死の確実な予防法は,便潜血検査を用いた大腸癌スクリーニングを毎年受けること,大腸内視鏡で腫瘍性ポリープをすべて切除することです。化学法による便潜血検査の大腸癌死亡抑制効果はランダム化試験で証明されており,免疫法による便潜血検査に対しては観察研究で有効性が認められています。便潜血検査を用いた大腸癌スクリーニングが大腸癌死を約60 〜80%減らすことが期待されます。また,米国でのNational Polyp Study では,大腸内視鏡で大腫瘍性ポリープをすべて切除して20 年間追跡すると,大腸癌死が約50%低下することが明らかにされました。Japan Polyp Study でも同様な検討がされています。

大腸癌は早期に発見すれば完治できる癌です。臨床病期の治癒が期待できるI 期の割合が胃癌では63%なのに対して,大腸癌では26%に留まるとの指摘があります。発見大腸癌のI 期の割合を高めるためには,便潜血検査による大腸がん検診の受診率を米国並みの60%まで高めること,米国のように便潜血検査だけではなく数年間に1 回の全大腸内視鏡検査を組み込むことが将来的には重要となると思います。また,下部消化管内視鏡スクリーニング検査では,病変の見逃しを少なくして,確実な腺腫性ポリープの切除に結びつけることが大切であり,そのためにもこのマニュアルが役に立つことを期待しています。

質の高い下部消化管内視鏡スクリーニング検査の普及によって,わが国の大腸癌死の低下が必ず成し遂げられると信じています。


国立病院機構函館病院院長
加藤元嗣

目次

加藤 元嗣

1 日本における大腸がんスクリーニングの現状と将来展望

松田 一夫

2 内視鏡スクリーニングのよる大腸癌死亡リスク減少のエビデンス

野崎 良一,他

3 日本における大腸内視鏡検査の現状に関する実態調査

堀田 欣一,他

4 リスク層別化による内視鏡スクリーニングの可能性

関口 正宇

5 内視鏡スクリーニング検査に必要な準備

1)便潜血検査の精度と陽性時の対応(佐藤 龍)

2)医療面接における注意点:問診とインフォームド・コンセント(引地 拓人,他)

3)大腸内視鏡検査における内服薬の継続・中止について(間部 克裕)

4)検査前の食事に関する注意点と検査食(青木 利佳,他)

5)腸管洗浄剤服用前に確認すべきリスクと対策(吉井 新二,他)

6) 腸管前処置の方法と評価法(西川 雄祐,他)

7) 鎮痙剤,鎮静・鎮痛剤の使用とモニタリング(玉井 尚人)

6 内視鏡挿入法

1)スコープ選択法と挿入法(軸保持短縮法)の基本(和田 祥城,他)

2)挿入困難例への対処法(鈴木 康元)

7 内視鏡観察法:見逃し病変を減らすための工夫

1)手技的側面から(河村 卓二)

2)内視鏡機器およびデバイス使用の側面から(伴野 繁雄,他)

8 画像強調内視鏡,拡大内視鏡観察のエッセンス

1)色素(拡大)観察による質的診断,深達度診断(坂本 琢,他)

2)IEE (拡大)観察による質的診断,深達度診断(池松 弘朗,他)

9 ポリープに対するマネジメント

1)微小・小型ポリープの取り扱い(竹内 洋司,他)

2)鋸歯状病変の取り扱い(佐野 亙,他)

3) 家族性大腸腺腫症(FAP)/リンチ症候群症例への対応

①家族性大腸腺腫症の診断とマネジメント(石川 秀樹)

②リンチ症候群症例への対応(中島 健)

4)内視鏡的ポリープ摘除後のサーベイランスについて(小林 望,他)

10 内視鏡の洗浄と管理,処置具の取り扱い

田中 聖人

11 内視鏡スクリーニング検査の質の評価指標(QI)と精度管理

今井健一郎,他

12 内視鏡スクリーニング検査で必要な所見と記録内容:JED,データベース

小田島慎也,他

13 内視鏡スクリーニング検査の教育・指導体制

1)ハイボリュームセンターにおけるスクリーニング内視鏡の教育について(高丸 博之,他)

2)クリニック・医師会・地域の立場から

①便潜血検査受診率,精査のための内視鏡スクリーニング検査受診率向上への試み(尾田 恭,他)

②山形県におけるがん検診を通した大腸内視鏡診療スキルアップの取り組み(大泉 晴史,他)

14 内視鏡検査が困難な場合の大腸がんスクリーニング

1)内視鏡検査が困難な場合の大腸CT(CT・colonography)検査の役割と有用性(永田 浩一,他)

2)大腸カプセル内視鏡(大宮 直木)

15 内視鏡スクリーニング~症例集~

付録 検診(スクリーニング)JED 用語一覧

索引

おわりに 松田 尚久

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:69.2MB以上(インストール時:151.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:277.0MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:69.2MB以上(インストール時:151.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:277.0MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784865172683
  • ページ数:232頁
  • 書籍発行日:2018年5月
  • 電子版発売日:2022年4月15日
  • 判:A4判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。