ICUとCCU 2021年1月号(Vol.45 No.1)【特集】PICS up to date 2021

  • ページ数 : 82頁
  • 書籍発行日 : 2021年1月
  • 電子版発売日 : 2022年7月23日
¥3,410(税込)
ポイント : 62 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

特集 PICS up to date 2021
PICS の背景因子と障害(身体機能障害・認知機能障害・精神障害)/PICS の免疫面:Persistent Inflammation, Immuno-suppression and Catabolism Syndrome PIICS/PICS-F ほか

≫ 「ICUとCCU」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

特集にあたって

西田 修


集中治療の進歩により,重症者の救命率は著しく向上しているが,生存者の多くは,退院後も長期にわたり身体的,精神的な問題を抱え,社会復帰が困難となっていることが判明し,集中治療後症候群(post intensive care syndrome:PICS)として,近年クローズアップされてきている。少子高齢化が進むなかで,集中治療により救命してもその多くが要介護となるような構図は社会的にみても決して健全な状態とは言えず,集中治療の存在自体が揺るぎかねない潜在的な問題をはらんでいる。本誌では,2019 年にもPICS を取り上げたが,エビデンスが集積されてきていること,コロナ禍にあり,COVID-19 の患者のみならず,病院全体での面会禁止,早期リハビリテーションの停滞など,この領域に影を落とす要因が増大していることなどを踏まえ,今一度整理することとした。

まずは,本邦のPICS の第一人者である井上茂亮先生に,新しいエビデンスなどを盛り込みながら病態の解説をして頂いた。PICS の概略がつかめることと思う。中村謙介先生には,PICS を免疫面から解説して頂いた。重症疾患の後で炎症が遷延し,免疫抑制,異化亢進が持続する病態をPIICS(Persistent Inflammation,Immunosuppressionand Catabolism Syndrome)と呼ぶが,PICS の病態はPIICS と表裏一体であるとの考え方があり,身体機能,精神機能,認知機能の障害のみならず,PIICS の側面からPICS をとらえることも今後重要であると考えられる。PICS は患者を支える家族にも大きな影響を及ぼす(PICSF)。予期せぬ生活の変化,家族の負担,精神的ストレスなど,家族に与える影響と対策などを河合佑亮先生に解説をして頂いた。小児のPICS はPICS-P とよばれ,少子化のなかで社会問題でもある。川崎達也先生に,新しい概念の解説,対策,課題などを掘り下げて頂いた。PICS の患者さんが,社会復帰を目指すためには地域の受け皿は重要である。地域でのPICS の認知度の実態,地域での取り組みの重要性などを隅田英憲先生に解説して頂いた。劉啓文先生には,PICS 対策としてのケアバンドルについて,最新のエビデンスなどを盛り込んで解説をして頂いた。玉木彰先生には,PICS 対策として早期リハビリテーション療法の有効性,具体的な実践と課題,最新のエビデンスなどを踏まえて解説をして頂いた。PICS 対策として栄養管理からのアプローチも重要である。栄養管理の有効性,具体的な実践と課題,最新のエビデンスなどを踏まえて矢田部智昭先生に解説をして頂いた。

コロナ禍において,病院全体での面会禁止,早期リハビリテーションの停滞など,PICS 対策には逆風が吹いている。これらの影響の結果は今後明らかにされるであろうが,展望も含めて畠山淳司先生に解説をして頂いた。

集中治療は,単に救命を第一義とするのではなく,社会復帰させることを目標とすべきである。PICS の問題を社会全体で共有し,医療従事者ならびに行政・地域医療と連携していく社会のシステム構築が重要である。本特集が,PICS の存在と重要性を理解していただく一助となれば幸いである。



藤田医科大学医学部麻酔・侵襲制御医学講座(〒470-1192 豊明市沓掛町田楽ヶ窪1-98)
ICU とCCU 45(1):1,2021

目次

特集 PICS up to date 2021

特集にあたって

 西田  修

PICS の背景因子と障害(身体機能障害・認知機能障害・精神障害)

 井上 茂亮

PICS の免疫面:Persistent Inflammation, Immuno-suppression and Catabolism Syndrome PIICS

 中村 謙介

PICS-F

 河合 佑亮・西田  修

小児の集中治療後症候群(PICS-p)

 川崎 達也

PICS 対策における地域医療との連携

 隅田 英憲

PICS 対策とエビデンス:Care Bundle

 劉  啓文

PICS 対策とエビデンス:早期リハビリテーション療法

 玉木  彰・吉岡 佑二・大島 洋平

PICS 対策とエビデンス:栄養療法

 矢田部智昭

コロナ禍とPICS

 畠山 淳司

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:5.4MB以上(インストール時:13.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:21.6MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:5.4MB以上(インストール時:13.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:21.6MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784865174069
  • ページ数:82頁
  • 書籍発行日:2021年1月
  • 電子版発売日:2022年7月23日
  • 判:A4判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。