胆と膵 2021年3月号(Vol.42 No.3)【特集】 胆膵領域のロボット支援下手術:ベストプラックティスを求めて

  • ページ数 : 86頁
  • 書籍発行日 : 2021年3月
  • 電子版発売日 : 2022年7月22日
¥3,300(税込)
ポイント : 60 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

特集 胆膵領域のロボット支援下手術:ベストプラックティスを求めて
胆膵領域におけるロボット支援下手術の現状と将来/胆膵領域のロボット支援下手術のための外科解剖/胆膵領域のロボット支援下手術のための外科解剖 ほか

≫ 「胆と膵」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

目次

特集 胆膵領域のロボット支援下手術:ベストプラックティスを求めて 企画:高折 恭一

胆膵領域におけるロボット支援下手術の現状と将来

 高折 恭一

胆膵領域のロボット支援下手術のための外科解剖

 堀口 明彦ほか

胆膵領域のロボット支援下手術導入のノウハウ

 三澤 健之ほか

膵頭部悪性腫瘍に対するD2 リンパ節郭清を伴うロボット支援下膵頭十二指腸切除術

 内田雄一郎ほか

良悪性境界病変(IPMNなど)に対するロボット支援下膵頭十二指腸切除術

 池永 直樹ほか

Kocher 授動術を先行するロボット支援下膵頭十二指腸切除

 三島 江平ほか

Artery-first approach を応用したロボット支援下膵頭十二指腸切除術―SMA Ⅰ・SMA Ⅲ先行露出法―

 永川 裕一ほか

海外におけるロボット支援下膵頭十二指腸切除の現状

 高木 弘誠ほか

コラム:本邦におけるロボット支援下腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術

普及にむけた課題

 清水 康博ほか

良悪性境界病変に対するロボット支援下膵体尾部切除術

 石戸圭之輔ほか

膵癌に対するロボット支援下膵体尾部切除術

 蔵原  弘ほか

ロボット支援下先天性胆道拡張症手術

 古賀 寛之ほか

コラム:開腹手術のエキスパートから見たロボット支援下手術

 宮崎  勝

症例

大腸癌膵転移の1切除例

 石川 忠則ほか

副乳頭を介したserial pancreatic juice aspiration cytologic examination(SPACE)により診断した,膵管非癒合を伴うhigh-grade pancreatic intraepithelial neoplasia(PanIN)の1例

 川口 真矢ほか

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:18.1MB以上(インストール時:40.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:72.5MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:18.1MB以上(インストール時:40.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:72.5MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784865174083
  • ページ数:86頁
  • 書籍発行日:2021年3月
  • 電子版発売日:2022年7月22日
  • 判:A4判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。