• M2PLUS
  • 中山書店
  • T式ひらがな音読支援の理論と実践~ディスレクシアから読みの苦手な子まで

T式ひらがな音読支援の理論と実践~ディスレクシアから読みの苦手な子まで

  • ISBN : 9784521749501
  • ページ数 : 96頁
  • 書籍発行日 : 2022年6月
  • 電子版発売日 : 2022年6月10日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数 : 3
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,850 (税込)
ポイント : 70 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

十数年にわたる検証の結果,効果が科学的に証明されたT式ひらがな音読支援.
専門家による音読支援を,小学校教諭,子どもの保護者が活用できるよう実施手順を段階的・具体的に紹介.
解読指導に使用する文字カード,訓練の成果を評価する検査法を巻末に収載.「タイポグリセミア現象」などコラム17話.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

序文

私が一番初めにディスレクシアのお子さんに出会ったのは、今から34年前のことでした。よく話をしてくれる活発なお子さんで、字が読めないという主訴で受診されました。会話の様子からは発達全般が遅れているとは思えません。ところが、本を読ませるとそれはそれは大変な苦労をして読みます。一文字ずつ拾って読むし、間違えて読むし、同じところを何度も読み直すしといった状態で、聞いている私は、何を読んでいるのかさっぱり分からないといった状態でした。

どうしてこんなことが起きるのか、不思議でたまりませんでした。当時は日本語のディスレクシアについてはほとんど資料がありませんでしたが、鈴木昌樹先生の本(微細脳障害:学習障害児の医学1979)にdyslexiaという小児のことが詳しく紹介してあり、まさにこれだと納得したことを覚えています。

診断のめぼしはついたものの、どうやったら本が楽に正しく読めるようになるのか、皆目見当がつきませんでした。学んでみたいと思ってもディスレクシアについて教えてくれるところなどどこにもありませんし、そもそもディスレクシアらしき子どもは病院に来ませんでした。そこで、知り合った学校の先生方に文字が読めない子はいませんか? と尋ねるのですが、そんな読めないなんていう子はいませんという返事が返ってくるばかりです。細々と年に数人のディスレクシアのお子さんを診察しながら、治療や指導法の決め手がないことに悶々としていました。

そんな中で「読み書き障害(ディスレクシア)のすべて」(PHP研究所)という本が出版されました。Shaywitz S 先生が執筆された「Overcoming Dyslexia」という本の訳本です。これが私に大きな示唆を与えてくれました。ただ日本語の指導にすぐに活かせるわけではないため、試行錯誤を繰り返して日本語に合った指導法を考え、その効果を検証していきました。それがT式ひらがな音読支援の2段階方式の指導になります。指導のためのアプリも発明しました。

また前向きに追跡する調査を行って、小学校1年生のうちに文字を読むことが苦手な子を見出して、直ちに指導するというRTIモデルによる早期発見と早期指導法を開発しました。これには鳥取市や鳥取県内の小学校に多大なるご協力をいただきました。心から感謝申し上げます。おかげさまで2014年に完成して、鳥取市のすべての小学校で実践されています。それが広がって鳥取県内の約8割の小学校や松江市のすべての小学校に導入されて成果を上げています。

本書にはT式ひらがな音読支援の2段階方式による音読指導およびRTIモデルによる早期発見と早期指導法の理論と実践が解説してあります。ディスレクシアに限らず、文字を読むのが苦手なお子さんから、外国人のお子さんまで幅広く使える方法です。本書の活用によって、本を読むのが楽になり楽しく学校に通えるお子さんが増えることを心から願っています。


2019年1月

小枝達也

■ 目次

第1章 ディスレクシアとは何なのか (小枝達也)

1 そもそもディスレクシアとは?

2 ディスレクシアの定義

3 ディスレクシアの根本的な原因

4 ディスレクシアの症状

5 ディスレクシアと脳機能

6 ディスレクシアの診断

7 ディスレクシアの診断チャート

第2章 T式ひらがな音読支援

1 T式ひらがな音読支援の概要 (小枝達也)

 1)そもそもT式ひらがな音読支援ってなに?

 2)2段階方式による音読指導の開発について

 3)RTIモデルによる早期発見と早期介入の開発について

2 2段階方式による音読指導

 1)2段階方式による指導の理論 (小枝達也)

 2)解読指導 (小枝達也)

 3)語彙指導 (小枝達也/関あゆみ)

3 RTIモデルによる早期発見と早期対応 (関あゆみ)

第3章 T式ひらがな音読支援の実際

1 2段階方式による音読指導の実際 (小枝達也)

 1)解読指導の実際

 2)語彙指導の実際

2 RTIモデルによる音読指導の実際 (関あゆみ)

 1)1年時の検査と指導(段階Ⅰ・Ⅱ)

 2)2年時の検査と指導(段階Ⅲ)

巻末資料

1 解読指導原法(文字カード)

2 ひらがな直音音読検査

 ひらがな直音音読検査の実施方法

 検査シート

 チェックシート

索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:46.6MB以上(インストール時:97.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:186.5MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:46.6MB以上(インストール時:97.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:186.5MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。
※ 当サイトにて抽出したものです

まだ投稿されていません